ナナにしてやられる

公演あけから、三日間、
体の芯がド~ンと重く、横になりたい、横になりたいと体の声。
そして、もう、なれるだけ横になって、なんとか今日は動いたよ。

教材つくりやら、
ひとり語りの稽古やら、

ま、なんとか一日なんかやりました。

しかし、昨日今日と雨続きで、
ナナは、退屈。

猫=寝子というのだから、寝てればいいじゃん!と思うのだが、
寝るに寝られぬ、何かがしたい!と衝動がやってくるらしく、
雨でも、お外へ出てみるのにゃ。

f0106355_22534455.jpg




で、一緒にしばらく座ってるのね。
これはよくやるのだ。一緒にお座り。
とにかく、一緒に黙って座って、
ナナが見る方向を見て、
ナナが耳をそばだてる音に耳をそばだてて…

そんなことしてたら、ナナが外にいるとき、
私が出ていくと、走って来るようになったよ。
呼ぶと来るときも多いのよ。
犬みたいでしょ。

犬と違うのは、
犬はこっちに顔向けて止まるけど、
ナナは、お尻向けて止まるね。
身体をすりっと、撫でて、
お尻をこっち向けて、隣に座る。
しっぽだけ、触ってることも多い。

これが、たまらん!

何かが可愛いと思うとき…

体重を預けてくるとき(電車で寝込んだ隣の人は別)
自分の体のどこかに触れながら、違うことを意識しているとき
まるで、物みたいに足とか手とか乗せられるとき

皆さんはいかが?

私は、そういうことに結構弱い。
言葉でどうこうは、ぴんと来ないっていうか、
疑り深くなることも多いけど、

安心を預けられたときって、きゅんとなるね。

子供クラスで、楽しいのもこの時だわ。
子供もそうだもん。
思いっきり、身体預けて来る。
なんだか知んないけど、
すり寄ってきて、くっついてる。

もう、可愛い!と思うね。

ナナには、そうやってしてやられてるのよね。
枕元で毛づくろいしながら、
私の額に足の裏をぺとっとくっつけてくるとき、
なぜか、私の手の上に座り込んで、ぺろぺろやってるとき、
私の手を抱き込んで、枕にして寝てるとき、
何かしら物ののように扱われるとき、
なんか、可愛くて嬉しくなっちゃうんだなあ。

すっかりしてやられてるのだわ。
[PR]

by futu-is-best | 2012-10-18 22:54 | 猫はなし