日常ペースが戻って、今日はお休み

ひまわり研究科の公演が終了し、
腑抜けになった一週間。
そして、ひとり語り、東京と大阪を終え、
京都の高校演劇の府大会の審査委員をやり、

先週から、日常ペースに戻ってます。

通常授業復活で、
土曜日には、一か月ぶりのひまわり小中学生クラス。
日曜日には、子役レッスン二週間ぶり。

今日の休みは、ちょっと別の仕事の準備などもしたけれど、
とにかく、ゆっくり、マイペース。

ここから、また、怒涛のひまわり春公演に向けての
クールが始まるんだが、まだ、走らんでもいいので、ぼつぼつ一歩一歩や。

表現とか、コミュニケーションとか、
ことばとか、身体とか、
声とか、表情とか、

そんなことばかり考えてます。
飽きないのです。


甘え上手に憧れる…
f0106355_23315082.jpg




自分自身、社交性が高いほうでもないし、
社交性など、なくてもいいとも思う。
コミュニケーション脅迫症的な風潮をいかがなもんかと思う。

が、最近考えてて、
コミュニケーションに一番大事なのは、
受容力・感受力だと思うようになった。

とにかく、感じ取ることができなければ、
表現は生まれないし、
目の前の現実とのコミュニケーションはありえない。

平田オリザ氏の的確なる分析に大きくうなずく。

イメージを共有するためには、
感受力が必要なのだ。

アウトプットは、インプットから始まるのだ!

そんなことを今更考えつつ、
明日のひまわりのメニューが決まってゆくのだ。
前日に?そう、直前に。そして、やりながら変更ありありよ!
[PR]

by futu-is-best | 2012-11-12 23:32 | 日記