<   2008年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

最後になるわけで。

明日が、最後です。

最後にして、動員記録更新中。

ありがとうございます。

なんでしょう。

八年間見続けたくれた方がいて、
最後と聞いて、久しぶりに会いに来てくれる人がいて、
たくさんの人と関わってきたのだなあと…

涙が出そうになるんです。

別に永遠の別れでもないのに、
手を握って、
「また、きっとね」なんていい交わすことが
人生に何度あるのかと思うと、
縁というものの暖かさを感じるんです。

縁が結ばれたら、それを良き縁にする。

良き縁をつないでくれた、西陣ファクトリーガーデンに感謝します。

同じ様なこと、毎日書いて。

でも、毎日書きたいほど、
毎日、感動してるし、感謝してるし、励まされてるし。

明日は、本当に挨拶で泣いてたりして。

さて、明日の打ち上げ用の「鳥のサッパリ煮」も準備できたし、
明日に備えて、おやすみなさい。
[PR]

by futu-is-best | 2008-05-31 23:53

アフタートークなんつうものをね。

ひとり語りも最後ということで、
今日はアフタートークなんつうものを、やってみたのでございます。
上方芸能の広瀬編集長(なんと、編集長になられたのですわ)に来ていただいて、
お話をね、してみたのね。

広瀬さんは、学生時代からの私お芝居を見てくださているという、
貴重にして、恥ずかしいお方。

30分ちょっとの時間でしたが、
自分の思っていることをお話させてもらいました。

ひとり語りで学んだこと、俳優として考えること、
演じることのおもしろさ、言葉と声の力の強さ。
作家という人種の凄さ、構造物としての小説。
おもしろさは尽きないのです。

つまりは人間のおもしろさだとも思うのですが。

自分でも感心するが、よく喋る。
というか、私は話すことで、自分を確認しているようなところがあり、
自分でも「ああ、そんなことを考えていたのだな」などと、感心することもありますよって、
なんとも、当てにならぬ話です。
ポロポロと、喋りました。
が、一旦口から出たものは、自分の中で真実なのだと確信できますので、
心して、現実にしていきたいと思います。

たくさんの方が来てくださり、
「毎年楽しみにしてましたのに」などといわれると、泣きそうになるのですが、
「生きる力が湧きました、頑張ってください」といわれると、
またしても心を引き締めて、有言実行を誓うのです。

アニメーター学院の第一期生が毎回来てくれるのだが、
今年は奥さんは聞きに来れず。
子供が生まれたので、赤ちゃん抱えては聞けないというのだ。
が、赤ちゃんを見せにわざわざ来てくれた。

可愛い!!
もう、可愛いじゃないよう。

8年もやっていると、その間に結婚して出産した人とかいっぱいいるのね。
それぞれにそれぞれの8年がある。
5期生も来てくれたけど、どうぞ、幸せでいてねと思う。
今を幸せにいようとする力は、人間力だと思う。
幸せでいよう!ね。
[PR]

by futu-is-best | 2008-05-31 00:29

どろどろのだらだらでございました。

ああ、もう、どろどろのだらだらでしたわ。

月曜日、火曜日と授業があって、
いかにしてもがんばらいかんので、頑張ったけれど、
しんどかったあ。

もう、体の芯が、下へ下へと引っ張られる感じ。
重力をバンバン感じる。
ズルズルと自分を引きずってる感じ。

まあ、いつも本番が終わった時はどろどろなわけだけれど、
今回は、特別にどろどろだらだらずるずるだったのだ。

歳かなあ。

ともかく、出来る限り寝た。

差し入れにいただいた「にんにく卵黄」をのんで、寝た。
寝るのが一番。
背骨を休めるのが一番!

今日はやっと戻ってきた。
明日から、また、全体力を使って頑張れそうだよ!
ウォ~!!!

最後の最後。
楽しまなければね。

そして、次へのスタートを切る。

多分、その前にどろどろのだらだらのずるずるになって、
3,4日寝たおすと思うけど。
[PR]

by futu-is-best | 2008-05-29 12:07

一週目終わり。

半分終わりました。
始まると、本当にあっという間。

あと五回。

あと五回で、終わる。終わる。

自分で決めて、自分で終わるんだけれど、
いざとなると、寂しい気がしたりする。
勝手なもんだ。

喜んでもらえるように、
最後が美しく悔いないものになるように、
今の自分を全部さらけ出して、
頑張ろう。

ひとり語りはほとんどが女性スタッフ。
今回は音響の堂岡さんもオペに来れないので、
オペも女の子。受付も女性。
昨日はひと段落で、ちょっと中打ち上げ。
女同士の会話が炸裂。
お聞かせできないのが残念だけれど、
盛り上がりました。
[PR]

by futu-is-best | 2008-05-26 10:41

ちょっと、泣いてます

ファイナルなんです。

西陣ファクトリーでやってきた、この「ひとり語り」

惜しんでいただけるという幸せを感じています。

惜しんでいただけるということ、
終わる時にしか味わえない感動かもしれない。

明日もまた、ひとり語りはあるし、
私は、まだまだこれを続けるし、
私はもっと、いろんなことをやっていくし、
でも、一つの形が失われるということを、
惜しんでいただける。

惜しみながら、送り出してくれる、
皆さんのお心に、言葉に、
ちょっと、泣いてます。

幸せな人間です。

ちゃんと、皆さんのお心に応えられるような私になるように。
頑張ります、だけでは足りなくて、言葉を捜しても、なかなか見つからないんですが、
結果を出したい。と、今、思っています。

M.O.P.もあと三回。
惜しんでいただける私たちであろうぜ!
[PR]

by futu-is-best | 2008-05-24 23:52

ヘロヘロじゃったのお~

夕べの書き込みは、へんな文章だな。

疲れた上に、ビール飲んで書いてるからな。

ヘロヘロじゃったんじゃのお。

夜11から、ラム肉炒めを食った。

スタミナというフレーズに負けて。
おかげで、今朝も元気だ。
今日も頑張るぞ!

行ってきますじゃ。
[PR]

by futu-is-best | 2008-05-24 09:20

初日、開きました。

初日、開きました。
ありがとうございます。

第一回目にやった、「二階」松本清張作。
白石加代子さんがやってた、そのままパクリ。

その第一回目を見てくれた友達がくれた、バラ。
f0106355_025855.jpg

どうです?この丸いバラ。
かわいいでしょ。

f0106355_025827.jpg

それが群れてると、もっと、可愛い!

今回、たくさんの人が、
「ひとり語り」を惜しんでくれる。
そして、私の決断を応援してくれる。
幸せな人だと思う、私は。

「寂しくなるけど、頑張ってください」と言ってくれる。

ありがたい。
ありがたいことです。

でも、ぶれてるよね、この写真。
携帯を替えてから、
高性能らしいが、写真とか、上手に撮れない。
しかも、高性能の1パーセントも使ってない。
なんか、腹立たしい。ふ~!


今日、制作の笠原さんは、ファクトリーのすぐ近所に出来た
町屋を改造したinnに宿泊。
二段ベットの相部屋だけれど、一泊2500円!
多分、一人だから、一人部屋になってると思う。
なんと、朝食におにぎりとお味噌汁がつく。

外国人むけに始めたばかりとか。
とても素敵です。

ファクトリーガーデンまで、徒歩1分。

しかし、私は二時間近くかけて帰って来た。
一人になる時間か必要なんだよな。

体はしんどいけれど。

ま、今回は、本当にダメになったら泊まれると思うだけで、安心。

最後まで、頑張ります。
☆林英世☆
[PR]

by futu-is-best | 2008-05-24 00:02 | 日記

いよいよです。

ハア、いよいよ、明日から「ひとり語り」が始まります。

本当になんて、時間の経つのは早いのか。

八回目ということは、
始めた時から八年目ということは、
八歳年取ったということか?

それ、凄くない?

体力の低下をやや、実感せざるをえないような、
気がする、ここ毎日の稽古の実態…

あは、あははは、疲れ方が違うみたい、な、気がする、のね。

一回目にやったとき
「二階」でしたけど、
もっと、力んでいたなあという自覚はある。
今回のほうが力抜けてるなあと思う。
のに、疲れる。
使う力が変わってるのかな?

とにかきう、力を使ってることには変わりない。はあ。

頑張ろう!
明日からは毎日、勝負だ、自分とのな。

克己。

この言葉をホワイトボードに書いて、一席ぶってしまった私としては、
負けるわけにゃあいかんのよ!

楽しむことですわね。

この緊張も、このプレッシャーも、楽しむ。
[PR]

by futu-is-best | 2008-05-22 23:27

究極の美術かも。

今回の美術は、シンプルだ。

シンプルに、西陣ファクトリーガーデンを見せます。

この場所があったから始まった「ひとり語り」
そのファイナルにふさわしい、
西陣ファクトリーガーデンそのものを美術に。

おもしろいな。

そんなことを発想してくれる、青木さんに感動。

もちろん美術だから、計算されたものである。
さて、その計算がどこなのか、わかるでしょうか?
いやわからないからおしゃれなのであって、
上品なのだ。

上品って、大事だよね。

女性の品格という本が流行ったけど、
あの著者、どうも上品とは思えなかったけどね。

品って、なにか、って難しいけど、
それは、言葉で区切れない何かで、
外付け出来るものじゃないと思うな。

さて、今回の美術。
どう受けとられるのだろう。楽しみだな。

イマジネーション。

照明さんも、稽古見ながら、セットの中に立って、
イマジネーションを働かせている。

外と自分がつながる時、イマジネーションは働くのだ。

自分だけじゃダメ。
外側だけでもダメ。

そう思うのだな。
[PR]

by futu-is-best | 2008-05-20 23:22

土曜はダメよ

ありがたいことに、新聞のおかげか、ファイナルのせいか、
ひとり語りの予約をたくさんいただいてます。
ありがとうございます!

しかし、毎年のことではあるんですが、偏りがあって、
どうしても、土曜日の昼が多くなります。
夜はそうでもないんですがね。

24日の昼は満席になってしまいました。
金曜の夜、日曜日はまだまだ余裕あります。

出来れば、金曜日の夜か、日曜日にお越しください。

何しろ、小さい会場なのですみません。
[PR]

by futu-is-best | 2008-05-19 09:39