ナナ姫は箱の中。

今、ナナ姫は箱の中で眠りについている。

私の部屋に持ってくると、
ちょっと落ち着かない様子だったのだけれど、

アマゾンの小箱にタオルを入れてあげたら、
大きな体を小さくして収まっている。

真ん丸になって熟睡している。

初めて、家へ来たときには、
人相の悪い(あ、猫相か?)猫だと思い、
なんだか、いじましい顔して鳴くやつじゃ!
なんだか、くしゃみはするは、身体はかきむしるわ、こぎたいなあ!
へんに甘えてくるところが嫌じゃ!

なんて思ってたのに、





こんなに、無防備に甘えてくれるものは他にはなく、
こんなに、無防備に触らせてくれるもこもこしたものも他にはなく、

今は、好かれたくてしょうがないのだ。
バカだなあ。
愚かだなあ。

呼んだら、来たりするよ、猫なのに。

ちょっと、大きくなりすぎて、
クロ女王様が物置の下の隙間へ逃げ込むと
ナナ姫は入れず、立ち往生。

以前はするっと通っていた、
物干しの上の隙間も、
背中をぐりぐり押し付けながらなんとかすり抜けられるくらい。

ちょっと、ダイエットしたほうがいいかもね。

コンクリートの塀の上を歩くときも、片足落としかけてたし…
爪砥ぎの板の上に飛び乗った時も、
ちょっと、落ちかけて、腹打ってたし…

ちょっとずつ、ご飯の量減らそうね。
[PR]

by futu-is-best | 2012-11-01 23:15 | 猫はなし