神さまに出会った…ような気がした。

f0106355_23125066.jpg

f0106355_23125050.jpg

f0106355_23125096.jpg


光、影、緑。

時間、瞬間、出会い。

全く、偶然に通りすがりに、
大宮八幡宮の参道に差し掛かった瞬間、
神様に出会ったかと思った。

なんだろうねえ。
この美しさって、なにか別のもので置き換えて表現できるだろうか?

いや、確かに、この瞬間を写真に撮りたい。
この瞬間を、絵にして残したい、。
どこまでも、その本質に近づきたいと、芸術家は必死になる。
あるいは、言葉で、描きたい。
音楽で描きたい。

でも結局は、見る人間が、
この本物の光景に触れたことがなければ、
それって、作品として成り立つのかな・

本物の光景、あるいは、
別の景色でも、見る人間本人が、自然のこの美しさに感動したことがなかったら、
芸術作品に、心打たれるのかな?

芝居もそうかもね。
人間のあらゆる姿を知ってなければ、
描くこともできないけど、
実は観ていて、感動もできないのかも。

見る側にも、相当の経験と想像力を要するってことだね。

だから、芸術は必要なのだろうと思う。

作る側も、見る側も、自分を試される。

与えてくれるものを簡単に受け取るだけでは、
わからない、おもしろさがある。

ま、なんか、思考が大きな所へ行ってしまいました。
これが、私のくせですね。

そんなことは、おいといて、
美しいです。

文句なく、美しい。

二度とは出会えない瞬間。

ありがたい思いがしました。
☆林英世☆
[PR]

by futu-is-best | 2009-08-28 23:12 | 日記