傲慢化という進化?退化?老化?

最近、自分がちょっと怖くなる。

いろんな事に、やたら、腹立つ。

なんか、とても自分勝手な人になってる気がする。

母親に「自分が絶対正しいと思っている」と言われたが、
まあ、そう言えばそうだ。

私の正しさを覆すくらいの勢いでかかってこられないと、
多分、言い負かしてしまう。

昔から、そうだ。

口が異様に達者だ。

負けず嫌い…でもないと思うのだ。
勝負は嫌いだ。
勝ち負けはあまり関心がない。
ただ、自分の思っていることを思っているだけ。

譲れない。
でも、譲れると思ったときには、けっこう譲る。
言い負かされると、ちょっと嬉しい…?
ちょっと、嘘。
でも、新鮮かな。

口論はいや。
議論は好き。

多分相手にしなくない女だ。
別に、勝ちたいわけではない。
ま、負けたいわけでもないが、きちんと分かりたいのだ。
譲りポイントが高いということかもしれない。

でも、ちょっとそんな自分に疲れる。
自分のスピードについてこないものに腹が立つ。
自分勝手だと思う。

とても傲慢になってるんだろうと思う。
傲慢に。
先生病か。
ああ嫌だ。嫌なのだ。嫌なのに。

「弱い子の気持ちのわからない子」と小学校の先生に言われた。
そうなのだろうと思う。
でも、「先へ物事を進めなくてはいけないのだ、と正当化する。
最近になって、そんな自分が顕著になってきて、
自分でも息が詰まるくらい、
なのに、そんな自分に追いつこうとして走ってる感じ。

足を止められない。

年か?年齢か?
固くなるのは、体だけじゃなく、心も頭もか?
傲慢は老化か?

優しいってことがわからない。

ああ、ちょっと自分に疲れてる。
反省。
反省すべきを反省しよう。

[PR]

by futu-is-best | 2014-08-22 22:47