こえの形は私の形

三重県津市、四天王寺さんと、
四日市市「まっさん」でのひとり語り公演が終わりました。

松本清張「二階」

この作品はひとり語りの一回目、第一作目の作品。
もう、15年前、初めての試みで、ただただ懸命に自分なりに読もうと頑張っていた。
ひとり語りとはなんなのか、
朗読じゃないのか、
なぜ、覚えないで読むのか、
芝居じゃないのか、

なんか、いろんなことに答える言葉も持たず、
やることで何かを訴えて言ってやる的な気持ちだったように思う。
そうとう、硬かったですね。
あれから何回も読んでいるけれど、
今回の「二階」は今までで一番怖かったと思う。

なぜ?

物語が進むにつれて、今まではもっと客観的な「こえ」で読んでいたところが、
ぐっと、心理的な「こえ」になったからだ。

なぜ?

わからないのです。
そういう「こえ」が出たのです。
今回稽古してたら…

実感をあえて言葉にしてみるなら、
そういう心情が沸いたということです。
????ですよね。
私という人間の中に、かつては響かなかった何かしら女の心情の微細なところが
ビビっときたということでしょうか。
以前は説明しようとして仕組んでいたところが、
仕組まずに、「こえ」が動いたというか、

グングン読んでいるうちに、
私の身体の形が、そういう形になったというか。

私にとって、「こえ」は身体の形なんです。
気持ち、距離、心理、思考、テンション、風景、時間、過去、未来、現在、
そういう要素が私の身体のなかでどんな形になっているかが
「こえ」になって出て行くのです。

年を重ねて、私の身体の感覚が変わったということでしょう。
教える作業のなか、自分が舞台に出る中、
私の身体の内側が、細かく、細かく繋がっていったのか。

こんな「こえ」をいつ手に入れたのか…
ひとり語りは私自身なのかもしれない。
しかし、恐ろしい話やね。
生きかた全部出てしまう。
「こえ」は恐ろしい。
から、おもしろい。


[PR]

by futu-is-best | 2015-04-16 15:31 | 表現すること