「セッション」

映画「セッション」を観たのです。
午前中、ひまわり研究科の22期の初日。
夜は、劇団Patchの若手ワークショップという予定の間。

教える側としても、パフォーマーとしても、
いろいろ感じるところがあったのですね。

パフォーマーとしては、歴史に残るとか、天才的とか、一番とか、
そういう価値感とは全く関係ないところでやってるわけだけれど、
それでも、32年かけても、まだ至れない境地みたいなものがあるわけで、
もっと、鮮烈な実感を得たいわけで、
そんなことまでしなくても、と人が言うことをやってでも、何か知りたかったりするわけで…

極限まで追い込まれ、極限で自分をぶち破ってゆく姿にはちょっとした憧れをかんじたりして、
それを追い込む師にしても、あんなにひどいことをしなくてもと思いつつ、
あれをやらせる力は何かと考えると、自分にもなんかわかる気もして…

本当の「セッション」をするためにあの厳しい、厳しすぎる時間はあって、
でも、誰もが至れない、ほんとうの「セッション」は経験したものしか得られない境地なのであって、
私はまだ、教え子と共演したことはないのだけれど、
本当の幸福は、そんな「セッション」が出来た時なのかもしれないと考えたり…

そんな本日でした。



[PR]

by futu-is-best | 2015-05-12 23:44 | 表現すること