<   2007年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ああん!むっちゅかしい!

むっちゅかしい!
トロンボーン!

て、いうか、ほんまに私、音楽の基本知識は小学校。

楽器とは無縁の数十年。

複式呼吸も、呼吸の支えも
教えるくらいに知ってるねん!

しかーし、いざ、楽器という異物がやってきたとき
言うこと聞きません、身体!

うーん、楽器。
この偉大なる道具。

うーん、道具。
私という道具をやっと使えるようになったと思ったら、
こんなにでかい道具をまた、使いこなさねばならん!

課題、課題。

もう、一年になるというのに…

進歩はしているんですよ。
でも、歯痒いわ~!
ああ、歯痒いのよ!

今週末には発表会。

ま、頑張ってるけどね。
でも、トロンボーンの先生に腹式呼吸を改めて説明されると落ち込むわ!

公園での稽古が一番役立つな、しかし。
しかし、なかなか、時間が取れんな。
あと、5日。

5日か…
[PR]

by futu-is-best | 2007-02-27 23:21

朝ドラで人生。

朝ドラ、放送ありましたね。
いろんな人から反応があって、嬉しいもんです。

現場も楽しかったですわ。

藤山さんとか、いしださんとか、石橋さんとかと一緒にお仕事してるなんて。

石橋さんといえば、
今は無き、近鉄劇場ができる前、
安治川のほとりの倉庫で、
劇団第七病棟の公演「ふたりの女」
作・唐十郎。

舞台いっぱいにいれられた砂。

緑魔子さんと石橋蓮司さん。
初めて見る、別世界の芝居。

心を鷲掴みにされました。
次の日も見に行って、チケットがなくて、
外の壁越しに音を聞いていたのを憶えてる。

近鉄小劇場の杮落としも、第七病棟。

「ビニールの城」

7時開演の予定が、大ホールの音が漏れるというので、
石橋さんががんとして、開演せず、
大ホールが終わるまで待った。

若かった。

おもしろかった。

近鉄劇場ももう無くて、私は石橋蓮司さんと朝ドラ。

人生、おもろいもんですなあ。
[PR]

by futu-is-best | 2007-02-26 10:55

ワークショップしてます。

偉そうに、ワークショップしてますよ。
初めての人もいるんですが、
今まで、なにかの形でかかわりのあった人が結構多いです。

ちょっと、嬉しかったりします。

前も受けたけど、おもしろかったからまた行こう。
と思ってもらうのは。

そして、また、新しいことを感じてもらえれば最高です。

やってると、欲が出てきて、
三時間という時間が短くて、短くて、歯がゆいです。

でも、ここでとどまらないでね。
ワークショップは癒しの場ではないので、
現場で、実践で、試して、生かして、自分の世界にしていってね。

そのとき、本当に私のした仕事の意味があるのです。
[PR]

by futu-is-best | 2007-02-25 00:34

桜の不安

梅と桜の話を、声と言葉の表現教室のみなさんとしました。

「私も梅のほうが好きです」
という方がいました。
「なんか、季節が違うって言うか、梅って冬ですよね、冬が固まったみたいな感じ、
桜って、春、緩み始めた感じですよね」

そうか、そうか、くきっと固まった感じと、ゆるゆるした感じ。

「桜って、夥しいですよね」

そうそう、あの夥しさ、過剰さが不安を掻き立てるのだろうね。

古くは梅のほうが品があって良い、とされてたという話も。

いろんな人と話すと、一つことにいろんな言葉が出てきて、
それがそれぞれの中で、イメージを結んで、より豊になっていく。

植物の持つ生命力のイメージは、
俳優のエクササイズによく使う。

以前紹介した背骨のストレッチをやるとき、
吸う息にプラスのエネルギーのイメージを加えて、
いらないものを吐き出しながら、
外界から、綺麗な、温かいものを取り込む呼吸をしていき、
リラックスだけじゃなく、より活動的な状態になるエクササイズ。

植物の種が膨らんで、芽を出して、ぐんぐん伸びていくようなイメージというか、
しおれた花が水を吸い上げて、再生してゆく、あるいは、
植物が天へ向かって、伸び続けているイメージ。
そんなイメージ。
私は、「種呼吸」とか、「森呼吸」とか呼んでます。

結構、おもしろいですよ。
[PR]

by futu-is-best | 2007-02-23 10:30

心洗われる

暖かい。
二月じゃないな、四月くらいの感じ。

とてもいい天気。

昨日は、奈良の室生寺へ行った。
五月くらいには石楠花が咲いて、花のお寺になるそうだが、
今の季節、華やかさはない。
華やかではないけれど、荘厳さが際立つ。

平安時代建立の、金堂。
鎌倉時代の本堂。
日本一小さい五重塔。

それを取り囲む杉の大樹。

何やかやぜ~んぶで約700段の石段をのぼり伽藍をめぐる。

仏像が美しい。

一本の木から掘り出されたという十一面観音。
如意輪観音菩薩坐像の、はんなりした空気がなんとも言えず心に残りました。

木の持つ静謐な生命感にあこがれる。
木肌に触ると、涙が出そうになる。
何百年、何千年、静かに生き続けている強さ。

金堂の桧皮葺の屋根の勾配の美しさ。
息を呑みました。



この暖かさの中で、杉山へと入って行ったので
花粉症が急激に悪化。
くしゃみ連発中。
[PR]

by futu-is-best | 2007-02-22 10:31

トロンボーンお稽古

f0106355_1651756.jpg

天気がいいので、公園でトロンボーンのお稽古しました。
久しぶり。
やっぱり、大きな音で吹かなくちゃダメだね。
全然、感覚が違う。
外で吹くと、なんか、いい音になるような気がする。

その公園も、梅が満開。

f0106355_1651864.jpg



☆林英世☆
[PR]

by futu-is-best | 2007-02-20 16:51 | 日記

いい天気!

f0106355_16432779.jpg

梅が、満開。
今日はあまりにいい天気なので、
散歩にでました。

大阪城公園の梅園。
梅が満開。
可愛い花がいっぱいでした。

f0106355_16432791.jpg


梅の枝って、ものすごく力強く伸びるんだな。
上へ上へと。

ま、しだれ梅は下へ下へなんだけど、
垂れ下がってるんじゃなくて、下へグングン伸びてるって感じ。
力が漲ってた。

天六まで歩こうと思ったが、
寄り道してたので、時間切れ。
天五で断念。

☆林英世☆
[PR]

by futu-is-best | 2007-02-20 16:43 | 日記

ワークショップ始まるよ。

今日から、前8回で、ワークショップをやります。

俳優のためのベイシックレッスン。

頑張って、必ず、参加者の方に何か持って帰ってもらえるように。

「スウィーニー・トッド」を客席で見て、
やっぱり、舞台に立つほうがおもしろいと思った。
もっと、もっと、舞台に立ちたいと思うのだが、
現実は、一年に一回。
でも、考えようによっては講師とか、演出とか、ワークショップとかも、
ライブの舞台をやってるようなもんなのね。
だから、私はこうやって、楽しく毎日やってるのかも。

ライブのねたを、これからさらに練ります。
ま、あんまり考えても、参加者の顔を見ながらでないと、わかんないことが多いんだけど。
[PR]

by futu-is-best | 2007-02-19 14:11

なんて言うの、凄いね

観て来ました、「スウィーニー・トッド」
なんて言うの、凄いね。

ミュージカルって、人間のやることの中でも
かなり高度だなと思う。

生だからね。

生ものって、凄い。

訓練された人間の技って、感動する。
ドリちゃん、良かったです。

残念だったのは、ビィヤントのおばさんが来れなかったこと!
なんと、息子と孫がインフルエンザで、
看病せねばならないとの事。
あんなに楽しみにしてたのに。
で、ビィヤントつながりでドリちゃんのお友達と。
前から4列目の真ん中。
もう、堪能しました。

そのお友達は自分でもチケット取ってて、
急遽、お母さんを誘っての観劇。
お母さんは、楽屋前で顔を洗っている
ソニンちゃんに
「綺麗な声やねえ、映画も観たよ」
と友達のように声をかけていた。
可愛いおばあちゃんでした。
[PR]

by futu-is-best | 2007-02-16 23:36

見に行くぞ!

今日は、「スウィーニー・トッド」行きます!
楽しみでございます。

ビィヤントのおばさんと一緒に。

おっと、その前に成績表をつけなけりゃな。
嫌いな作業じゃが…
お仕事お仕事。
[PR]

by futu-is-best | 2007-02-16 10:06