名古屋撞木館が終わって

はあ、終わりました。

名古屋。

ご報告が遅くなりました。

4日、朝近鉄特急にて、名古屋へ。
そのまま、ひつまぶしへ。
そして、ワークショップへ。
ちょっと、お茶して、
撞木館到着 16:45
あわただしく準備し、19:00開演。
f0106355_23325190.jpg




初めて聞いていただく方がほとんど。
ちょっくら緊張。
ていうか、毎回、余計な緊張してしまう。
いかんいかんと反省するけど、ほんまに毎回やっちゃうんだなあ。

今回の「芋虫」も、稽古始めて、なかなか自分のところへ来てくれなくて、
どうにも、遠くて苦労した。
結局、文楽聴いて、いろんなことが吹っ飛んで、
頭じゃなくて、体で心で行こう!と開き直ってから、
なんとなく、納得いくものになってきて、
新しい発見もして、
なんとかなった気がしてます。
お客様も、おおむね喜んでくれたし…

ワークショップはおひとりだったんだけど、
楽しんでくれたみたいで、良かった。
ご主人と聞きに来てくださって、
ご主人はいかがだったのか気になるところではありますが…

まあ、無事終えて、
また、ぜひ名古屋で!と決意し、

21:00退出。
22:13発新幹線に乗るまでの小一時間で、ビールを喰らい、
新幹線の中の小一時間で、ビールを喰らうという、ハードスケジュールでしたもんで、
翌日、子役の授業を終えると、クタクタで、
さらに月曜日は朝始発のバス(といいっても6:07だけど)で、能勢まで行き、
炎天下、ロケ。
(MBSの2時間ドラマにちょこっと出ます。放送は10月の予定。決まったらまたお知らせしますね)
でもって、やっぱりくたくたで、
今日やっと、浪曲ワークショップが楽しくて、鋭気回復って感じです!

そうそう、今日は浪曲ワークショップへ行ってきたのよ。
春野恵子さんが、わかりやすく浪曲を解説、実演してくれて、
いやあ、いいですねえ、浪曲。

是非、皆さんも一度お聞きくださいよ。
日本人の娯楽として、良きものですよ、ほんまに。

この間から、文楽でもそうだったけど、
三味線とか、太鼓とか、篠笛とか、魂に来るな。
身体が熱くなるというか、燃えるな。

洋楽もいいけど、あれは踊りたくなる。
邦楽は、うなりたくなる。

私の場合ですけど。

声もね。
裏声ではなく、表でどこまでも歌い上げていくのが、
なんとも、燃えるね。

最近、邦楽と古典芸能に改めて目覚めている私です。

この浪曲を聞いたことで、
さらに「芋虫」が進化するやも…

そして、明日はナカノシマ大学でございます。
130人を超えるお客様らしいですよ!

う~んカーネーション効果、まだまだ続く?

むっちゃしゃべると思うわ。
大丈夫かな。
でも心配なのは、金水先生が私よりおしゃべりだった場合やな。
時間の取り合いになったら、話すすまへん、おわらへんみたいな悲惨なことに…
いや、いや、大人やもん二人ともな。
そこはそれ、ちゃんとやるに違いないわって、
なにを、こんなところで、ぐちゃぐちゃ考えてるねん!

とにかく、明日はナカノシマ大学です。
[PR]

by futu-is-best | 2012-08-07 23:33 | ひとり語り