<   2010年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

上海大冒険!

青年座の若者たちが、「上海大冒険1862」をやったのだ。

自分たちのやった芝居を、全く違うキャストがやる。
しかも、「HAPPY MAN]ですよ。

おもしろいねえ。

私も、卒業公演で演出したことがあって、
でも、私の中には、消しても消えない「マキノテイスト・上海」が刷り込まれていて、
そこから逃げようもないし、そのテイストをできる限り再現することが、生徒のためでもあると思ったし。
それはそれで、かなり素晴らしいできばえであったと、自負している。

が、脚本を、活字で読んで、上演するとなると、
そりゃ、大変だわ。

書かれてない、なんか、そんな感じの、テイストというか、
美意識というか、そういうものに支えられていたりするので、
これを、読み取るのは、簡単じゃないのだ。

つかこうへいさんの脚本を、見たことのない人が、
活字だけで上演するのがとても難しいように、
それは、とても個人的で、ある時代的で、ある一つの美意識に支えられた言葉であって、


言葉はさように、独自のものなのだが、

そういう意味で言うと、
シェイクスピアや、チェーホフや、イプセンなどという、古典といわれる部類の作家たちは
なんとも、普遍的な作品をものしたのかと思うし、

現代が、普遍的な作品を生むのが難しい時代なのだとも思う。

「上海大冒険」に戻ろう。

そこには、「バカ」がつくほどの一途さが底辺に流れていて、
それは、「いい者」も「悪者」も同じなのであって、
そんな一途さのばかばかしさが本当に愛らいいのだけれど、
でもって、凄くばかばかしいテイストは満載なのだけれども、

上演する側が、いかに本気でやるかによって、そのばかばかしさは「美」になっていくのだ。

マキノさんの本をつくっている美意識を客観的に確認したように思う。

愛せるか。

そのバカを愛せるか。

俳優のやりどこはそこ一点。

しかし、おもしろい本なのだ。

自分たちがやってきたことを改めて、見た思いなのだ。

こういうの好きだなあ!

先日、「地点」の公演を見たのだが、
なんか凄いんだけど、
太田省吾さんのテクストをばらばらにして、
再構成して、
実験的な演劇なのだけれど、

たまにはこういうものを見て、
頭をシャッフルしたほうがいいと思ったが、
観劇体験として、楽しいのは「上海」なんだなあ。

しょうがないね、体質なのだから。
[PR]

by futu-is-best | 2010-01-28 23:16

ボケボケか!

久しぶりになってしまった。

何をしてたわけでもないんですが、
なんか、ぼやぼや過ごしてたようですな。

この間、椎子ちゃん、真澄ちゃんとひそかなたくらみ事をしてみたり。
そして、飲んだり。

MOPの音響、D氏と飲んだり。
地点の公演で、吉祥寺シアターに入ってるんですな。

大学の同級生(第三劇場仲間)に誘われて、飲んだり。

飲んでばっかり。


それぞれにそれぞれのお芝居があり、
それぞれにそれぞれの暮らしがあり。


今年、夏、
MOPが解散したら、本当にそのときを体感したら、
どんな気持ちになるんだろうなあ。

と、そんなことを思ってました。

ボケボケとね。

今夜は地点を見に行きます。
[PR]

by futu-is-best | 2010-01-24 11:31

新年会

f0106355_13463822.jpg

f0106355_13463814.jpg

f0106355_13463872.jpg

マキノ家の新年会。

初参加。

参加したかったのよねえ。

時間差でいろんな人が来たり帰ったり。

おいしいものをいただいて、楽しかった。

いろいろな人が、いろいろなところで頑張っていて、
元気をもらう。


☆林英世☆
[PR]

by futu-is-best | 2010-01-17 13:46 | 日記

無知は痛い。

ワークショップのご案内とか、
公演のご案内とか、
ついつい、メールで送ってしまう。

知り合い、かなり広い範囲に送ってしまってました。

ちょっとでも、関心を持ってもらえないかなと考えて。

あれって、送られた側もお金かかるのね。

そういえば、以前小耳に挟んだような。

でも、忘れてた。
ノー意識。

ごめんなさい。
ご迷惑だった方いっぱいいたかも。

怒られちゃった。
反省。

ああ、無知って、痛い。

そういう方は、このブログを見やしないだろうけど、
ごめんなさい。

気持ちだけでも、謝らせて。

はあ、本当に情けない話。
[PR]

by futu-is-best | 2010-01-12 18:53

雨だよ。

冷たい雨だよ。
寒いよ。
なのに、シーツ洗っちゃったよ、トホホ。

昨日は成人の日だったんだね。
全員、平成生まれになったんだってね。

なんか、昭和も遠くなってきたなあ。


先日、演出家協会のリーディングに行ってきました。
「近代戯曲を読む」
木下杢太郎「和泉屋染物店(いずみやそめものみせ、と読むらしい)」
久保田万太郎「釣堀にて」

演出家自らが読んでたりして、(なんと、流山児さんや、宮田恵子さんがご出演)それも一興で楽しかったんですが、
そのあとのシンポジウムも参加してみて、
いやあ、演出家って凄い仕事だなあと思いました。

そんな資料まで、調べ上げているのですか!
その勉強量の凄さに感動というか、圧倒というか。
ま、個人差はあるでしょうが、
演劇界を支えてきた諸先輩のエネルギーにやられましたわ。

私など、ホンに小さなところでワンワン言ってるだけで、
しょうもないやつだなあと、思いました。

広い、深い、演劇の海におぼれそうな感じ。
大阪では感じなかった感覚。

演劇の海をどう泳ぐのだ、俺!

と、鬱々してたんですが、
昨日は、お知り合いの方に誘っていただいて、
絵の展覧会へ。

小さな絵が壁中一杯。

ギャラ展って言うんだって。

たくさんの人のたくさんの作品を展示する会。
お祭りって言う意味らしい。

私は、そんなことちっとも知らずに、
「小さなパーティーをやります。無料」という言葉に引かれて行ったのですが(セコイ!)

行ってみてびっくりしたわけで、
壁一面に展示された作品は、もう、いろいろな手法、さまざまなタッチ、ありとあらゆる材料でつくられている。

表現の自由。
表現することを楽しむ心。
表現することをやめられない人間たち。

を感じて、涙が出そうになった。

海は広い、だから、自分が泳いでるところ一生懸命泳ぐしかないやん!
と言われてるみたい。

身体が、フアアと軽くなって、
気持ちが緩やかになっていく(元々、単純なところが救いかな)

あまり、キンキン考えず、やることやって行こうと思いました。

で、突然だけれど、主宰をしていたお知り合いの方に頼まれて、
朗読をしました。
マラソンランー、円谷幸吉の遺書。
あの有名な遺書です。

ピアノの即興の方をコラボで、初見で短いものでしたが、
声で聴くと、改めて感じることがあるねと感想をいただいて、
私も感激。

気持ちのいい夜でした。

日々、浮いたり沈んだり。
[PR]

by futu-is-best | 2010-01-12 11:59

一日ワークショップ

大阪滞在最後の日は、
大阪の劇団「売り込み隊ビーム」さんの、
若者公演チームへの一日ワークショップでした。

朝の10時から、夕方6時まで。
1時間の昼休憩を除いては、ほぼびっちり、7時間。

いや、我ながら、ようやるわ。

一日だけでは、なかなか本当に変わっていくところまでは行かないけど、
なにかしら、ヒントになることがあったと思います。
とても、楽しかったといってもらったし。
いろんなき気づきもあったみたいだし。
頑張ったよ、私。

主宰で、作演の横山さんは、
昨年末に、劇作家協会の新人賞をとりました。
おめでとうございますなんですが、
なんと、マキノさんが
「この脚本は100点でしょう」と、強く押したという、
いい本を書く作家さんなのです。

作家、演出家としての、思いはいっぱいあるけれど、
なかなか、俳優さんにそのところをわかって動いてもらうのは難しいと、
今回も、かなり苦労しているということで、
いっぺん試しに、ワークショップなるものをみんなで受けてみるか!ということになったみたいです。

私としては、とても嬉しいわけで、
演劇をやるということの中に、
俳優の肉体というか、俳優という存在そのものをつくる作業というのが
まだまだ、認知されてないわけですが、
試してもらって、すこしでも、その役割を感じてもらえたら、
もっと、おもしろいお芝居を見られる可能性ができるわけで…

何も考えず、向こう見ずに
東京へ飛び出してしまった私だけれど、
東京で、いろいろ、知って、
なおさら大阪に何か役立てることはないかと、思うこのごろ。
腕を磨いて、東京でも、大阪でも、刺激を与えられるように踏ん張ろうと思います。

本当に自分がやりたいこと、本当に自分が迎えたい人生の最終ラウンドを考えながら、
お芝居と向き合って行きたいなと思ったりする、
劇団最後の年の初めです。

今年もみなさま、よろしくお願いします!
[PR]

by futu-is-best | 2010-01-08 15:00

猫にかまけて

f0106355_11332868.jpg

f0106355_11332846.jpg

f0106355_11332812.jpg

謹賀新年。

今年もよろしくお願いします!

いよいよMOPラストイヤーでございます。
「終わりよければ、すべてよし」

気持ちのいい最後にしたいもんです。

さて、私の正月はというと、
実家で猫にかまけております。
さすがに、最初は警戒されましたが、1日たつと、すっかり女王様の手したとして認められ、
「ミャ」と一声でドアの開け閉めをさせていただくわけで、その代わり、散歩にご一緒すると、すっと私を背後にかばって、辺りを警戒してくださいます。

夕べは布団の中にまでおやすみを言いに来てくださいました。

という訳で、またしても、箱根駅伝と女王様クロとで過ぎる正月でした。


☆林英世☆
[PR]

by futu-is-best | 2010-01-04 11:33 | 日記