それはどこから?

さて、ひまわり研究科春公演、ニール・サイモン「名医先生」も今週末が本番!

いやあ、頑張ったよ、週末。
みんなで力を合わせて、ガンガン、ガンガン頑張った!

その甲斐あって、装置も完成し、衣装小道具も、
なかなか、ぶっ飛んだ感じのものが仕上がってきました。

しかし、装置は思いのほか重く出来上がったため、
模型でのシュミレーションどうりには行かないことが判明!
急遽、組立て方と、転換の変更をすることに。

これは楽なことではないのです。
コンピューターにデータを打ち込めば、アプリがちゃちゃっとやってくれるもんじゃない。
何度も繰り返し、いろんな形を作ってみて、新しい形を見つけ出す。
そして、そこへの転換のしかたも、
誰がどれをどう運んだら合理的、かつ美しいのかを発見する作業。
なるべく女子が危険のないところをやって、
男子が頑張るか。

男女差別と言うなかれ、やはり、腕力には差がある。
女子が危険なことをやって、男子が楽をしていると、ちょっと美しくないと思うのは私だけか?
私は、やっぱりちょっと抵抗があるのね。

ま、私自身は男の子並に力仕事するけどね。
実際、男子より頼りになる女子は山ほどいるけどね。

ま、ともかくも、そんなこんなで、新しい転換を作りました。

新たにナイスなアイディアが湧き出て、
怪我の功名、前より良くなった気がする。

困難が起こると、実は新しいアイディアが必要になり、
それが飛び出てくると、なんかすっごい達成感があって、
すんなり行くより良いかもしれない。

アイディアって、どこから湧いてくるんだろう?
なんか、いつどこで知ったかわからない知識がピョコンと飛び出てくる。

元来欲張りな私の脳みそは、いろんものを溜め込んでいるらしい。
で、自画自賛。
自分で自分に感心して、生徒たちにしらっとあしらわれ、今日も大笑い。
私は平和。

さあ、この超平和脳で私の傑作「名医先生」を最後まで育て上げるのだ!

http://www.himawari.net/school/kansai/osaka/news/4373.html


[PR]

by futu-is-best | 2015-03-30 22:03 | 表現すること