3月が終わるじゃないか。

3月が終わるよ。
なんて、こったい。
早い早い。

先週末、東京だったよ。

シンポジウム「ドラマと方言の新しい関係—『カーネーション』から『八重の桜』、そして『あまちゃん』へ—」

に行ってました。
初めて早稲田大学に行きましたわ。
ま、キャンパスの隅をちょこっとかすったくらいですけど。

面白かったです。
研究者というのは、本当に、面白いものですね。
あ、それ、そこのところ、研究してらっしゃる、ふ~ん。
え、そこの、その角のその出っ張りを、研究…はああ。
まあ、そんなところに、そんなもんがありましたか、はあ、それを研究ね、ほおお~。
みたいなね。
なんでも、興味を持てば、研究しちゃうね。
人の数だけ研究対象有りってことかね。

阪大の先生たちに「林さんは教育者向きですな」と言われてしまった。
ふ~ん、教育者向きか。
ま、確かに、教えるのは嫌いじゃない。
人が何かに気づいたり、何かしら変化したり、変容したりするのを見るのは面白い。
変わっていく人って、エキサイティングだよね。

日曜日は、高校演劇部の生徒さんたちにワークショップ。
彼らの中から、次代の演劇人が育つやも知れぬ。
エキサイティング!

そして、ひまわり。
日々、一先生と、一俳優と、一人間の間を言ったり来たりしながら、
稽古をしております。
あと、10日ほどで、ひまわり「スサノオ」本番です。
最後の階段駆け上りです。
ぐっと、締め上げて、パカッと開くのを期待して。
後戻りはない。前進あるのみよ。
怪我とかしないで、最後まで走りきってね、みんな。
と願うのみ。

[PR]

by futu-is-best | 2014-03-30 11:40 | 日記