「ほっ」と。キャンペーン

30周年なんです。

演劇を始めたのは、同志社大学の第三劇場。
卒業の時には辞めるんだろうと思ってた。

それが、大学卒業後も続けて、30年。

そう演劇生活30年なのです。
で、4月22日 
「おかげさまで役者生活30周年祈念公演  ひとり語り2017 @岸和田浪切ホール」
やります!

坂口安吾「桜の森の満開の下」

30周年を、地元岸和田でやらせてもらいます。
いつも、30~40人規模の会場で小さくやってるのですが、
今回は、なんと、300人キャパ!

無謀です。
が、
頑張ります!
30年という時間の成果をみせられるよう。

清流劇場「オイディプス王」の現場でも、
教える立場の現場でも、
もちろん、ひとり語りの現場でも、
惜しみなく経験をガンガン放出してやるのだ!
31年目以降にまた新鮮な演劇との出会いができるように!




[PR]

by futu-is-best | 2017-02-05 00:45 | 公演情報