<   2010年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

猛暑も一休み

今日は、雨がが降って、ひんやりした空気が窓越しに入ってきます。

昨日までは、何をやっても熱風から逃れられなかったのにね。

猛暑も一休み。

高知から戻って、ぼんやりしてます。

高知に着いたとき、実は風邪気味で、

咳と、熱、

大阪公演中、いや、その前稽古の後半くらいから、夜、時々発熱してたみたい
みたいとはなんぞや?
なんか、身体が熱いなあもう!と思いつつ、
暑さにのた打ち回りながら、滝のような汗をかいて寝てたんだけど、
猛暑のせいだとばかり思っていたのだ。

実際は、発熱中だったのだろう。

無駄に体力があると、自分が発熱しててもわからない。

が、咳は困る。

てなわけで、高知に到着するな否や、病院GO!

舞台人を何度も見ているというお医者様に、
「良くこの咳で、舞台やってたね」と言われつつ、
抗生物質および、葛根湯および、咳止めシロップ(要冷蔵)などを処方してもらった結果、
次の日には別人のように元気になったのです
(実際、迎えに来てくださった市民劇場の方に、「昨日とは顔が違うねえ、昨日は顔死んどったもんねえ」と言われた)

えらいもんで、本番中は咳は出ないのよねえ。
大阪公演の最後のカーテンコールで少し咳き込んでしまったけど。すみませんでした。

ところが三日目くらいに、身体に発疹。

「うわ!虫に刺された!」
と、ホテルに人に「ベッドカバーとか、毛布とか、とにかく全部替えてください!」と強気に申し出る(私にしては珍しくきっぱり強気)。

みんなに見せると、
「それは、抗生物質による薬疹に違いない」と言われ、

うう、ホテルの人になんと言ったら…と恥ずかしくなっていると、
白木に「おかげで、気持ちよく過ごせましたって、言っといたらええんちゃいますか」
と、社会的、大人な助言を受け、
そのことには、あえて触れずに、
薬を飲むのをやめて、東京に戻ってきたのですが、


今度は、東京の医者に
「これは、薬疹にはあらず、なぜなら全身に出ていないからな!我毒にやられたものと思われるゆえ、塗り薬などで対処すべし。さらにアレルギーの薬を処方するゆえ、それを飲むよろし」と言われる。

アレルギーの薬は、嫌い。

以前に風邪のときに処方してもらったものも、飲んでない。

お断りして、塗り薬のみにて、対処しようと思ったが、
もしや、アレルギーの薬を飲めば、早く良くなるものか知らん?と思い、
前に残した奴を飲んでみる。(同じ薬であることは確かめてあります)

その薬のおかげが、この猛暑の夜もぐっすり眠れる。

ま、我毒か薬疹か、わからぬまま、発疹は良くなりつつあります。

そんな、ぼんやりな毎日ですが、
9月にひとり語りをやるので、
肩慣らしに、稽古もぼちぼちやってます。

今日も、稽古します。

土佐弁のおさらいもするつもり。

土佐弁は、知り合いの知り合いの方とそのお母様、お姉さまに電話で教えてもらったのと、
知り合いの役者さんの奥さんがこれまた、高知出身の役者さんで、
テキレジ(言葉の直し)をしてもらい、
さらに音声に吹き込んでもらったものを聞いて、やりました。

しかし、褒められてのは土佐弁だけではなく、
高知の人らしい雰囲気。
声の大きさ、回りの気にしなさ、大きな笑い声。

これは、もちろん、二年前にお会いした高知市民劇場の皆様を参考にしております。
実物のパワーには遠く及びませんがね。

長々と、わけのわからん話を書いてしまった。

そんな一休み期間を過ごしておりますということで…
[PR]

by futu-is-best | 2010-07-29 10:50

高知、大好き!

ありがとう、高知の皆様。

そして、須崎の皆様。

こんなに、私たちを待っててくれて、喜んでくれて、惜しんでくれて、
こんな人たちに出会うことが、あるなんて…

本当に嬉しいの一言です。

高知公演は、結局二回しかいけなかったけれど、
お心いっぱいいただいて、
感激至極です。

ホテルをチェックアウトする時も、見送りに来て下さって、
歌を、劇中での歌を歌ってくださいました。

ちょっと、グッときて、ほろっときましたね。

須崎公演の最後でも、いつまでも手を握って、
「惜しいよ、もう劇団に会えないなんて…」と、惜しんでくれました。

お芝居をやってて良かったと思う一番の瞬間かもしれない。

お客様が、心から自分たちに気持ちを伝えようとしてくれるこのとき。

最後の拍手。
終演後の、言葉は出てこないけれど、
熱が伝わる時。

ありがたいですねえ。

また、高知行きたいなあ。
なんていっても、魚がおいしい!
野菜がおいしい!
人が気持ちいい!

今回、私、高知商業出身の役でして、
土佐弁、頑張りました。

そのおかげも会って、高知での人気がグッとアップ!

最後でか!というのが口惜しいですが、
いつか必ず、また、行きたいと思います!

絶対。

というわけで、今日は洗濯日です。

そして、東京公演。

まずは北とぴあ。

そして、紀伊國屋。

劇団最後の紀伊國屋。
しっかり、努めましょう。
[PR]

by futu-is-best | 2010-07-27 10:44

只今、須崎公演中

f0106355_207179.jpg

只今、須崎公演中です。

楽屋の窓にやもり発見。

出番はまだ少し後。
☆林英世☆
[PR]

by futu-is-best | 2010-07-25 20:07 | 日記

高知公演二日目なんですが

f0106355_9312270.jpg


バラシが終わって、元の姿に戻ったIMPホール。
もう、ここでお芝居をすることはないだろう。

近鉄小劇場がなくなってから、ここでやって来た。
スタッフの方にも良くしていただいた。
ありがとう、お世話になりました。

f0106355_9312261.jpg


高知へ移動中の、特急「南風」の車中で、お弁当。
「たこめし」をいただく。
瀬戸内の恵み、ありがとう。
おいしかった。

f0106355_9312219.jpg


新大阪の駅で、なんとばったり、西川親子と遭遇。

カレーショップでご飯を食べていらしたのに、
通りすがりの私を見つけると、
出てきてくださって、
きよし師匠まで、出てきてくださって、
もう、びっくりです。

恐縮です。

ありがたいです。

えらそうなところが微塵もありません。

さすがです。

忠志君と、きよし師匠から差し入れをいただく。
おいしい、、葛餅。

みんなでパクパクいただきました!

送ればせながら、ご報告。

今日は高知二日目。

夕べの初日は、大変喜んでいただいたらしく、
嬉しい限り。

いい拍手をいただきました。

そして、鰹とにんにくをむっちゃ、堪能してます。

ほんまにおいしい!
幸せでございます。

☆林英世☆
[PR]

by futu-is-best | 2010-07-23 09:31 | 日記

-

f0106355_14521658.jpg

f0106355_14521649.jpg

f0106355_14521645.jpg

無事、大阪公演終了しました。

ありがとうございました。

みなさんのあったかい拍手に守られて、事故もなく終われて、ほっとしています。

突貫工事でしたが、いい舞台になったわあ…と、

自画自賛。

これから、さらにブラッシュアップしていきます。

☆林英世☆
[PR]

by futu-is-best | 2010-07-21 14:52 | 日記

あっという間の大阪

暑くなりましたねえ。

梅雨明けと同時に。

ウィークリーマンションから、大阪城公演を通り、劇場まで歩いていると、
汗でびっしょりでございます。

そして、2日目の公演が終わり、
なんと、今日はもう、大阪千秋楽ですよ。

沢山のお客様が来てくださって、
とても暖かな拍手をいただいて、
感無量です。

1日目のゲスト、森下じんせい君。
2日目のゲスト、野田晋一君。

あいも変わらず、ゲストに厳しいM.O.P.
ゲストをゲスト扱いしないことで有名であった我々だが、
最終公演にいたっても、最後に結構大事なところをお任せしているにもかかわらず、
制作がひやひやするような、ゲスト扱い。

まだ、二人めだけど、ゲストコーナーは楽しい。
ゲストによって、毎日違う。
「おおお、この人はこうゆうふうに、やるのだな」なんて、私たちが楽しんでいるのだ。

ゲストが緊張して、汗かいてるのに、
私たちはそれを楽しんでいるとは、まさにM.O.P.

さて、本日大阪最後の日。
ゲストは川下大洋さん。

さて、どうなることやら。

今日も、お客様と一緒にいい時間を過ごせるよう頑張ります。
[PR]

by futu-is-best | 2010-07-19 09:24

始まる

さて、本当に始まります。

ファイナルツアー。

どんなことになるんだろう?

どんなこと感じるんだろう?

昨日、ハヤティに泣かされてるので、若干心配だが、

う~ん。

心を冷静にして、しっかりやろう。
[PR]

by futu-is-best | 2010-07-17 09:22

ゲスト枠をね。

今回、ゲスト枠があって、
今までに出てもらったいろんな人にゲスト出演してもらう。

地方公演では、劇団員がやるわけです。

その枠を、今日のゲネでは、
ハヤティがやりました。

ハヤティって?誰?

って感じでしょうね。

以前、劇団員だった林君です。

えっとねえ、がまとかと一緒かな。

「黒いハンカチーフ」が最後だったかな。

この子がねえ、いつも公演のたびに、
会社休めるだけ休んで、来てくれるんだねえ。

そのハヤティが、ゲネでゲスト枠をやったのね。

なんていうの、久しぶりの舞台(っていっても、客はいないんだけど)
なんか、カチカチのハヤティの
ぎこちないほどの台詞は、
とても、新鮮で、いじらしく、
舞台袖で、泣けてきた。

彼にとって、M.O.P.は何だったのだろう?

ともかく、今いる劇団員と同じくらい、彼が大切に思っているのがわかるのね。

今のメンバーに固定したのは、「KANOKO」くらいらしいから、
それまでに、やめて行った人たちはいっぱいいるけど、
それぞれのM.O.P.があるんだろうねえ。

そんな話もいろいろ、出てくる楽屋で、
思い出話で、また、M.O.P.を楽しんでいる私たちです。
[PR]

by futu-is-best | 2010-07-16 22:19

今日はゲネプロです。

今日は、とうとう、本番通りの通し稽古、えゲネプロです。

今のところ、仕込みも、場当たりも順調に進んでいます。

灯りが入ると、
また、また、装置が生きてきて、

場所と、時間が動き出します。

お芝居って不思議なものです。

もうひとつの場所、もうひとつの時間、
もうひとつの人生、もうひとつの幸福。

生きた時間と、空間を味わってもらいたい。

ライブの醍醐味。

明日に向け、今日も頑張ります。
[PR]

by futu-is-best | 2010-07-16 09:07

最後の仕込み

さて、さて、最後の仕込みがほぼ終了。

今日は場当たりです。

何もかもが最後で、最後の…が終わって、なくなっていく。

感慨深いものでございます。

みんな、心なしか若干ハイテンションな気もします。

誰もが、この舞台が開いたとき、自分が何を感じるのか想像できなくて、
怖いような、楽しみのような、ドキドキ感でいるみたいです。

奥村君の舞台は、今回もまた素敵です。

大川君が今、照明のシュートをしているはず。

照明が入ると、また空間が素晴らしく息づいてきます。

衣装部も、最後の最後までディティールにこだわり、作業中です。

あとは芝居やね。
気を引き締めてかかりましょう。
[PR]

by futu-is-best | 2010-07-15 10:06