京都へ

今日は京都へ、衣装合わせ。

ヘルパー役。

普通のおばさん。

割烹着タイプのエプロン、似合いすぎる…

5分で終了。
お疲れ様。

せっかく京都に来たので、
知り合いのアトリエへ。
初めての個展が開かれているのだ。

フェルト作家。
フェルトで、ショールや帽子を作っているんです。
すっごく素敵なんだよ。
これが…

アトリエ「セレネッラの咲くころ」

自宅にアトリエ。

その自宅は、京都の町屋をきれいにして住んでたんだけど、
さらに、二階を改装して、アトリエに。
なんか、芸術家の家って感じなんだよね。

だんなさんも書家で友禅作家。

なんか、芸術なんだよね。

いいなあ、こんな家…と思う。

自分もそうしたらいいじゃん!
てなもんだけれど、
これが、どうも、センスがないんだな。

手間かけなきゃできないよね。

でもまたしても、ちょっと、自宅を異空間にしてみたい気がしてきた。

今夜一杯の夢のような気がするけど。
[PR]

by futu-is-best | 2008-04-14 00:24