ジョギングその後

f0106355_1094739.jpg


青空稽古場にいた、猫。

いざという時に後ろを向かれてしまいました。

ジョギングは、続いてます。

もちろん、毎日必ずと、いうわけにはいかないけど。

8キロコースを、走ってます。

二日ほど休んで、昨日走ったら、
身体が軽かった。

この間は、休み明けは身体が重くて、しんどかったんですが、
昨日は、なんか、調子よくて、いいリズムで走れたように思うのだ。

今朝は、リズムはいい感じに上がってくるんだけど、
左ひざと、右足首が痛い。

なんか、バランスが悪いんだろうね。

止まると痛い。
走り続けてる方が、楽。

昨日だったか、モンブランの周りを一昼夜かけて走るっていう
超人的なレースのことをやってたけど、
凄いことやるもんだよねえ。

70歳のおじいちゃんも走ってるんだよ。
ガンなのに。
その人が言うんだよ。
「人間だから、走るんだ。動物ならやめてるだろう。でも人間には精神力があるから走るんだよ。」

ま、やらんでもいいことをやってるって事かもしれないけど、
人間って、変なものだなあと。そして、凄いもんだなあと。

日本人も参加してて、3位になってたよ。

初めて完走したときは
「針の絵を歩くような痛み」
「内出血で、ひざがチャプチャプいう」
「石膏で固まった太もも、象の足首」
というような体感だったんだって。

凄い。

そんなことはできないが、
マラソンに出ようという目標もないが、
今日の自分を確かめながら、
朝日を浴びる心地よさと、
少しタイムが上がることの些細な喜びがあるので、
明日も走りたいと思うのね。

若干、身体も絞れたしね。

でもさあ、これだけ走って、
食べるものだって、気を使って、
油分を抜いて、やっと、なんとかなのよね。

どうよ、これ?
走るしかないでしょ。
やめたら、どうなるやら。
☆林英世☆
[PR]

by futu-is-best | 2009-11-02 10:09 | 日記