ハプニングともいえる…だから人生おもろいわあ

本日は、神戸女学院大学「キャリアデザインプログラム「メディアコミュニケーション・プレゼンテーションの技法」なる講座で、
ゲスト講師として、お話しさせてもらいました!

ワークショップじゃない、抗議って初めて。

レジュメの作り方もわからん!

しかし、まあ、学者さんではないのだし、
やってきた事しか話せないし、
今回も「カーネーション」のお仕事の内容から、
ことば、表現、作品つくり、コミュニケーションの問題まで
90分、しゃべり続けたわ。

ほんま、よう喋る私…





こんな経験ってそうできませんよ。
大学のゼミで講義って…あなた!

芝居をやることしか考えてなくて、
先のことなどいつも何もわからなくて、
短期的なビジョンしか持てない私には、
まったく考えられなかったことですよ。

でもきっと、自分の思ってることを人に話したいという欲求は
強かったので、引き寄せてるなあって
思います。

長い時間かけてね…

長い時間かけて、じっくり引き寄せてるわあ。

ほんでもって、今日はその講座に読んでくれた江さんが
(岸高の先輩で、「meets」という雑誌を作ったかた)
「はやっさん、これから中沢新一先生とひるめし食うけど、一緒にくるか?」
と…

なんじゃとおおお!
中沢新一ですとおおお!(敬称略)
そんな、そんなあ、「チベットのモーツァルト」ですやんか!

「行きます!」即答。ってなわけで、なんと
中沢新一先生と、お昼ご飯を食べました。

先生も「カーネーション」を見ていてくださったらしく、
「大阪が趣味」というだけあって、
朝神戸女学院大学でお話ししたようなことを再び。
(さすがに今度はしゃべりっぱなしではないよ)

しかし、まことに人生とは意外なところへ繋がってゆくものよ…

先の見えない、先など見ないと思っていた京都時代には
思いもよらんことよねえ、今日のようなできごとは。

ハプニングさ!
もう、ハプニング!

記録も記憶もなく、
将来設計もない、
今しか見えない私のような物にも、
こうやって、思いがけないプレゼントのようなできごとは起こるのだ。

いやあ、人生はおもしろい。
歳をとるのは、なかなかいいもんだと思うわ。

感動の一日だったぞよ。(誰?)

講義の内容は、あまりにまとまりがなかったので書けないのです、あしからず。
[PR]

by futu-is-best | 2012-11-27 23:11 | 日記