尊陽院、終わりました。

ありがとうございました。
尊陽院「ひとり語り・雨あがる」終了いたしました。

緑が生えるお庭を借景に、
広いお座敷で、外の空気を感じながらの
「ひとり語り」は、また、いつもとは違う趣で、
なかなか、好評でございました。

心配した雨も、まあ、まあ、まあなんとか持ったというか、
まあ、まあ、まあ、最後の最後に、
もう、ナイスなタイミングに
さあっ~っと、音を立てて降ってきたぐらいで、
大雨にはならず、轟音に邪魔されることはなかったので、
良かったなと。

ただ、降ったタイミングは、
「そして、5日目に雨があがった」と言った途端でしたけれどね!





そうなんです。雨はたいしたことなかったけれど、
汗が…
私の汗が、まるで滝のようで、
首から下は、大洪水で、
額から流れた汗が、
顎の下にしずくとなってとどまり、
目を閉じると、目に入り込んで痛い。

首筋は、川の流れのように。

また、やってしまった!

以前、富田林の古民家で、やった時も、
冷房がなく、6月で、
湿度が高い日で、
扇風機を全部お客さんに使ったら、
自分が汗だくで、えらいことになった経験があったのに!

おなじことをやってしまいました。
忘れてました。

教訓から何も学ばない性格、顕在!

ハンカチも持ってない…

どこかで汗をぬぐえないかと、探りに探って
二度ばかり手の甲で拭ってみる。

お客さんにしてみれば、
そないに気になることでもなかったのだろうけれど、
また、ひとりパニック。

ほんまに、学習せんとあかんで、私!

でも、お寺の檀家さんも何人か来てくださって、
楽しみましたよ。とお声をかけてくださる方もいて、
良かった良かった。

また、いい季節にやらせてもらえたらなあと思います。

懐かしい人にもたくさん会って、
嬉しいかったし。

さて、次は8月だ。
ちょっと一休みできると思ったけど、
名古屋が8月4日だから、
7月半ばからはまた稽古してかなきゃ。
名古屋は、蔵です。
土蔵です。
蔵のなかで、「芋虫」。
いいでしょう、これ。
[PR]

by futu-is-best | 2012-07-01 09:38 | ひとり語り