久々、子供たち

久しぶりに、ってまあ、二週間ぶりに
子供たち指導へ。

なんだかんだ言っても、
彼らは子役事務所の子。
お仕事させられるようにならなきゃならないのだ。

悠長に成長を願っていてはいかんのだ。

やり方を工夫しなくちゃ!

でもって、暗記強化、競争心掻き立て作戦にでる。

が、しかし、これは実は、普通のことなのかもね。
人が成長しようとするとき、
なにかしら、競争原理って必要なんだよなって、思いました。

誰かが、オーディションに行ったと聞いたら、
俄然、やる気が変わるもんね。

目標、競争、自分との闘い、成長。

このプロセスをちゃんと踏ませるのも、指導者の責任なんだ。

その過程で、どうひっぱり、どうフォローし、どうひとりひとりの魅力を
引き出すか。

困った時こそ、教育時。
腕の見せ所(腕がある前提)

子供には、人間の本質を学びますわ。
おおきにな。
先生もがんばるわ。
きみらのためにな。

本気の出せる大人になるように。
[PR]

by futu-is-best | 2012-10-22 00:01 | 指導者として