午前中はナナの狩りにおつきあい

寝坊して、朝ご飯を食べようと下に降りた。
母が出かけて、玄関が閉まっている。

ガラッと開けた瞬間、
向こうの畑から、ナナが全速力で駆けてきた。

玄関が開いてなくて、うちに入れなくてさびしかったに違いない。

ちょこっと、ご飯を上げて、
外へ出た。
ナナは、このごろ狩りの修行が忙しい。
庭の植え込みや、プランターの蔭に潜んで、何かを狙っている。



私も一緒に狙ってみる。
同じ方向を見つめて、じっと聞き耳を立てる。

ささっと、移動する。
すると、ナナもこっちへ移動してくる。
また、二人で、耳を澄ます。

というような、忍者ごっこで遊んでいる。

ナナが柿の木の方向を見て、止まった。
姿勢を低くして、狙いをつけている。
同じように柿の木をを見ると、メジロが柿を食べている。
ええええ、道の向こう側やで、
と思っていると、そろりそろりと、近づいていく。

首輪の鈴をちりんとも鳴らさず…

緊張が高まる。

あ、飛んでった…

ナナ残念。

最近は大物狙いなんだなあ。
昨日は、モグラを捕ってきたらしい…モグラ…

今朝も、道路をちょんちょん歩いている鳥に狙いをつけて、
お尻をプルッ!と揺らして、
「ニニニニ」みたいな声をだして、
エイッっととびかっ方が、逃げられてた。

狩り熱は収まらず、草むらの中に分け入り、何かへ向かって突進し、
抜き足差し足で、ミカンの木の小鳥を狙い…

さっき戻ってきて、ようやっと寝た。

ご苦労さん。
[PR]

by futu-is-best | 2012-11-05 15:29 | 猫はなし