<   2009年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

雨ふり

雨が続きますねえ。

毎日、何やかやと用事を片付けておりますが、
なんか、落ち着かないですねえ。

春だから?

春は心がそぞろになるのでしょうか。

人生って、本当に先が見えないものですねえ。

モックンも言ってましたが。

先が見えないからおもしろいし、希望も持てる。
でも、希望を支えるのは、前進するという覚悟と勇気。

若造のような言葉を繰り返す私です。
[PR]

by futu-is-best | 2009-02-25 10:43

たよりない日々

学校の授業がなくなって、
あれこれと、片付けなくてはならないことがあって、
私としては、脅威の決断力と、実行力で前に進んでいるのだけれど、

しかし、なんとなしに、たよりない日々なのである。

つくづく、貧乏性だと思う。

なんか、怖いんだね。
自分の事だけやってることが…

だからといって、会社勤めとかできないくせに…

ていうか、もう、いまさら一考する余地も無いがな。

トロンボーンがどうも、お預かり処置になりそうだ。
メンテナンス相談会くらいでは済まないと、早々と宣言された。
見るまでもなく、お預かりしなくてなりません、と。

次のレッスンまでに返ってくるよう祈る。

せっかく、なんとなく曲らしいものを許されたのに。
あと、二回くらいしかレッスンいけないのに!

お願いします。
明日、わがトロンボーンはドック入りです。
[PR]

by futu-is-best | 2009-02-23 21:03

ひとり語り @無国籍料理Aggi

ぎりぎりまで粘りますねえ。

この期に及んで、もう一回ひとり語りやっちゃうという、
いつまでおるねん!と、涙で送ってくれた方々があきれるんちゃうやろか?

しかし、やります。

3月20日(金・祝)
無国籍料理Aggi(大阪市北区大淀南1-2-5 06-6453-4558)
昼の部 14時/2500円 (ケーキとドリンク付)  チェーホフ「犬を連れた奥さん」
夜の部 19時/3000円(1フードとドリンク付)   坂口安吾「桜の森の満開の下」

開演前か終演後、どちらかでお食事をお楽しみいただけます。

ご予約はla boum moment ホームページ 

メール mail@la-boum-moment.net

あるいは、TEL&FAX06-6647-8243(さかはら)

お名前、お電話番号、来場人数、昼夜、どちらの部をご覧になるかとお知らせください。

大阪のビル街の中にある、古い建物で、
オリジナリティあふれるお料理と一緒に、
ワイワイと物語を楽しんでもらいたいと思います。

場所がわかりにくい場合は遠慮なくお問い合わせください!!

3月2日から、予約開始です。
是非是非、聞きに来てください。
どちらも大好きな作品です。
愛情こめて、やらせてもらいま~す!
[PR]

by futu-is-best | 2009-02-22 14:22

ふぬけてる暇は無い

なんか、言い足りなかったこと、
うまく伝えきれてないこと、
もっと、もっと、あったんじゃないかと、
夢の中で、ぐるぐる反省会。

朝起きると、なんか、やっぱり寂しくて、ふぬけた感じ。

ああ、ふぬけていたい…

しかし、ふぬけてる暇はないのだ。

成績表を提出し、
次の職探しのための己の資料を作成し、
マンション管理会社へ手続きし、
引越しのことも考え、
確定申告もしなあかんし、
三月にやる大阪在住最後のひとり語りの準備もしなあかんし、
トロンボーンの稽古もしなあかんし、

なにより、掃除しなきゃあかん!

掃除しなあかんやろう!きみ、きみ。
もう、見てみぬふりも限界やあ!

と、逃避してないで、掃除しましょう。
[PR]

by futu-is-best | 2009-02-19 09:54

涙と笑いの渦まきです

今日は、お片づけ。

みんな、さっぱりした顔してたなあ。

今回も、私は本当に感動しました。
最後のばらしにしても、掃除にしても、
私が、リードはしたものの、劇場さんへも胸がはれるくらい、
よくできたなあと思います。

とても、嬉しい事です。

恒例の感想シェア会は、
差し入れの缶コーヒーとお菓子が、丸く並べられたパイプいすに配られ
真ん中に、差し入れのドーナツを置いて、
まるで、町内会の寄り合いみたいに始まりました。

なのに、もう、いきなりスイッチオンです。

涙、涙、涙。

オープンハーテッド状態なんですね。
心が解放されていて、お互いの言葉も思いも直接心に働いちゃうんだな。

涙流しながら、大笑いして、大笑いしながら、涙流して…渦巻きグルグル
いとおしい空間、時間。

大好きだ、この人たちが…と思います。

以前のように、小さくなってポケットに入って付いていきたいとは、思わなかった。
もう、心配ないからね。
ちゃんと、これからは大人同士として長く付き合って行きたいなと思う。

今回の公演には、卒業生がたくさん来てくれた。
つまり、長い付き合いになった子たちだ。
元気な顔を見て、笑いあえば、もうそれだけで本当に心がやわらかくなる。

今も、これからも、こうやって付き合いが細々とでも続いていくことが願い。

ネットワークをどんどん広げて、みんなで幸福になりたいな。
ねえ、そう思わないかい、わが友たちよ!
[PR]

by futu-is-best | 2009-02-18 15:15

お花、私への

f0106355_1261373.jpg


いただきました、卒業公演終!生徒のみんなからのお花です。

美しいでしょう。

一生懸命に選んでくれたのだろう、お花です。
だのに、私は、劇場周辺の一般家庭との気配りと、明日への気配りで、
「わあ!ありがとう。で、卒業式にはなにくれんの?」と、
あっさり受け取るだけで、済ましちまったんですな。

本当に、いかんと事だと思います。

あした、十二分にお礼言おう!

私がお礼を言いたい人たちです。
私のカメラの、不都合で、縦横雑多になっておりますが、
これが、私の愛情がグルグルの人たちです。

f0106355_1261351.jpg

f0106355_126134.jpg


☆林英世☆
[PR]

by futu-is-best | 2009-02-18 01:26 | 日記

歪んだ、歪めたあ!

どうも、トロンボーンが歪んだ。

チューニングの管の動きが、途中で止まる。


この間、倒した。
床に。

いつも、手入れするときには慎重にやってたのに、
ひょっと、別のこと考えた瞬間、
バッターンと倒れた。

卒業公演のことがふと、頭をよぎったんだよなあ。
疲れてもいたしなあ。

悲しすぎる、馬鹿すぎる。

悔やんでも、もう遅い。

ちょうど月末にヤマハのメンテナンス会があるので、早速申し込む。

数日前までは、関係ないと思ってたのに。

不幸中の幸い。
私の失敗を見越したかのようなタイミングである。
ありがとう。しかも無料…

はあ、しかし、集中力がいまいちと思うときには、
やっぱりなんかやっちゃうもんだ。
[PR]

by futu-is-best | 2009-02-14 10:27

もう、あと少し。

毎日、引越しと、卒業公演と、その前にやるべきこととが頭の中をくるくる、くるくる。

卒業公演は、もう、すぐ。
明日は、全休。

彼らの疲労もピーク。

とにかく、少し休ませねば。

稽古場は奇跡の起こる場所。
人生初の出来事が起こる。

頭なんか、どこかに行ってしまって、
体と心が、ぐらぐら揺れて、涙があふれて…

どこでスイッチが入るのか、
人間の感覚って不思議だよね。

今日も、稽古場は涙の嵐。

初めての心の動きにぐらぐら揺れてる。

でも、ただ泣きゃいいってもんじゃない。
そんなに、泣くと、役柄ではなくなる。

そんなことはわかっている。
でも泣いてしまう。
涙が出て、鼻水が出て、
せりふが言えなくなって…

その心の大きな揺れを、泣きではなく、言葉の力にしよう。

でもねえ、その本当の心の動きを知ってしまったあなたたちは、
すばらしい表現者になるよ。

すばらしい大人になる。

演出席で、やっぱり泣く。
芝居がいいからねえ。
泣けるんじゃ!

今年もまた泣いている。

今日、トロンボーンのレッスンに行った。

大阪ドームでの公演は、至極上出来だったそうだ。
とても、評判が良かったって。

先生と、先生話をして、レッスン時間を消費する。

先生としての喜びと寂しさと。

育てるって、手放すって事だと思っているのだが、
実際に手から離れていくときは、ある日突然にやってくる。
ああ、手が離れたんだとわかる瞬間が、ある日突然に。
そして、ハッとする。
その寂しさに。
そして、同時に嬉しさに。
ねえ、と二人でうなずく。

「泣くなよ~、ひでよちゃん」と先生。
泣くわ、普通に、きっと。

こんなことばっかり、書いてるね、最近。

そんなことばっかりで、日々が過ぎてるってことだな。

ひとつ今年かわからない頭だからな。

(ひとつ事しかわからない頭と書きたかったんです。)

愛情がぐるぐるぐるぐるなんですよ。
[PR]

by futu-is-best | 2009-02-13 22:28

あの季節がきましたねえ

きましたねえ、とうとう。

そう、花粉。

昨日、今日と鼻に違和感。

なんとなく、イガイガ。

くしゃみがでる。

明日は、むっちゃ暖かくなるらしいなあ。

グッと、花粉がきそうですな。

困ったもんですね。
[PR]

by futu-is-best | 2009-02-12 23:46

幸福であること

幸福でありさえすればいいと思っている。

どんなに苦しくても、幸福はある。

私は、今まで、とても悲しくて、とても苦しくて、とてつもなく恥ずかしくても、
不幸だと思ったことが無かった。

幸福でないとは思っても、
不幸ではなかったのだ。

今思えば、どんなに悲しかったことも、苦しかったことも、恥ずかしかったことも、
幸福の種になっているように思う。

ま、その種を二度と手にしたくないけどね。

二度と手にしたくないと思っている、
今、そう思ってられること…それが、幸せなのかもね。

今日は休日稽古です。
授業ではないので、主体は彼らです。
彼らが片付けたいことを優先します。

小道具班と、メイクと、衣装着付けと、パンフレッ班がなにやらやってます。

わざわざ、休みの日に学校に来て、
なんかのんびりした時間を過ごしています。
もっと、効率的にやれよ!と思ったりしますが、
そこにいる、みんなといることが楽しそうな彼らの顔を見ていると、
そこ、ここで起こる、笑い声や、軽口に幸福を感じます。

今、私は幸福な空間にいる。

幸福な空間に、確かにいる。

その幸福な空間は、変化し、霧消していくのですが、
そのことを思えば、より、感慨が深く。

そこに感慨を深くしているところが、
う~ん、歳か?

しかし、確実に幸福である時間を過ごしている私は、確実に幸福な者なのです。

この先も、彼らの一人一人が、幸福であってほしい。

何もしてあげられないけど、そう思う。

え~っと、何もしてあげられないから、そう思うのかなあ?
[PR]

by futu-is-best | 2009-02-11 23:54