<   2006年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

なんやねん、だから…

京都通いの日々。

稽古をするため、京都に行くのだ。


ま、それはいいのだ。

今日の帰り、環状線がえらいことになってた。

何でかしらぬが、遅れてて。
最大30分近く遅れてたかな?

駅のホームに人がどんどん溜まっていく。
夜7時。
家に帰りたい人たちが群れ群れ状態。

ガンガン詰め込んでくる。
ていうか、もう次の電車はそこまで来てるのに、
電車の扉が閉まらないのに、
引き下がらないおやじ。

そして、電車はさらに遅れる。

しかし、みんな、奥へ詰めへんなあ。
感心するぐらい、自分の取ったポジションを守るね。
たいした意味ないのに。

しかも降りるときとか、声出さんと押してくな。
声出したらええのに。

で、また、出口に固まってる人も動かんな。

いっぺん出て、出口を空けて、また乗るということを
教えてもらってないのかな?
子供のときに。

自分たちで、自分たちをいらいらさせてる。
不愉快を自分で作ってる。
暑いのにさらに暑苦しい。

出入り口が殺気立ってた。

一人だけの電車じゃないんだから
大人になろうよ、ねえ。
[PR]

by futu-is-best | 2006-08-31 22:39

浮き、沈む。

今日は、おもしろいワークショップを受けて、
いい感じだった。

先生にも
「いいよ」
って言われて、いい気分だった。

その後、もう一つの試練があった。


ダメ!

ダメダメ!

もう!くそ!腹立つ!

私自身に!


沈んだ。

絶対、やってやる!
[PR]

by futu-is-best | 2006-08-29 21:27

四十にして…

四十にして惑わず…
だったよね。

惑うねえ。

四十になっても、まだ惑う。

芝居の中で生きてくと、そこは迷いはもうないのだが、

それでも毎日惑う。

現場にはいると、迷ってる暇などないので
一生懸命その場にいて、やることやって、

ふ~っと一息つくと、

まだ足りない気がする。


道の途中。

そう、道の途中だ。
四十で惑っても、
五十で惑っても、
私の道だから。
己の道だからな。

秋か?
なんだか、心も不安定。
[PR]

by futu-is-best | 2006-08-29 10:26

秋風?

忍び寄る秋。

静かに静かに確実に。

昨日の雷雨でまた、洗濯物がびしょ濡れに。

季節の変わり目、変化が激しい。

稽古で疲れる。
クタクタというか、腑抜けになる。

もちょっと、軽やかにやるように練習しよう!

力技の限界が近づいてるかも。


M.O.P.のチラシが届いたよ。
おおっと、どりちゃん綺麗じゃん!

ちょっと、ジェラシー。

でも、そんなことより、いい芝居して、お客さんにたくさん入ってもらわなくちゃね!
プンプン!(なんで?)

でも、いいなあ、こんな写真、私も撮ってみたいなあ、と、正直思ったのだ。
チャンチャン!
[PR]

by futu-is-best | 2006-08-28 23:28

ひとり語り

f0106355_10585995.jpg


「ひとり語り」やります。
なんか、関西朗読家クラブなんてのにも一応メンバーになってたりして、
「朗読家への道」なんていう
原稿を頼まれたりする昨今。

朗読の人みたいになってるけど、
あくまでも私は女優としてやってるつもり。

ま、こんな演劇もいいのではないかということで…。

関西方面の方、よろしくお願いします。
☆林英世☆
[PR]

by futu-is-best | 2006-08-26 10:58 | 日記

ジュリー!

見てきました、ジュリー!

ソフトが似合う!

色っぽい!

もう、おばちゃんたちも喜ぶ喜ぶ。
楽しい、可愛い舞台でした。

みんな楽しそうにやってて良かったです。

ひとり語りのチラシがやっとできました。

頑張ります。
よろしくです。
[PR]

by futu-is-best | 2006-08-24 09:47

さらば、とみ寿司。

そうかあ、とみ寿司がねえ。

来るねえ、時がねえ。

で、もって、今日も今日とて
稽古です。

今日は、美術の青木さんと、山代君と、音響の堂岡さんがきたので、
二作品読んでみた。

ヘトヘトやあ。

ほんまに体力落ちてるかも。

背中が痛い。

しかも、暑い。

クーラーつけずに読み始めたら
汗が流れて、背中はビショビショ。
目に汗が入って痛い痛い。

ああ、もっと、深くしなくちゃな、と思う。

しかし、堂岡さん、とみ寿司のことなんか一言も言わないもんね。

言うてもええんちゃうん!
[PR]

by futu-is-best | 2006-08-22 23:55

燃えたあ~!

甲子園、燃えたね。
なんだろう、もう、あまり高校野球に興味なかったのに、
今回はちょっと、注目しちゃったな。

ま、実家で、青森山田と駒大苫小牧のあの、大逆転劇を見てからだけど。

駒大のあのピッチャーの面魂に惹かれたのね。

ニュースでチラチラ見てるだけだったけど、
いい顔してる子が多かったよなあ。
また最近、若いこの顔がよくなってきてる気がする。
しかし、今回の高校野球、
いい顔してる子多かったよね。
美しい十代。
高校三年生。
舟木一夫だ。

おばさんなだけだろうか?

でもって、決勝戦。
昨日なんか、途中で出かけたので、
ひまわりの授業の途中で思い出して、
「誰か結果知ってる?」って聞いてしまったよ。

したら、あんた、延長再試合じゃん!

すばらしい!いいよ!いいよ!
いい!ドラマチックだあ。

今日の試合もよかったね。

投手二人の顔が良かった。

最後がまた、投手同士の対決なんて、ドラマチック!

ちなみに、私は斉藤君が好みですが。

ああいう、きれいな顔、きれいで強い顔はいいなあ。
目が涼しくて。
タイプだわ。
でも、きっと付き合うのはちょっとなのよね。(考えるか!)
見てたい感じね。
どうでもいいか。

ま、とにかく、野球って、やっぱ面白いと思ったもんね。
間合いがいいんだよね。
サッカーより、あの間合いが、私なんかには合うんだろうな。

で、決勝戦の間私は、ひとり語りの稽古をしていたのです。
f0106355_2339814.jpg


また始まった孤独な戦い。
f0106355_2339844.jpg


久しぶりの西陣ファクトリーガーデン。
今は空っぽ。

f0106355_2339887.jpg


稽古の必需品。

久しぶりに声出して述べ三時間くらい、本読んだら
ちょっと、頭がくらくらした。
体力落ちてるなと思った。

明日から、体力回復もしなくちゃ。

☆林英世☆
[PR]

by futu-is-best | 2006-08-21 23:39 | 日記

今年もやるぞ!

今年もやります!
「林 英世 ひとり語り」

林って打つと、囃子って出る。
そんな言葉を多用しているのか?


今年は山本周五郎「雨あがる」と、太宰治「カチカチ山」
チラシの印刷が明日かあさってには上がってくる。
DM作業をガンガンやらねば。

で、一足早く、la boum momentのホームページに詳しい情報をアップ!
チケットの受付も始めました。
是非、覗いてみてください。
今年は西陣めぐりの御案内もします。
着物で来てくれると、割引します。
着物着て、西陣を歩いて、語りを聞くと言う
そんな京都散策いかがですか?


語りを始めてから、日本語についてすっごく考えるようになった。
日本語って、とても素敵な言葉だと思う。
漢語も、ヨーロッパ言語もいろいろ入ってきてるし、
それをうまく自分たちのものにして使ってる。

でも、大和言葉ね。
大和言葉は、すごい。
身体感覚から生まれでた言葉。
色の種類や、気持ちの種類。
すごくたくさんあって、日本人て、完成の民族だなって感心したりする。
このたくさんの感覚を、声にして表現したいなと思います。

言葉が豊かってことは、内面が豊ってことじゃないかな。
言葉を失うのは、自分を失ってゆくことであるように思う。
[PR]

by futu-is-best | 2006-08-20 11:01

懐かしい出会い

大学の、サークルの先輩が
お話を作って、それに絵をつけた人がいて、
それを朗読するという催しがあった。

同志社大学、第三劇場。
原点。

懐かしい人たちが集まってた。

懐かしい話をした。

先輩はちっとも変わってなかった。
息子さんは
旦那さん(こちらも先輩)にそっくり。

同級生は、先日生まれた息子の写真を見せてくれ、
今夜中に、軽井沢へ行って、明日は息子と自分のサッカーの試合だという。

もう一人、今回誘ってくれた同級生も、
自分の仕事の話をしてくれる。

私は私の仕事の話をする。


変わらない、でも変わっている。
変わらない、でも、成長していく。

次に会うときが楽しみ。
また、会いましょう。
みんな頑張れ。
[PR]

by futu-is-best | 2006-08-20 00:02