日本の少年少女よ!

昨日、電車でさ、とっても可愛い女の子を見たよ。

二人掛けの席の窓側で熟睡。

大きなランドセル。

おきな肩掛けバッグに挟まれて。

黄色い帽子はずり下がって。

足元には、さらに大きな手提げ鞄と赤い傘。

天王寺から、和歌山行き。

最初の停車駅「堺市」を過ぎた。

熟睡中。

2年生?いや、1年生?「
小さい体がくったくったですねん」と言っている。

寝過ごしたらどうすんやろ。





胸に定期が…

隣が空いたので、
定期の行き先を探ろうと座って覗き込んだら、目を覚ました。

「どこまで?」
「三国ヶ丘」
「つぎやな」
「うん」

さて、準備する準備する。

帽子をはたっとかぶり。

ランドセルとハシッと担ぎ。

斜めに肩掛けバッグをエイヤッとひっかけ。

手提げ鞄と傘を手に、ドアへと移動。

その出で立ちたるや、もう、なんとも可愛いの。

だって、鞄の一つ一つが自分の上半身を隠すくらい大きいんやで。

肩掛けバッグには、運動気みたいのが詰め込まれ。
(見えてるってことは、ファスナーがしまりきってないってことは、結構乱暴に詰め込まれてる訳)

手提げには、お道具箱みたいのとか、なんか工作見たいのとか、とにかくがっさりと投げ込まれてて。

一年分の荷物を持って帰ってきたのな、きっと。
学年末やもんな。

ドアへ行くまでに、後方で、ガタリと物音。

「大丈夫か…」とおばちゃんの声。

三国ヶ丘のホームを歩くその姿。

大きな鞄で、制服の襟元はくちゃっとなって、
歩くたびに、鞄が邪魔そうで、引きずりそうで、
引きずってた、赤い傘は、手元を離れてホームに長く伸びてゆく。

もっと、計画的に持って帰っとけばよかったな。
でも、あんたのその気迫こもった姿に、おばちゃんは何かしら、頼もしさを感じたよ!

ああ、日本の少年少女諸君!細かいことは気にするな!
体力と気力が、君の未来を作る唯一の力だ!
頑張れ!
[PR]

by futu-is-best | 2012-03-23 09:59 | 日記