<   2008年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

飛んでけ~、飛行機!

卒業公演の稽古中です。

「見よ、飛行機の高く飛べるを」
永井愛さんの、名作です。

すっごくいい本で、
読めば読むほど、心憎い細やかで、味わい深い作品だ。

しかし、3時間の授業時間で、なれないストレートプレイを作っていくのは簡単なことじゃない。

「普通のこと」
感じて、考えて、見て聞いて、心動かし、体動かし、しゃべる。
日ごろ、全部一度にやってるはずなのに、
芝居になると、何でこんなにできないの!
不自由、不自由、不自由なのね。

ま、だからこそ俳優の訓練がいるのでしょうが。

わかってる、稽古の進み度合いは早すぎる。
もっと、丁寧に作っていってくださいよ!と言いたいだろう。
が、しかし、超人的な飲み込みで進んでもらわないと、間に合わない!

ともかくも、大きな流れを作ってしまいたいのです。

お~い、ついて来いよ~、みんな!
もっと、もっと高いところを目指すのだ。

飛んでけ~!
飛んでくぞ~!
羽ばたけ、みんな!

いい芝居にしたい。
卒業公演が今までの人生の最高峰になるようにね。
[PR]

by futu-is-best | 2008-11-28 17:38

パーティー

夏にやったお仕事の、完成記念パーティーがありました。

「生きる!!中村久子物語」


両手両足の無い、実在の方の人生を描いたDVDです。

ものすごくタイトなスケジュールで、
こんなん、無理やろ!と思ってました。正直。

しかし、実際に二日間の撮影で、作り上げてしまいました。
もちろん、準備と編集のご苦労は、もっともっと時間がかかってますが。

半日の撮影と、半日のナレーション録りだけの私は、
ほとんど不眠不休のスタッフさんに敬意を払いながら、
やることやるだけなんですが。

この人が、すごい人で、
ヘレン・ケラーに「私よりすごい人」と言わしめた人。

人間の可能性を信じたくなる話です。


ありがとうございました。
みんなが、この作品にかかわれて、良かったと思った作品。

もっと、もっと、広がって行きますよう。
私の体を離れた、「中村久子」さんが、歩いていきます。
[PR]

by futu-is-best | 2008-11-25 22:42

あまりに早く時間が過ぎていく…

早い、日が過ぎるのが早い。
年なのか?

あっという間に一週間が過ぎている。

何も積みあがらぬままに。

ああ、流れていく私よ、どこを目指しているのだ。
もともと、目指す場所などあったのか?

何かを目指して進んだことなどあったのか?

流れてきたんだよなあ…私。
流れることしかできないんだよなあ、私。
すんません。何者にもなれなくて。

でも、不幸ではないんだよねえ。
結構、幸せなんだけどねえ。

自分勝手か?

東京へ行こうと決めたけど、
何も考えてなくて、
気持ちがそっちへ流れたから行くという、この成長してない行動パターンが
この先何を生み出すのか、
心配してくれる人の言葉に
自分の考えの無さ加減を思い知る。

変わらなきゃ…か。

低きに流れる水。

でも、澱む水にはならないよう、やがて蒸気となり雨となり、何かの役に立てるよう。

そんな水でありたいなあと、やっぱり希望的目標しか浮かばない私なのだった。
[PR]

by futu-is-best | 2008-11-23 11:23

底冷えに耐えながら、「なつざんしょ」

南河内万歳一座「なつざんしょ」を見た。

おもしろかったあ。
久しぶりに「ああ河内見たあ」って感じ。

とても、懐かしいような、
かえって新しいような。

先日ひょんなところで、「ダムタイプ」のダンサーの方とお話することがあって、
懐かしい、京都時代の話なんかして、噛み締めちゃったんだけど、時間を。

夕べも、タイムスリップするような懐かしさと甘酸っぱさとで胸がいっぱいになった。

かつて、扇町ミュージアムスクエア味わった時間を思い出していた。

この秋一番の冷え込みのウルトラマーケットは底冷えし、
一人一人に配られた、厚手の毛布と貼るカイロがありがたい。
その毛布を足に巻きつけて、底冷えに耐えながら、
「一度きりの夏」を見る。

あと何回、夏は来るのだろうか?

そのせりふにシミジミする、お年頃の自分であった。
[PR]

by futu-is-best | 2008-11-20 10:31

寒い、冷たい。

パソコンは、なんとかなってるみたいです。

メールアドレスはまだまだ、修復作業にも取り掛かっておりません。
あけるたびに、なんか、不都合が起こるみたいな気がして、
パソコン離れを起こしてました。

わからなきゃならないのだろうと、思うのだが、
わからん、わかりたいという欲求が起こらん。
わかったほうがいいに違いないと、理屈はわかるが、
わかりたいという欲望、パッションはわかないのだ。

だから、わからないまま、こわごわお付き合いしている。

そして、わからなくてもいい!と開き直りそうなのだ。
だって、パソコンは私のことをわかってくれないもん!

私は、もっと、懐の深い、融通の利くほうが好き!
言わなくても、察してくれて、
私も察してあげて、
お互いの間に、心地よい空間を互いに歩み寄って作れるような関係がいいのだ!

パソコンめ…

100パーセントこっちから歩み寄るなんて…
悔しい…

ああ、でもでもでも、
大切な情報を便利に処理してくれる大事なやつだからなあ。

ぼちぼち、復活作業をやりながら、
また、仲良しになっていきたいとは、思います、が、
私たち、永遠に分かり合えないとは思うわ。


しかし、寒い。
いきなり、ものすごく
寒いですね。

インフルエンザの予防接種は受けましたか?
私は先日済ませましたよ。
赤くなって、痒かった。

卒業公演の稽古もこれからはたち稽古になり、
授業時間の3時間、フル活動になる。

風邪などひいておられません!
よく寝て、よく食べて、よく笑って、免疫力をキープしなくちゃ!

それにしても、寒い。
[PR]

by futu-is-best | 2008-11-19 14:05

お久しぶりでございます。

なんとか、復帰しました。

まだまだ、傷は深いですが…

再インストール!

ああ、なんて無情な響きでしょう。
私のように記録と記憶を持たないものにとって…

バックアップ!

ああ、なんてむなしい響きでしょう。
私のように過去を忘れ去るものにとって…

まあ、なんとか、メールも、インターネットもなんとかできるようにはなりました。

しかし、メールアドレス帳は白紙です。
住所録も、一年前くらいのものに戻りました。
気長にできる限りの復帰活動をやっていきますわ。

ああ、自転車は戻ってきました。
ていうか、取りに行きました。

鶴見区安田保管所というところまで。
帰りは40分のサイクリングでしたが、
本当に天気のよい小春日和だったので、なかなかいい感じでした。

ご心配おかけしました!

今後とも、パソコンとさらに分かり合えるよう努力していきます。
[PR]

by futu-is-best | 2008-11-16 12:37

踏んだり蹴ったり

駄目パソコンと向き合う時間がない!

大野さん、お気遣いありがとうございます。
なんとか頑張ってみますが、ハード面に異常があるやもしれません。

とにかく、面倒ではあります。
悲しい…

しかも、今日、自転車が撤去されたことが判明しました。

この間、芝居観たとき、置いてって、結局午前様になり、置いてきぼりにしたからなあ。

踏んだり蹴ったりなのだわ。
[PR]

by futu-is-best | 2008-11-10 21:39

パソコンが…

パソコンが、だめになった。
て、いうかウィンドウズが起動しなくなった。
あちゃちゃな事である。
よってしばらくは、更新が減ると思います。
再インストールだ。
全部ちゃらだ。

ひぇ~なのだ。
[PR]

by futu-is-best | 2008-11-08 15:41

秋晴れ

今日も晴れたね。

暖かかった。

ていうか、日が当たると、背中が暑かったもんね。

初の黒人アメリカ大統領が誕生。

トロンボーンは、まだ復調せず。

紅葉はまだ進行せず。

日はまた一日、過ぎる。

人生はまた、一日進み、私は昨日と変わった気がしないけれども、
確実に一日、進む。

ドフトエフスキー「地下室の手記」を読んでいるが、遅々として進まない。

隣でおしゃべりしている人がいると、もう、頭に入らない。

ドフトエフスキー、ややこしねん!

でも、なんか、おもろいからしばらく頑張ってお付き合いしたいと思います。


ま、そんな、今日でした。
[PR]

by futu-is-best | 2008-11-05 22:40

狭い、狭い

昨日は、「レナ」のママを偲ぶ会。
毎年恒例の「コスモス会」でした。

もう、一年たったのだなあ。

13回忌をやったと思ったら、もう、一年過ぎたのです。
早いです。

時はとめどなく流れていく。

それぞれがそれぞれの時間を過ごし、一年分歳をとった。

このコスモス会にはママの同級生であり、親衛隊のミックのマスターが定例参加です。
ミック。
知る人ぞ知る、京都百万遍のバー。
そして、知る人ぞ知る「木屋町ミック」のママも。

ミックとレナ。

知る人ぞ知る(もうええって!)京都学生の穴場。
そのミックは、百万遍ミックは、
なんと、今年50周年を迎えたそうだ。
一件のバーが50年。

凄くないですかこれ?

マスターは50年、百万遍で、独自空間を維持しつつ、
私たちのようなハンパ同志社大学生を含む、主に京大生の変遷を見守ってきたのです。

そして、いつも応援団長なのです。

静かな、静かな応援団長。

にこやかに、にこやかに見守ってくれたのです。

しかし、凄い!50周年。
マスター、もっともっと頑張ってね!

また、新しいカクテルを考えてるって言ってた。
楽しみだね。

マスターはあの、ベラミにいたんですよ。

って、ベラミって知ってる?
京都の有名なキャバレーね。
田岡組長が狙撃されたとこだっけか?

そんな話題で、盛り上がった「コスモス会」のあと、
京都のお友達のところへお邪魔!

おいしいちゃんこ鍋をいただき!

きのこ類はごま油で一度炒めて、鍋に入れるという懲りよう。
これは、ピーターがテレビで薦めていたそうですが、おいしかったですよ!

そこで、彼女の先輩と後輩も一緒。

いろんな話を聞かせてもらいました。

もう、凄くいろいろなお話を聞きましたよ。

私なんかの経験なんて、狭い狭いと思い知りました。

素晴らしい先輩、友達、後輩を持つって素敵なことですね。
自分ひとりのことなんてほんまに小さい、狭い範囲のことですもんね。
でも、自分の経験以外はできない訳で、
人様の考えや経験をお聞きすることはほんまに大事やなあと思いました。

自分は何かをわかったかもしれないが、
いつも何もわかってないのだということを忘れてはいけないなあと思います。

ちょっと、頑張った自分を認めてあげて、
まだまだ知らない自分を思い出し、
知らず知らず、傲慢になっているやも知れぬ私を発見していかねばと思いました。

知らないことばかり。

盛りだくさんなメニューの日でした。
[PR]

by futu-is-best | 2008-11-04 22:49