やるぞ!「宮本輝と林英世と山口茜と」

「宮本輝と林英世と山口茜と」。
明日から三日間、4公演。
始まります。

この企画では、
作品も、演出家に選んでもらいます。
私のことを、どのように知っているか、
ひとり語りを、どんなものと思っているか、
朗読というか、リーディングというか、語りというか、
そういうものを、どういうものと思っているか、
どんな世界観を持っているか。

宮本輝さんは、意外でした。
なんにしろ、男の世界ですからね。

でも、ここにきて、
やっぱり、勘というのはすごいなと思います。

「蝶」を読むことは決まっていて、
ちょっと、尺が短すぎる!ということになり、
もう一本を選んだとき、二本まで絞り込んだとき、
「どっちも、面白いと思うんですけど」
という、山口茜ちゃんに
「ひらめきで!」
選んでもらった作品「チョコレートを盗め」。

2作品は、微妙に重なり合い、影響しあって、
宮本輝の世界を、形作っていきます。

面白いなあ。
と、現場で、みんなで感動してます。
変でしょうか?
変ですね。

この変なことが現場では本当に起こります。

当日券もあります!
どんなものなのか、
是非一度、体験してほしいと思うんです。
[PR]

by futu-is-best | 2016-01-22 01:00 | ひとり語り