「家庭画報」着物モデルにいかがっすか?無理か、あっははは!

名古屋の撞木館蔵、での「二階」も終えました。

蔵、のパワーすごい!

本当に空間の力っておもしろいですね。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

で、次は三重県津です!

四天王寺さんの本堂で、
芥川龍之介「袈裟と盛遠」「藪の中」を読みます

で、そのあけぼの座さんのネットマガジン「ぱふぉ」
私のインタビューが、
なんと、なんと素晴らしい写真とともに掲載されています!

「家庭画報」着物モデルにいかがっすか?

と、いい気になりそうな写真で、
一端は有頂天になったのですが、
冷静に見てみると、
その胸板の暑さと、背の低さ、
貫禄ともいうべき、重さは、
なんといいますか、
モデルというより、
取材を受けてる大御所作家のようである…

と、周りのみんなの意見の方が、全くもって、正当でありました。

しかし、いい写真なので、是非、一見!

津は意外と近いですよ!
大阪なんばから、近鉄特急で1時間半くらい。

大阪からでも、十分来れるでえ!
ということで、どうぞご検討のほどを!

7月3日(水)19:00~
平日やん!
[PR]

by futu-is-best | 2013-06-12 23:12 | ひとり語り