<   2006年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

すがすがしい汗!

掃除しました。

お風呂、トイレ、シンク周りとレンジ周り。
そして、台所の床を水ぶき。
なんとなく、その辺を手当たり次第に水ぶき。
汗かくなあ。
たらたら、汗が流れる。

結構、好き。

夏は汗かくのがいいね。
冬に、なんとはない汗かくのは腹が立つのだけど、
夏だもん、汗かいて普通でしょ。
流れる汗を感じながら、コシコシと汚れをこする。
取れてく取れてく、いい感じ。

マア、毎日小まめにあっちもこっちも掃除するというのが一番だとは思うが
こうして、時に集中的に、熱中掃除すると、
自分がきれいになったような気がする。

いい人になった感じ。
東京で、こまごまとごみの分別をしているときに似ている充実感。

だめ人間と、いい人をなんとなくバランスとりつつ行き来する、
それが健全の秘訣?私の場合。
[PR]

by futu-is-best | 2006-06-30 01:05

お休みでした。

お休みの水曜日、何にもしなかった。
ゴロゴロ、ゴロゴロ、してたよ。

この一ヶ月だって、一日中、うんうん働いてたわけではなかたのだが、
とりあえず、毎日なんか仕事ある、と思うだけで、疲れるもんやね。

しかし、昨日のグータラで回復!

食事は、「とり手羽元のさっぱり煮」
これはミツカンのお酢の首に巻いてある、レシピの中の一品。

手羽元と、ゆで卵を
お酢と醤油と砂糖と水で煮るだけのシンプルなもの。
しょうがとにんにくを一緒に入れる。

かつては、萬田久子が、最近では酒井法子が
コマーシャルで作っていたやつだ。

写真は撮り忘れた。
ごめんなさい。

今日も、夕方から仕事。

お昼のドラマ「我輩は主婦である」を見て、笑い。
その後、これを書いている。
ちょっと、掃除でもしなくちゃなと、
主婦的感覚が、部屋を見て指令を出している。

暑いけど、掃除で一汗かくか!
[PR]

by futu-is-best | 2006-06-29 13:52

久しぶりに作ったよ

f0106355_22561511.jpg

久しぶりに、料理したよ。
それは、レバニラ。

実は今日の昼ごはんに、豚肉の味噌漬けを食べた私。

なんだろう、
なにか、生命の危機でも感じているのだろうか?
こんな、スタミナ食を欲するなんて。

今朝も、起きるに起きられず、
九時前に、ごみだしがやっとで、またグタグタ。
しかし、週に四日もごみ出し日があるのはつらいなあ。

体が欲してるときに欲してるものを食べるのが一番らしいから、
ま、いいですか。
レバニラ、豚味噌漬け焼きの日も。

明日は、六月に入ってはじめての完全オフ日。
ああ、久しぶり。
ああ、久しぶりですねえ。
まったく何もないって、嬉しいねえ。
嬉しいって、いいよねえ。
いいことって、いいよね。

なんだかわかんないけど、
幸せだな。

☆林英世☆
[PR]

by futu-is-best | 2006-06-27 22:56 | 日記

公演終了

f0106355_105931.jpg


ひまわりの公演クラスの発表公演
「見よ、飛行機の高く飛べるを」
無事終了しました。

生徒たちから、お花をもらいました。
その横にいる、ロボットは舞台監督の谷本さんから。
「今回の舞監賞」
栄えある賞でございます。
f0106355_1059310.jpg

その名も「コレジャナイロボ IT IS NOT THIS!」
子供に人生、欲しい物が何のリスクもなく手に入るなんて話はそうはない。
欲しい物を手に入れるためには努力も必要だということを知る機会を与えるおもちゃ。

「コレジャナイロボ」は、その絶妙な偽者感、カッコ悪さにより、その事をお子様にトラウマ級の効果を持ってお伝えすることでしょう。
情操教育玩具として是非お試しください。

以上、このロボットの説明文より。


ナイスだ。



公演クラスのみんな。
千秋楽前に。


f0106355_1059321.jpg



今回の作品はかなり、私もお気に入り。
みんなはまり役で、すごく良かった。
というか、私のキャスティングセンスが、もう冴えてたね。
一人ひとりの性格まで見ぬいたかのような見事な読みだった。

と、自画自賛。

はまり役だと言われるようになるには、
一人ひとりの、それなりの努力があったわけで、
それが良い芝居を生んだんです、はい。


もう一つ今回の自画自賛ポイントは、
選曲!

いやあ、日ごろ音楽をほとんど聴かない私。
これといって、好きな曲もなきゃ、好きなジャンルもない、
歌える歌もすごく少ない。
それなのに、演出のときは選曲もしなきゃならない。
私はいつも、稽古しててなんとなく、頭に「~な感じの音がいい」
というように浮かぶ。

今回は
「重厚じゃなく、アコースティックな感じで、軽やかでいて情感があって
…そんな音がいいと思うのだが、それはなんだ?」
というところから始まり、うんうん、うなりながら考えて

出ました

「シャンソン」

稽古場の前の江坂図書館で生徒に「なんか、シャンソン」
といって、借りてきてもらったアルバムから選曲。

これがヒット!

で、オープニングと、ラストも
なんとなくありそうと思った
映画のサントラから発見。

絶妙!

すごく好き!、今回の音。

も、神様がついてる?

今回も自画自賛。

☆林英世☆
[PR]

by futu-is-best | 2006-06-26 10:59 | 日記

初日

ひまわり、公演クラス発表公演
「見よ、飛行機の高く飛べるを」
初日無事終了。

ま、緊張はしてたし、とちりは各所にあったけど、
いい芝居してたと思います。
みんな、いい芝居してましたよ。

明日、二公演で終わる。
三ヶ月が終わりますな。

人間の能力とは不思議なものだとつくづく思います。

三ヶ月前には、蚊の鳴くような声でしか話せなかった子が
いまは、しっかり自分なりに芝居してるもんね。

茂木健一郎さんの「ひらめき脳」を買って
今日は、スタッフの皆さんと、
休憩時間に「アハ!体験」してました。
本当に、アハ!と、ひらめいたときの表情は言葉では言い表せない、いい顔です。

いい顔いっぱいできたら、いい芝居なのだよね。

客席では、泣いてる人もいて、
というか、私が泣いてたけど。

うまくはないけど、もっとうまい人はいっぱいいるけど、
私たちにしかできない、いい芝居だったよ。
明日も、いい芝居をしましょう。

私たちのために、お客さんのために、
そして、作者のために、その物語を生きている登場人物のために。
[PR]

by futu-is-best | 2006-06-25 00:26

仕込み日

今日は、ひまわり仕込み日。

仕込みには多くの助っ人が来てくださいました。
そのメンバーの中に、二人ほど、
長尾ジョージの舞台に出てくれた方がいて、つい
「どうも、すみません。ご迷惑をかけました」
と謝ってしまった。

「MOPの方にその話をすると、みんな謝ってくれます」

なんだろう、この現象は。

ま、いいか。

今回のセットは、劇研スタッフの西田さん。
予算もないし、舞台も大きくないし、抽象舞台にしなければならないだろうと思ったときに
一番に思いついたのが、西田さん。
劇団MONOとかの舞台を拝見してて、
すばらしく、シックで、美しい舞台を作る人って感じがあったので、
一度お願いしたかったのです。
静か~に仕事を片付けていかれます。

照明は葛西さん。
いつ振り向いても笑顔、しかもこの上なく柔らかい笑顔。
静か~に現場が進んでいきます。
きっと、舞台といい呼吸をしてくれるのではないかと思ます。
演出も役者も照明もこなすという、演劇好き。

舞台監督の谷本さんもソフトな雰囲気で
淡々と、現場を仕切ってくれる。

なんていうの、紳士の現場です。
そう、紳士ばっかり。
だって、男の人たちみんな、ソフトな紳士なんだもん。
やらかい現場ですわ。
優しい男たちです。

で、きっかけ、場当たりはグングン進んで、
谷本さんの予想を超える早い進行だったようで、

「なんか、大事なことを忘れてるんじゃないでしょうか!」
という、私の問いに
「いえ、林さんの判断が早いから。男前な判断です」
と言われた。

ええ、褒め言葉でしょう。
私は、男前だと、舞台監督さんに言われた。
もう、自信を持って、私は男前です。
[PR]

by futu-is-best | 2006-06-23 00:22

泣いた

「見よ飛行機の高く飛べるを」
大詰め。

細かいところを手直しし続ける。

昨日、新庄先生と、延ぶのシーンをやってて、
「ああ、この本は青年座への書き下ろしだったな、新庄先生やったのって、大家君やったなあ、今頃大家君、泣いてるんやろうなあ、森塚さんのこと、大好きやったもんなあ」
と思ったら、稽古中に泣けてきた。

今演じてる二人は、大学生と高校生。
青年座も、森塚さんもぜんぜん知らないけど、

いかに芝居を愛する人たちか、
人間くさい芝居を愛する人たちか、
その森塚さんが亡くなったこんなときに
この芝居をやってるのも、なんかの縁かもね。

なんてことをつらつら語ってしまった。

そしたら、二人も涙ぐんでしまった。

その二人を見て、また、泣いてしまった。

下手でもいい、誠実な芝居をやろうね。
[PR]

by futu-is-best | 2006-06-22 12:59

見よ、飛行機の高く飛べるを

f0106355_035192.jpg


とても、わかりやすく、「私」の絵である。

今回のひまわりの公演クラスの女の子が描いた。

チラシやパンフレットのデザインをやってくれてる。

将来「こんな仕事したいんです」と言ってる。
ええことや、なかなか、ええ仕事してる。

しかし、この絵、良く描けてると思う。
まごうかたなき、私である。

自分って、隠せないのねえと、つくづく思う。
ばればれやん。

芝居は、うまくはないけど、いい芝居になってきていると思う。

だって、演出席で泣きそうになってるもん。

泣いちゃうんだよね、
あんまりにも、一生懸命にそこにいてくれる彼らを見ると。
芝居って、それだよ!
って、声かけたくなるよ。

今週末が本番。
もう、休みなし!
怪我なく、事故なく、終わるように。
☆林英世☆
[PR]

by futu-is-best | 2006-06-21 00:35 | 日記

いい一日。

f0106355_012451.jpg


行ってきました、「新歌舞伎座」

「妻をめとらば~晶子と鉄幹~」

良かったですな。
笑ったし、泣いたし。
泣きました。
泣けたなあ。
なんだろう、この優しい人たちは。
優しさの深さ。

ええ本です。ほんまにええ本です。

で、舞台もいいです。
すっごく、皆さんが楽しくやってらして、
真剣にやってらして、
芝居を愛してて、

直美さんはもう、なんというのか、
人の心を知ってると言うのか、すごいですね。

香川さんも良かったあ。
チャーミングでね。

木下も頑張ってたよ。

気持ちよかった、見てて。

太川洋介さんの、北原白秋、良かったな。
後、小宮さんの刑事さん。
子役たち、もう、自由で自由で。
で、その子役を自由にして上げられてる、座組みのよさですよね。

あ、写真はお弁当。
買ってみました、歌舞伎座の弁当。
観劇気分満喫。

いろいろ、学校でのストレスがたまってた私ですが、
心が洗われて、
なんか、初心に帰って頑張ろうと思いました。


で、サッカーじゃん!
ああ、ギリギリ首の皮は繋がったけど。
もう、心臓に悪いスポーツやわ。
打倒!狩猟民族!
頑張れ日本!

ともかく、頑張ってくれ~!

と、なにかと、熱くなった今日は私にとって、いい一日でした。
[PR]

by futu-is-best | 2006-06-19 00:01 | 日記

ランチ、ランチ

f0106355_23162993.jpg

きょうの、ランチ

「サラダパスタ」

たまねぎ、ゴーヤ、トマト、ツナを塩、コショウ、オリーブオイルであえて
冷たいスパゲッティに乗っけてます。

ちょっと、ポン酢も入ってますが、これはお好みで。

この、たまねぎ、ゴーヤ、トマトのサラダは、もちろんそのままサラダでもいいし、
たとえば、タイとか、マグロのお刺身にぶっ掛ければ、
ナンちゃってカルパッチョだし、
鶏肉とか、豚肉とか、肉のソテーに添えても、あっさりした付け合せになるし、
豆腐でもいいかもしれないし、
その場合、オリーブオイルは抜いて、さらにあっさりにしても良いですよ。

なにかと、お役立ちの一品であろうと思われる。

先日、いつものようにたまねぎとトマトを薄切りして、ポン酢であえて
鶏肉にかけてやろう!なんて考えて冷蔵庫を覗いたら、
ゴーヤがあったので、入れてみた。

栄養価もあがるし、彩りもきれいになるし、私好みの味で
すっごく気に入っちゃたのだ。

この夏、何回食べるだろう。

私、同じもの食べてて、飽きない人なんで…

☆林英世☆
[PR]

by futu-is-best | 2006-06-17 23:16 | 日記