磨いてみたんですが。

f0106355_22143789.jpg

大小、四つの仮面を磨いてみました。
紙やすりでね。

荒いのから、細かいのまで。

そして、布で磨く。

と、こんな感じ。

f0106355_22143761.jpg


なんとなく、愛着の湧くものにはなった、少なくとも私には、可愛い一品ではある。
しかし、木にはなってないと思うで。
やっぱ、木じゃない。

何より、水に濡れると、いきなり、粘土に戻る。

便利といえば便利。
穴埋めとか、水でできちゃう。

けど、木じゃない!
という思いも俄然否定できなくなる!

あとは、どうやって顔に装着するのかだ。

錐でゴシゴシやれば、穴が開くだろう。

しかし、装着後、人の鼻息の水分に耐えられるのか…甚だ疑問だ。


やはり、紙の張子方式を採用すべきだったか。

和紙。

和紙で張子。

でなきゃ、木彫り。

ちょっと、無理。

とにかく、この面たちは生かしていく方向で手を加えつつ、
次は張子に挑戦してみようと思います。
ジャンジャン!

☆林英世☆
[PR]

by futu-is-best | 2009-09-21 22:14 | 日記