かんかんでり

かんかん かんかん

と、音がしそうな日差し。

東山の方角から太陽が照り付けてるよ。

文字通り「かんかん照り」です。

暑い1日が始まった。

ラス前って言う奴ですな。

妙な心持ですわ。

感傷的なものはないのです。

でも、身体の奥の底のほうで静かな興奮というか、ひそやかな緊張がうごめいてる。

あまり、早くから準備すると、疲れそうなので、
手綱を引き締めながら、かかるのを押さえてる競馬騎手みたいな気分。

泣いてもわろても、最後です。

とにかく、平常心で気持ちよく、楽しくやれるよう。



昨日の写真、あの、すしはなんじゃ?
ってことですが、ビイヤントのおじさんの差し入れです。
たっくさんのお稲荷と、巻きすしを、
一週間も前から準備して、
えんや!と運び込んでくれました。

沢山の人にお世話になって、
ここまできましたねえ。

心地よいお芝居で恩返ししなけりゃねえ。

かんかんでりの京都の町へ。

いざ!
[PR]

by futu-is-best | 2010-08-28 09:30