カテゴリ:ひとり語り( 53 )

ひとり語り@東京は無事終了

代官山 ぎゃらりー無垢里さんでのひとり語りは
いろいろな繋がりのお客様に迎えられて、
無事終了しました。

岸和田高校の先輩、同級生、後輩。
大学第三劇場の同期。
MOPのメンバーやお客様。
田植え稲刈り仲間。
同級生の息子とその友達。
ワークショップに参加してくれていた方々。
演劇を愛する方々。
ワークショップを一緒に受けた同士。

もう、人は繋がっている。
繋がっていく。
それを実際に見た一夜でした。

「拐帯行」は私の心配をよそに
とても好評で、本当にほっとしました。

松本清張さんの小説は、一見地味なんだけど、
その、底の底のほうで、
人間の息遣いが蠢いてるんだよね。

その息遣いにたどり着いて、
的確に声で表現したい、それがこの小説の面白さだ、
そして、その作業こそがひとり語りだ…

しかし、むっつかしいのよねー!

でも、とにかく、目標をもってやってみて、
実際、皆さんが楽しんでくれたのを感じて、
また、改めてひとり語りの意味を知った気がします。

大阪は、お客さんが少なくて、
特に11日は恐ろしい感じですが、
16年目のひとり語りの、本質へ戻るこの公演を是非見ていただきたいと思います。

ご来場、お待ちしてます。

[PR]

by futu-is-best | 2016-10-08 10:21 | ひとり語り

チェーホフさんと仲良しになってたことを発見!

2月14日は
恒例となっている、岸和田割烹うおりさんでの冬のひとり語り公演。
バレンタインでーなので、恋愛ものということで、
チェーホフ「犬を連れた奥さん」を。

もう何回目かの「犬を連れた奥さん」だ。

2015年~2016年年明けにかけて、
「葉桜と魔笛」「藪の中」と、結構ハードな作品が続き、
演出家との三角関係公演も、
「菊枕」、「蝶」「チョコレートを盗め」
と、なかなかにハードな作品続きで、
結構、体力気力を消耗したのですが、
今回、「犬を連れた奥さん」を稽古してみると、
「ああ、なんて軽やかなの!」と小躍りしたくなりました。
詩的なリズムの心地よさ、
描かれる世界の広がりと、
それを扱う手触りのおしゃれさといいますか、
いやあ、チェーホフさんと仲良しになってたんだなあ!と思ったりして…ははは。
私のひとり語りの中でも、異色の作品かもしれません。

まだ少しお席余裕あります!
バレンタインデーに、軽やかなるチェーホフワールドへ是非!
http://blog.livedoor.jp/hitorigatari2001/archives/47302884.html
[PR]

by futu-is-best | 2016-02-11 11:13 | ひとり語り

やるぞ!「宮本輝と林英世と山口茜と」

「宮本輝と林英世と山口茜と」。
明日から三日間、4公演。
始まります。

この企画では、
作品も、演出家に選んでもらいます。
私のことを、どのように知っているか、
ひとり語りを、どんなものと思っているか、
朗読というか、リーディングというか、語りというか、
そういうものを、どういうものと思っているか、
どんな世界観を持っているか。

宮本輝さんは、意外でした。
なんにしろ、男の世界ですからね。

でも、ここにきて、
やっぱり、勘というのはすごいなと思います。

「蝶」を読むことは決まっていて、
ちょっと、尺が短すぎる!ということになり、
もう一本を選んだとき、二本まで絞り込んだとき、
「どっちも、面白いと思うんですけど」
という、山口茜ちゃんに
「ひらめきで!」
選んでもらった作品「チョコレートを盗め」。

2作品は、微妙に重なり合い、影響しあって、
宮本輝の世界を、形作っていきます。

面白いなあ。
と、現場で、みんなで感動してます。
変でしょうか?
変ですね。

この変なことが現場では本当に起こります。

当日券もあります!
どんなものなのか、
是非一度、体験してほしいと思うんです。
[PR]

by futu-is-best | 2016-01-22 01:00 | ひとり語り

笑っちゃうような本当の話

「宮本輝と林英世と山口茜と」
やっと、自分の中から、宮本輝さんが語りだしてきた。気がする。
ていうか、どこまで行っても、これは自分感覚でしかないので、言い切るが、
しっぽをつかんで引き寄せた。

うん。

引き寄せているで。

こうなってくると、小説を読んでいる時間が
自分が生きている時間になってくる。

ちょっと前までは、
読みながら寝てしまうこともあった。

笑っちゃうような話だが、
ありえないような話だが、
本当の話なのだ。

口は動いているのに、眠くて眠くて、
一瞬落ちたりして…。

読みながら読み手が退屈している。

ひとごとなのね。

だんだん興味がなくなってくるのね、読みながら。
興味のない、学科の授業中みたいな感じ。

あかん。

それでは、あかんやろ!
そうです、あきません。

探して探して、しっぽを探して、
仲良くなれるところを見つけるよう、
求めて求めて…。

大丈夫。
起きてます。
起きて、宮本輝さんと共同作業を始めましたよ。

茜ちゃんがその作業に参加して、
さらに色付けしてくれます!
[PR]

by futu-is-best | 2016-01-16 13:54 | ひとり語り

ひとり語り公演情報

f0106355_2210309.jpg

[PR]

by futu-is-best | 2015-07-18 20:00 | ひとり語り

初日あきました。

台風で、大きな被害が出ている地域もありますね。
本当に、水の力は巨大です。

水の豊かさは、命の豊かさを感じさせるけれど、
命の力が氾濫すると、えらい事になる。

昨日のひとり語りはそんな感じ。

女流俳人が自身の命の力のやりばを失って、狂気に走っていく。
その過程を読みながら、私の中の命の行き場が迷走してくる。

いつものひとり語りとはまるで違います。
松本清張の淡々として、冷静な文章を借りて、
命の暴走を追いかける。

そこにいるのは、誰?

今日も、とにかく、時間の中に正直に居ることを目指します。


[PR]

by futu-is-best | 2015-07-17 11:45 | ひとり語り

ひとり語り2015、稽古始まる

まずは、面談から。
こんな始まりは初めてです。
マリリンの質問に、答えました。

話し出すと、いろんなことがあったなあと思う。
いろんな言葉、いろんな感情、いろんな関係、いろんな出会い、いろんな別れ。
考えたこと、感じたこと、笑ったこと、泣いたこと、怒ったこと。

そんないろんなことが、今回のひとり語りを、どんな作品にしていくんだろう。

いつだって、今の自分を使って読んでいるけど、
マリリンは、どんな私を見つけるんだろう。

それは、お客様にどう見えるんだろう。

初めての旅が始まります。

是非、目撃を!



[PR]

by futu-is-best | 2015-05-31 11:24 | ひとり語り

ひとり語り公演情報、更新!

2015年のひとり語りの予定は、ゴンゴン進んでます。
笠原Pとの、今年の企みも、ゴソゴソ進んでます。
順次、発表していきますね!

ひとり語りの公演情報を見られるページがありますので、ぜひチェックしてくださいませ。
あたらしい情報が公開されております!
百景社アトリエ祭に続き、
2月22日(日)は岸和田の割烹うおりさんでの、お料理とお酒とひとり語りの会も4回目!
今回は、待ってました、向田邦子さんです。
「かわうそ」「だらだら坂」の二作品。
間違いなしのエンターテイメントです!
ご予約受け付けております!



[PR]

by futu-is-best | 2015-01-23 09:46 | ひとり語り

ひとり語り、全国ツアー終わりました。

一ヶ月に渡ったひとり語り全国ツアー、無事終了!
来てくださったみなさん、
友達に宣伝してくれたみなさん、
そして、各地のコーディネートにご協力くださったみなさん、
本当にありがとうございました。


More
[PR]

by futu-is-best | 2014-05-19 11:12 | ひとり語り

ひとり語り公演情報

f0106355_22125772.jpg

[PR]

by futu-is-best | 2014-04-30 22:12 | ひとり語り