<   2009年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

京都弁をね…

京都弁をね、しゃべらなあかんのです。

私は、大阪の泉州出身。

実は、泉州弁も使わなくなって久しく、
京都には長くいたけれど、
芝居は標準語でやってて、
純粋な京都弁はしゃべれるわけもなく、
大阪弁と、京都弁と、泉州と、
ごちゃ混ぜ関西弁なんですな。


「夢のひと」の時は、大阪弁ができずにふっこさん(わかぎえふさん)にしごかれた。

今回は京都弁ができずに四苦八苦。

祇園言葉の指導をしてくれる方を探して、教えてもらう手はずに。

いやあ、このたびのお芝居は、
何人かが、方言で苦労している。
方言は難しいです。

方言だけでなく、苦労している人もいる。

その国の言葉は、そのお国柄も示す。
方言も、その地方の人柄や、地域性や、自然のあり方や
いろんものを写しているわけで、
そういう風にしゃべる人とはどんな人かも、
芝居にとっては大事なファクター。
おろそかにはできません。

がんばるわ。
[PR]

by futu-is-best | 2009-06-29 20:26

物探しは大変。

今回、お休みのガマッシュと、塩湯に変わって、
マー君統括の元、スケジュール管理とか、稽古の予定の相談とか、
物集めの段取りとかを担当しています。

かっぺいと、私とがマー君助手的役割です。
三人とも、さそり座です。

ちなみにガマッシュもさそり座です。

なにか、あるのでしょうか?

ま、それはいいとして、
今回、例の、恒例の「芝居とは全く関係なく一曲演奏するコーナー」で必要な
マーチングバンド用の吊りベルとなるものを探している。

これが、無い。

あっても、今は無い。

いわゆる取り寄せですわ。
しかし、こちらは時間の制限があるのですね。
稽古できるように欲しいわけで、
いつでもええねん!入ったらゆうてやあ。
というわけにはいかないのです。

となると、物を探すってのは大変ですね。
なんか、いつか見たドラマ、
深津恵理と堤真一さんのドラマで、
広告に使う植物の種を花屋を回って探しているシーンが脳裏に浮かんできます。

ああ、私は深津恵理。

と思いながら、電話してみてます。

そんな合間に、これ書いてます。

仕事せえちゅうねん!
[PR]

by futu-is-best | 2009-06-27 11:46

大きな口をたたいてみたものの

オッカー王子とペアで、
頼ったり、相談したり、やっていくぜい!
と、

大きな口をたたいてみたものの

実際には、なかなか、一緒に稽古できない…

オッカー王子は、合わせましょうかといってくれるのだが、
なんか、照れるよな。

うまく吹けないし…
馬鹿にされたらどうしよう…
なんか、息を合わせてとか、二人でやるわけえ…
ええええ、困るう…

みたいな。

まるで、恋する乙女のような恥じらいが…

って、

んな訳はないが、
しかし、ま、なかなかに人見知りの私なのだ。

稽古じゃん!
やりゃいいじゃん!
と人には言うだろう。

絶対言う。

だが、しかし、自分では結構できなかったりする。
みな、すまん。(えっ?だれに?)

しかしぃ、王子はぁ、
どうしてそんなにぃ、まっすぐぅ、
「合わせてみましょうか」
とかぁ、言えるわけぇ?

くどい。

やったよ、一回はやった。
でも、結局、ひとり稽古になっちゃうのな。

オッカー王子、最後はトランペットの永滝と合わせてはったわ。

トランペットも、サックスも、ドラムも
同じ稽古場にそろっても、なんだかんだで、
ひとりずつ稽古してる。

なんかなあ、まず、ひとりでやれることやっときたいやんなあ。

オッカー王子、結構できはんねんもん。
気後れするわ…

だから、早めに稽古場はいって、ひとり特訓や!

唇が真っ赤に焼ききれても、吹くんだ!
筋肉痛なんかに怯んでいる暇などない!
筋肉は痛いと思ってからが太くなるんだぞ!

体育会系音楽です。

それはよいとして、
なんか、大阪の売れ行きがかつてないほど良い!
嬉しい悲鳴!

ああ、こんな最後で。

いや、最後だから?

どっちでもええ!夢なら醒めないで、本番まで続いておくれ!
[PR]

by futu-is-best | 2009-06-25 22:12

賛否両論ありましょうが

ここ数年、恒例になっている最後の「無意味に一曲演奏するコーナー」、
賛否両論ございましょうが、

今年もやりますよ。

私はやっぱり、トロンボーン担当です。
ま、コンバートされても困るが。
ほかに何もできないし、
せっかく、4年越しで、なんとか、ちょっとは前進したのだから。

といっても、東京へ来てからというもの、
とんと、稽古をしていない。
場所は見つけた。
知り合いの助言ももらい、
モボにも心配してもらって、
場所は見つけたのだけれども、

何かと、ばたばたしていると、
そこまで出かけて、トロンボーンを稽古する余裕がない。
と、そのうち、ズボラ虫が出てきて、とんと、吹かなんだ。

最近楽曲をやってくれている川崎先生は、
心優しくまた厳しいすんばらしい先生で、
「凄くやる気があったから」
と、とても素晴らしいトロンボーンパートをくださった。

やる気はあった、去年ね。
やるからには、「ブー、ブー」だけでは嫌だと思った、去年ね。

しかし、これは、難しいじゃろ。
ていうか、出ない、この高音は出ない。
出たとしても、もたない。
三分ちょっとはもたないって。

ま、それでも、楽譜を書き換えてがんばる!

そう、今年はとても力強いパートナーがいるし!

な、なんと岡田王子と、ペアトロンボーンなのよ!

ごめんねええ、オッカーファンの皆様。
励ましてもらったり、
弱音を吐いたり、
そんなことや、あんなことをしながら、
二人でがんばるわ。

ほんと、フェミニストよねえ、王子。

「全然できないですよ」とか言いながら、結構やるし。

心の支えとして、今年も無理やり吹ききるのよ!
[PR]

by futu-is-best | 2009-06-24 23:46

夕暮れの高円寺

好調に台本があがって来る!
マキノさん、がんばってるう。

おくちゃんの美術プランは相変わらず、美しく、時代の空気を濃厚に湛えたものになっている。

髪型やら、着物の着方やら、時代の資料を見ながら、
ここに衣装が入り、照明が入ったら、どんなに美しい空間になることかと、どきどきする。

芝居のほうも、一人一人の個性が際立って、
時間と空間を俳優たちが自在に作り出すようになって、
言葉が生きたものとして、時間を進めていくようになれば、
もう、すっげえ、カッチョイイことになるじゃんかあ!

と、想像するだけで、ドキドキするわけで。

ま、今はまだ想像の範囲なのだが。

しかし、想像できないものは実現できないが、
想像できることは実現する、可能性が、ある、ということなので、
これはほぼ、実現するに違いないのである、はず。

ひとえに、これからの俳優たちの想像力にかかっているということか。

おう、書いてるだけで、ドキドキしてきた。

大丈夫か。

で、昨日はちょっと、早めに稽古を始めたので、
ちょっと早めに稽古を取って、
それぞれにまた、それぞれのスタッフワークなどに散っていったのだが、

杉並区民の若干名が、高円寺の一角で、
おうちに帰る前のひと時を楽しんだのだった。

マキノさんと、どりちゃんと、おくちんと、私。

ご近所さんだよ、私も。

「楽しいねえ、楽しいねえ。M.O.P.の稽古場は楽しいねえ」

と、やわらかく微笑みながら、繰り返すおくちん。
そんなによそは楽しくないのか?

ま、身内だからね。うちら。
親戚一同それってのいつもの行事って感じだからね。
気心知れてるからね。

この芝居がいかに美しくなるかについて、
マッコリと焼き鳥で、熱く語る夕暮れでした。

湿度は高いけど、熱くも寒くもない緩やかな風に当たりながら、
楽しく、美しい芝居への思いをはせたと、
いうことですわ。

そんなこんなで、楽しいねえ。
[PR]

by futu-is-best | 2009-06-23 10:43

好きな小説って何ですか

私、小説を読むという、「ひとり語り」なる企画をやっておりますが、
どの小説を読むかを決めるのが、結構大変なんですな。

おもしろい、小説は、山のようにあるし、
人によって、おもしろい小説は違うし、それは当たり前やし、
でも、なんか、個人的にではなく、おもしろい小説もあるような気がするし。

私にとって、小説のおもしろさって何だろう?

皆さんは好きな小説ありますか?

作家?

あまりに沢山あるから、とても全部読めはしないですよね。
ま、縁というのかな。

出会って、おもしろくて、結局一生付き合ってしまったなんて小説があったら、幸せだね。

結構、好みが偏っているやもしれん。

何だろう?

私の心に響くもの。

ひとり語りは、お客様のことも考える。

文学作品だから、この苦行にも意味があるのだ!とか思われたくない。
私も冒険、お客様も新体験!というものを選びたい。
ここが、結構肝。
私も何が出るかはっきりわからない。
でも、選ぶ。
自分の心に働くものを。

川上弘美。
まだまだ、深いぜ。

太宰治。
芥川龍之介。
そして、藤沢周平。

挑みたい。

あと、泉鏡花ね。

本当に手ごわい相手は、
自分とか、時間とか、時代とかと戦っている人たちです。

今回の、M.O.P.も時代と戦っている人たち。

そんなこと、意識しないでも、
実際、濃い時代に生きた人は、濃い。

その濃さに負けない存在として舞台に立ちたい。
[PR]

by futu-is-best | 2009-06-20 00:22

ひだりがわ注意

いつも、左の肩がこる。

肩というか、筋っていうか、
こりこり音がするくらいこる。

りんごの芯をくりぬく道具で、くりっとポイントのみくりぬきたい感じ。

歯も左が弱い。

左上腕内側に、動脈が浮き出て、ドクドク動く。

DMつくりに、一日、椅子に座ってパソコンとにらめっこしてた日、
夜、左の足がなんだか痺れたみたいになって、
気持ち悪かった。

痛いとも違う、痒いとも違う。

どうも、ひだりがわ注意なのだ。

でも、マッサージとか、整体とか行かない。
なんか、怖くて、いけない。

自力で回復lしようと、ぐるぐる回して、ゴリゴリ押してみる。

わたしのひだりがわ、どうぞ、ゆっくり休んでくださいな。
[PR]

by futu-is-best | 2009-06-19 14:48

DMつくり

本日は、別班のパンフレット撮影で、
私は、お休みいただきましたので、
一挙にDMつくりをいたしました。

封筒、タックシール、コピー用紙、インク、文面はすでに用意してある。
もう、一挙にガーっとやっちまうでえ!

と、こんな書き方したら、受け取るほうががっくりですかね。

ごめんなさい。

文面とかはいろいろ考えて、皆さんへのご挨拶と思ってだすんですが、
いかんせん、作業自体は大量かつ単調なものですので…

ところが、もう!

チラシがないじゃん!

制作に送ってもらった百枚は
すでに半分になっている。

全然足りない!

はああ、計画はもろくも崩れる、っていうか元々、計画自体がなっとらんじゃないか!

いっつもこうなんだよなあ。
計画lしたつもりが、全然計画できてないのなあ。

なにかがいつも足りないのよ。

ま、しょうがないので、やれるところまでやって、
チラシは明日ゲットすることに。

ほかにやりようないもんな。


この単調な作業さえ楽しいね。

封をするたび
絶対、おもしろくしなくちゃな、と思うしね。

がんばろう。
楽しもう。
絶対、おもしろいよお。

見逃すなよ!みんな!
[PR]

by futu-is-best | 2009-06-18 00:12

ブレブレ写真、撮ったのはかっぺい。

f0106355_18461465.jpg


いやあ、始まりましたよ。
昨日は、顔合わせのあと、飲みに行って、
最後の最後まで居残り組みで、飲んだ飲んだ
マキノさん、どりちゃん、有起哉君、たけ、私。

なんか、やぱりご機嫌になっちゃうね。

みんなと芝居の話をしている時が一番楽しいね。

絶対おもしろくなると思う。
いや、おもしろくする!

でもって、今日はパンフレットの写真撮影。
これも大事な仕事です。

エンジェルアイズから、ずっとM.O.P.の写真を撮ってくれているケンケンが、今年も撮ってくれます。

場所は井の頭公園。

心配してたお天気も、撮影中はなんとかもって、
ちょっと、焼き鳥を、食して帰ろうかということで、
有名な焼き鳥やさんへ。

明日も、客演の皆さんや、マキノさん、どりちゃんらの撮影があります。

私は、ダイレクトメールを仕上げるつもり。

久々の着物芝居になりそうですよ!
楽しみにね。
☆林英世☆
[PR]

by futu-is-best | 2009-06-16 18:46 | 日記

すっきりさせよう。

ちょっと、へこんでたんですが、
大丈夫、すっきりしました。

結局、自分に嘘はつけないですね。

やりたいことがある幸せを、大事にしなくちゃいけません。

すっきりさせよう。

シンプルな自分は、
シンプルにしか行動できないので、
シンプルに考えて、
シンプルに組み立てる。

これが私にとって、一番いいことなんだと改めて思う。

どこかの誰かがやってることが
私はどうしてできないのだろうと考えてもしょうがない。

私は私のできることをシンプルにやるしかないのですわ。

すっきりさせよう。

月曜日から、いよいよ稽古も始まります。

本質を見極めて、
シンプルに挑みましょう。

いい芝居を作る。
自信を持って、お届けできる舞台を作る。

そのために、シンプルに行動する。

それだけ。
[PR]

by futu-is-best | 2009-06-13 10:50