「ほっ」と。キャンペーン

今日は妹が来て、ディープ岸和田

免許の更新に、岸和田警察まで自転車で行ってみたんやし。
ま、天気もええしええ、運動にもなるし、ちょうどええわしよとおもてよ。

ちょっと、暑いくらいやったけどよ、
そら、天気ええさかい、こころよかっと。
子供のころ、おとんの車でとおっちゃた、旧道行ってみちゃろとおもてよ、
くねくね、ほっそい道とおって久米田池のねきへ出てよ、
ほんで、また、知らん道やけど、、まあ、どっかい出らし、だんないだんないとおもて、
ぐんぐん行ったら、額へ出と。

なんと、積川神社の鳥居があんやし、そんなとこによ。
知らんかっと。
積川神社ちゅうな、えらい神社やってんなあ。
淀君にもうた、御輿があるらしわしよ。

ほんでまた、これが、13号線やなあとおもて、
ぐんぐん行ったら、まあ、昔とはえらい変わっちゃって、
ようわかれへんやしよ。
岸和田もひらけたもんやでえ。
ほんで、調子ようこいじゃあたら、東岸和田のへんまできてしもてよ、
ここ下ったらええんやしなあとおもて、またこいじゃあたら、
野田町やんか、
こら、あかなしちゅうて、右へ折れてな、
なんや、えらい遠回りして、やっとこさ警察へついと。
まあ、ご苦労なことじょ、ほんまに。

家へ帰ったらよ、妹が来ててよ。
よう喋る、喋る。
岸和田弁丸出しで。
しかも、声おっきい。
私が、うつらうつら昼寝してる間も、
おかあちゃんと、ずっとしゃべっちゃっと。
ようそんなけ喋ることあらよ、え~と思うけどよ、
しかも、結論のない話、あっちゃいったりこっちゃいったりしながらよ
そやけど、まあ、たのしそやよってええけどよ。

岸和田ことばとか、方言とかで、いろいろネットで調べていると、
忘れかけている表現がいっぱいあることに気づく。
なんか、やっぱり、もったいないなあと思う。

私も「うち」はつかわへんかった人です。
が、きれい、きたないじゃなく、ことばを失うのはいやだなあと思いますわ。

ことばが消えると、感覚が消える。
歴史が消える。
地域が消える。

消えるのはしょうがないけれど、
消えたのだということを知っておくのは大事なんじゃないかな。
あったということを知っているのと、
それさえ知らないのは大きく違うもんな。

日本語は書き言葉と、話し言葉が大きく違うので、
話し言葉としての方言は、力を使って記録していかないと消滅しちゃうんだよね。
独特の、発音、発語の特徴とか。
その時代の、その地域の人間に近づく大きな鍵なのに。

身体をまねると、その人が分かる。
発語の特徴、語順の特徴、語尾の特徴をまねると、
その人、その人たちの関係性が分かる。
ことば、話し言葉は、多くの情報をもっているんです。

このNHKの仕事が終わったら、
自分は、何をしていくのか、
ことばと声と身体と表現と、教育と、演劇と、
そんな繋がりをもっと、生かしていけたらなあ。
具体的に、具体的に。
能力がほしい、具体化する能力が!
[PR]

by futu-is-best | 2011-10-20 22:12