「ほっ」と。キャンペーン

古典は強し!

昨日は京都まで「リチャード三世」を見に行き、
電車のなかではアーサー・ミラーの「セールスマンの死」を読んだ。
改めて、強い本たちだ。

怖かった。人間の中身を見るのが怖かったよー!
でも、見つめ続けなきゃならないんだと思う。
人間が抱えている問題は、変わっていない。

目に見える現象は様々に変化しているように思うけど、
それを引き起こしてる本質は同じだと思う。
人間であることの運命…
脈々と私たちの中に流れ続ける。

今稽古している「オイディプス王」は、まさに運命にもみくちゃにされる男の話。
その男を外側で見ている人たちがいて、
それがまた、何かしら空恐ろしい感覚を与える。
当事者はもみくちゃ。
でも、安全な所から眺めている分には、おもしろいニュースかもしれない。
2500年前のこの悲劇は、今も続いている。
チケットはこちらから。
http://ticket.corich.jp/apply/80020/004/
是非是非!関西ではなかなか見られない作品ですよ!
http://seiryu-theater.jp/next_stage

2500年の間に書かれた戯曲はどれほどあるのだろう?
もっと、読まなきゃな…と思っている折、
春から、大学で戯曲の読解を教えることになり、
こりゃいかん!と戯曲を何冊か買った。
アーサー・ミラー「セールスマンの死」「るつぼ」
ソートン・ワイルダー「わが町」
ユージン・オニール「楡の木の欲望」
イプセン「ヘッダ・ガブラー」
プリーストリー「夜の来訪者」

思いつき選択。
まだまだ、知ってるようで読んでない作品も多い。
とにかく、触れていこうと思う。

しかし、頭の中が「リチャード三世」と「セールスマンの死」に偏ってしまって
昨日の「オイディプス王」の稽古はセリフがボロボロ。
覚えてたはずのものまで出てこない始末。
ほんま、人間の頭をある状態に持っていくのは簡単じゃないなあ。
なめんな、集中力!

本日こそは、集中力を高める準備をしっかりやって
稽古に挑みます!

てなわけで、清流劇場「オイディプス王」のチケットお申込みはこちらから
http://ticket.corich.jp/apply/80020/004/



[PR]

# by futu-is-best | 2017-02-21 11:56 | 公演情報

30周年なんです。

演劇を始めたのは、同志社大学の第三劇場。
卒業の時には辞めるんだろうと思ってた。

それが、大学卒業後も続けて、30年。

そう演劇生活30年なのです。
で、4月22日 
「おかげさまで役者生活30周年祈念公演  ひとり語り2017 @岸和田浪切ホール」
やります!

坂口安吾「桜の森の満開の下」

30周年を、地元岸和田でやらせてもらいます。
いつも、30~40人規模の会場で小さくやってるのですが、
今回は、なんと、300人キャパ!

無謀です。
が、
頑張ります!
30年という時間の成果をみせられるよう。

清流劇場「オイディプス王」の現場でも、
教える立場の現場でも、
もちろん、ひとり語りの現場でも、
惜しみなく経験をガンガン放出してやるのだ!
31年目以降にまた新鮮な演劇との出会いができるように!




[PR]

# by futu-is-best | 2017-02-05 00:45 | 公演情報

春はお芝居の季節です。

なんと、はや1月も過ぎてしまいましたね。

平成29年ですよ、29年。
その2月ですよ、2月。

ふ~っ!
正月に「ガツッって風邪にやられて、
ひと月経って、やっと風邪が抜けてきました。

風邪と共に、ひとり語りもやり抜けてきました。

そして、今、の稽古をしています。
ギリシャ悲劇です。
ソフォクレスです。
2500年前の芝居です。
かの精神分析医フロイトがその中心理念にした「エディプスコンプレックス」の原典であるところの
あれです。

「父を殺し、母と交わる」という神託を受けて、その運命から逃れようとして
結局はその運命に飲み込まれ、しかも、自らその真実を暴き出してしまうオイディプス。

この悲劇が、現代の私たちに何を感じさせてくれるのか、
頭抱えながら、みんなでうなりながら稽古しています。

私は、オイディプスの妻であり、母であるイオカステを演じます。

とにかく、全身全霊で向かい合わねば、
演劇にならないという感じです。
どこまで、全身をささげられるか、
メンバー全員、頑張ります。

是非、この機会にギリシャ悲劇を!

チケットのお申し込みはこちらから



[PR]

# by futu-is-best | 2017-02-02 16:32 | 公演情報

謹賀新年🎍

あけましておめでとうございます。
f0106355_14210813.jpg
2017年でございます。

分かっちゃいるけど、時は前に進むのみなのだ。
気合入れて頑張るぞ!

1月は、3月の清流劇場の「オイディプス王」の稽古が五日から始まる。
その合間を縫って、
1月19日木曜日、三重県のM-PADで上演した
瀬戸内寂聴「女人源氏物語~空蝉}を大阪でやります!

チケット予約はhttps://www.quartet-online.net/ticket/naoki
初めてのチャレンジ!源氏物語!
お楽しみに。

その後は3月清流劇場「オイディプス王」
ギリシャ悲劇の名作に挑みますよ!
大変そうやわああ。
でも、大変なのって、面白いんだよねえ。
やる側は。
見る側が面白い!ってところまでがんばりますよ、もちろん!
こちらもご期待を!

で、4月22日です。
「おかげさまで役者生活30周年記念公演」
大学を出て、就職蹴って、芝居やって、30年が経ちました。
そんな節目の年になんた、地元岸和田でひとり語りをやらせてもらいます。
浪切ホール、小ホール。
今までやってた場所の10倍のキャパがあるホールです。
演目は、坂口安吾「桜の森の満開の下」です。
大舞台に耐えうる作品。
美術や、照明、音響効果を入れてのひとり語り。
また違った世界を見ていただけると思います。

夏以降も、いろいろ企みを進めています。

今年も、よろしくお願いします。


[PR]

# by futu-is-best | 2017-01-03 14:22 | 日記

2016年が終わるなあ…。と振り返ってみた。

いつもながら、一年の過ぎる速さに驚くな。

2016年のスケジュール帳を見直すと、
まあ、汚い書き込みが!
なにやったんか、わからんわ!
暗号だらけや!

よくよく見てみると、
1月は、山口茜ちゃんとのひとり語りの稽古してるんやね。
で、22~24日に本番。
懐かしいわ。「チョコレートを盗め」「蝶」の宮本輝二本立て。
清流劇場「賢者ナータン」の稽古もしてたんや。
2月にはうおりさんで、チェーホフやって。
3月に清流劇場本番で、月末にはルミエールホールで「桜の森の満開の下」やってる。
4月ひまわり研究科公演、別役実作品「会議」やって、大阪芸大での講師が始まって、
5月は、りぼん堂さんのリーディング。
6月、アトリエセンターフォワードさんの公演でアフタートーク。
この辺は少しゆっくりやったね。
7月に泉大津文化フォーラムで講演。芸大の授業でひとり語り「葉桜と魔笛」
8月「ラジカセ」の撮影。
9月「科捜研の女」撮影。そうそう、GAGAのワークショップ!楽しかった。きつかったけど。
10月はひとり語り「拐帯行」東京、大阪公演。
11月、うおり宮部みゆき「鬼子母火」、泉州弁シンポジウム、AI-HALL「声に出して読もう」が始まり、
三重県M-PAD、瀬戸内寂聴「女人源氏物語~空蝉」。初の清流劇場勉強会でのワークショップ。
そして、12月、清流勉強会でギリシャ悲劇と「オイディプス王」について学び、3月の公演に向けて走り始め、
AI-HALLの「声に出して読もう」も楽しく終わり、
昨日は、来年以降の企みについてのミーティング。
来年のスケジュール帳への書き込みも増えてくる。
スピリッツ「村上海賊の娘」も好評で、年明けから新展開。

早かったけれど、いろいろやってきたなあと思う。

おまけに歯の治療もずーっと続いてるし…。

そして、気が付けば、
6月に美容院に行ったきり、半年もほったらかしの私の髪。
美容はどうなってるんだ!美容については!
いいのか、こんなことで!
ということで、本日美容院行きます。


[PR]

# by futu-is-best | 2016-12-22 11:49 | 日記

最近疑問で、また腹立ったこと

算数の話ですよ。
なんか、ネットで話題だって、
これまた、ネットの話題を二番煎じ、三番煎じでやるのが仕事だと
思い込んでるらしい、テレビで見たんだけれど。
小学三年生の問題ですって、
 3.9
+5.1
──── 
 9.0
これで、-1点なんですって。
今の小学校では、.0は理解できない子もいるので、
/で、消すように教えているんですって。
だから、9.0は正解なんだけど、
表記としては、9と書くように言われているので、
9.0と書いたことが-1なんですって。

決められたことをやってないから、減点するのは妥当というコメンテーターは
.0を消すように教えられた世代。
だから、こんなコメントも堂々とできるんでしょう。

数学的には、9.0ですよね。
でも、コメンテーター的には、これは数学ではなく算数なんですって。

問題の焦点がおかしいと思うんです。

決まりを守ることを教えるのが、算数ですか?
算数で教えるべきことは他にあるんじゃないですか?

数学的には、直線は点の無限のつながりですよね。
0の中には、無限の可能性が隠されてるんだよね、
ほんとうには割り切れないものを、こうやって、表現してるんだよ、
でも、現実は割り切れないんだよっていう事を、.0は現してるんですよね。
わからんでもいいんですよ。
全然いいんです。
でも.
9.0という表記を目にしてたこと、
あるいは、そう、自分で書いていたことは、大きな意味を持つと思うんです。

教育って、なんでしょう?

πを3にしてしまったとき、
9.0を9と表記することにしたとき、
それは、デジタルに世界を表記しようとしているんですよね。

教育って、アナログな人間の世界の事を教えるんじゃないんですかね?
世界は、現実の世界は、アナログです。
デジタルにはなりえないのです。
その世界を生きることを知るために教育があるんじゃないのですかね?

私たちは、本当に人間を育てるってどういうことか、本気で社会総がかりで考えなあかんちゃうやろか。

アナログなんだ。
割り切れないんだ。
だから、知恵を絞り、胆力を絞り、
理不尽なこの世界を生き抜くんだ。

小学校教育はとても重要だと思うのだ。

何を作りたくて、学校教育はあるのだろう?
どんな人間を作りたくて、学校教育はあるのだろう?
そして、何をしたくて、教師になり、親になるのだろう?

子供を持たない私は、とても理想的なことが言える。
そう、理想的なことを言ってる。
でも、理想を語らなくなったら、すべての事はどこへ行くのだろう?

底辺は広く、しかし、高い頂点を設定し続けなくては、
私たちは生き続けていけないのではないだろうか、と思うのです。




[PR]

# by futu-is-best | 2016-12-04 20:50 | 日記

この世界の片隅に生きる。生き続ける。


「この世界の片隅に」を見てきました。
本当に、人を傷つけるという行為は嫌なものだと思いました。
戦争は嫌だ。
人がやる破壊行為は、嫌だ。
ともかく、
戦争がどうこうという前に、人が傷つくのは、嫌だなあと。
嫌な行為だなあ。

嫌な行為だ。

美しくない行為だ。

考えて、破壊の制度を上げることを考えてやっているところが
一番、嫌だ。
人は、それができる生き物なのだ。
怖い。
怖いよ。私たちってものは。

でも、それと並行で、こんなに傷つけられても、美しく生きていく力も、
人間にはあるのだなあと思い、そこに感動しました。
どんな状況にあっても、目の前にある美しいものを知っているという事は強い!
普通に生きる力の豊かな人は、どんな過激な出来事も、
普通の中に飲み込んでいくことができるのだなと。
身を割くような苦しさを乗り越えてね。

今、家のナナ姫は、私の足首に顎をのせて寛いでいる。

安心してくれるという喜び。

安心を壊したくないよね。
トイレ行きたいけど…もうちょっと、我慢する…。

美しい風景とか、
美しい暮らしが、
目に見えていればいるほど、
私たち自身が、美しくいられるのだと思う。

だから、やっぱり目を上げて、
外を見よう!
汚いものもちゃんと見て、
美しいものを求めよう!

そして、目に見えている物の広がりを、
無限の広がりを、想像しよう。

すずさんのように。

希望。
それが、希望を持つ力。


[PR]

# by futu-is-best | 2016-12-01 21:19 | 日記

生きているという事は、いつも自分最先端なんだなあって思ったよ。

M-PADが終わり、今日、10時に三重を出て、
家に戻ったら、父の部屋に寝て居たナナが、
はたと起き上がり、二階の私の部屋のベッドへ駆けあがる。
待っててくれたのねえ!

ナナと一緒に、まだ午後いっぱい寝ちゃったよ。
んなわけで、元気回復順調。

しかし、今回のM-PADは、長いひとり語りの中でも稀有な体験だったよ。
本音で話すと、10月の東京、大阪のひとり語り公演から、岸和田割烹うおり、このM-PADと新作続き。
これが、また初めてやね。
こんなに初めての作品を連続でやったのが初めて。
なんでできると思ったのかはわからない。
ていうか、できるかどうかで連続新作だったわけじゃない。

どの公演も、今までのお客様を考えると、
新作必須になっちゃたんだよね。
新しい経験をしたくてきてくださるお客様を考えると、
こっちんぽ都合で、怠けてらんないよね。
できるかどうかじゃなくて、やらなきゃなんないのよ。

これがハードだったわあ。

作品が変わると、言葉を作る呼吸の在り方が全然違って、
もう、まともに読むことさえできないわけ。
2作品を同時に稽古していけば、何とかなるんじゃないかと思っていた自分が甘かった。

結局、言葉は身体なのだ。
一作品、ひとつの身体。

稽古は結局、本番終わってから、次を稽古することにしたんだけどっていうか、
そうとしかできなかったんですけど…。
言葉の選択や、語順や、いろいろなものが作家によって違って、
それが体になじむまで本当に時間がかかったー。
ていうか、最後の「空蝉」に関しては、
14日の稽古で、結局、私は外側に作品を作ることはできなくて、
自分の中に取り込むしかないんだと気づき、
(いや、今までも何度も、気づいてた…、なんども同じこと考えてる)
16日、笠原Pに見てもらって、上演時間の縛りを緩めることができて、
冒頭を自分の呼吸に合わせて読むことができて、
ずいぶん、流れの身体への入り方が変わった。
しかし、それに気づいた18日金曜日はすでに「風邪」に取りつかれてたのだよね。
週末は、風邪との闘い。
回復しなければ、月曜日に予定している最後の稽古無しに本番だ。

幸い、最後の稽古もできたし、
14日以来、方向が見つかれば、
音声を聞きなおしながら、イメージを身体に生むことができる。
聴きながら自分の身体にイメージをさせていくことも稽古になる。

結果、風邪が完治したとは言えない身体ではあったけれど、
かつてないほど、暖かな穏やかな気候に恵まれた
本番の日は、Hibikoreさんの空間とお客様とに支えられて、
私の身体は、初めての「空蝉」の通り道を開きました。
やっと開けたのです。

自分でも、方向を見てはいたものの、
最期にどんな形になるかはわからなかったのだけれど、
「ああ、こうなるんだ」と分かった感じ。
不思議な経験でした。

お客様からは、本当に温かいありがたい言葉をいっぱいいただきました。

「一生のうちで初めての経験をしました。一生忘れません」と言われたのは、
自分でも、衝撃のお言葉でした。
私にも人生初めての経験ですよ。
生ものと生ものが出会うということは、新しい自分に出会う事ですね。

生きているという事は、いつも自分最先端なんだなあって思ったよ。


[PR]

# by futu-is-best | 2016-11-23 22:32

私の風邪の治し方

11月は、まれにみるハードな月間である。
もう、あと少しなのだが、
ハード月間であったのだ。

いつも、らくちん月間はないのだが、
とりわけハード月間なのだ。

あと少し、あと少し~のところで、
先週末、風邪をひいた。

鼻水とくしゃみ。
花粉症かなと思っていると、はなたれ状態が止まらない。

はい、感冒だね。
と思った時はもうおそい。
鼻から軟口蓋のあたりがグズグズしてる。
とにかく、喉がやられるのを食い止めたい!
しかし、医者に行ってる時間がない!
薬局で薬剤師に相談。
「とにかく、鼻水を止め、滋養強壮ドリンクで体力を落とさないようにするのが、一番かと」

一本1080円のユンケルを三本。
夜、朝、夜と飲み。
水にポッカレモン、卓上用70mlを一本投入。
それを、一日で二本のみ、
ひまわりの空いてる部屋で空き時間は横になり、
なんとか、土曜日をやりすごす。
授業で動かないようにするのが一苦労だったよ。
明らかに発熱。
体中が痛い!骨盤がねじ切れそうじゃ!
それでも、日曜の朝には少し、ましになった。

が、そこは油断大敵、
また、ポッカレモン水を作り、
滋養強壮薬980円を二本購入し、
休みをいいことに、
ほぼ、ナナと同じ時間寝る。
しかし、熱は上がったり下がったり。
朝方になって、やっと汗が出てきて、
自分の中から熱も出て行ったという実感。

そして、今朝、月曜の朝にかかりつけの医者に行ったよ。
医者も若干あきれ顔だったが
「まあ、その方法が一番正しいからね…」
それでも、総合感冒薬を処方しようとするのを、
断固拒否して、念のために「葛根湯ー顆粒」を四日分処方してもらう。

現在の感覚としては、
「大丈夫!勝った!」という感じ!
人間、風邪には体力と精神力だ。
インフルエンザには効かないけどね…( ´艸`)

背骨を休めるのと、ビタミンCの過剰摂取が私の風邪に勝つ方法なり。
しかし、バカ体力あるわ。


[PR]

# by futu-is-best | 2016-11-21 13:35 | 日記

ひとり語り@東京は無事終了

代官山 ぎゃらりー無垢里さんでのひとり語りは
いろいろな繋がりのお客様に迎えられて、
無事終了しました。

岸和田高校の先輩、同級生、後輩。
大学第三劇場の同期。
MOPのメンバーやお客様。
田植え稲刈り仲間。
同級生の息子とその友達。
ワークショップに参加してくれていた方々。
演劇を愛する方々。
ワークショップを一緒に受けた同士。

もう、人は繋がっている。
繋がっていく。
それを実際に見た一夜でした。

「拐帯行」は私の心配をよそに
とても好評で、本当にほっとしました。

松本清張さんの小説は、一見地味なんだけど、
その、底の底のほうで、
人間の息遣いが蠢いてるんだよね。

その息遣いにたどり着いて、
的確に声で表現したい、それがこの小説の面白さだ、
そして、その作業こそがひとり語りだ…

しかし、むっつかしいのよねー!

でも、とにかく、目標をもってやってみて、
実際、皆さんが楽しんでくれたのを感じて、
また、改めてひとり語りの意味を知った気がします。

大阪は、お客さんが少なくて、
特に11日は恐ろしい感じですが、
16年目のひとり語りの、本質へ戻るこの公演を是非見ていただきたいと思います。

ご来場、お待ちしてます。

[PR]

# by futu-is-best | 2016-10-08 10:21 | ひとり語り