<   2010年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

明日朝一で行くのだ。

明日、7時まえの新幹線で大阪に行きます。

ていうか、明日の18時には、本番ですわ。

楽しみたいと思います。

ちょっと、怖い。
ひとり芝居フェスって、
見に来る人も若いのかなあ…
今の若者って、どうなのかなあ?
芝居やってる人たちって、どんな人たちなのかなあ…

私、怖がり。

実はね。

怖いってことは、ちょっとおもしろい。

とにかく、精一杯、今の私の「かわうそ」を。

今の私のできることをね。
[PR]

by futu-is-best | 2010-11-25 23:22

寒くなったねえ。

冬らしくなってきた。

今月は、もう、インディペンデントシアターのひとり芝居フェスに向けて
突っ走り、駆け抜けるしかない。

12月、日光計画たてようかな。

naoさん、伊豆にはあの方がいるのだね。
お好み焼きですね!

伊豆に行ったら、絶対訪ねよう。

私は、計画たてるのが超苦手。

超苦手だけど、
それをやらなきゃ、何にもできない。

自覚して、試して、実行する。

子供のときから変わらんパターン。

死ぬまでやるしかないわ。

12月、日光。

う~ん。計画ってみるか!
[PR]

by futu-is-best | 2010-11-19 08:03

持続力が…

持続力の低下がはなはだしい。

日が落ちると、もう、何もできない。

パソコンを開ける気力がない。

やらなきゃならないことはいっぱいあるのに。

日が落ちると、
機能がオフになるようだ。

それは幸せな癖かもしれないんだけど…

いいのか!そんなお気楽なことで!とも思う。

いいのかもしれないんだけどねえ。

当たり前のことなんだろうけどねえ。

なわけで、朝のあわただしい時間にアップしてます。


今日も寒いみたいですね。

みなさん、風邪などひかないように。
乾燥も激しいし。

あっと、いいう間に時間がたって、
もうすぐ、インディディペンデントのひとり芝居フェスですよ。

稽古して、演出考えて、コメント書いて。

今夜はちょっと、頑張らなきゃ。
日が落ちてからも、オンでな。
[PR]

by futu-is-best | 2010-11-16 07:37

コーチング術

北島康介の、「プロフェッショナル」を見て、

今日は、平井コーチの番組を見る。
勝間和代のやってるヤツ。

しかし、勝間和代の口角の下がり方は気になる。
良く見ると、目尻のライン、
小鼻の方向も、下向きだ。


彼女の表情筋をここまで下向きにする人生とは、
いかなるものだったのか?
気になるが、おいて置く。


で、選手とコーチの番組を続けてみたんだけど、
北島は今、アメリカで自由な、自分で自分を感じる練習をしているらしい。

平井コーチは、コーチに、オリンピック水泳選手を育てるコーチになるために
今の職場に就職した、コーチのプロなのだった。

実際、北島は、平井コーチに育てられ、二人三脚で金メダルを取った.

素晴らしい選手を育てるという仕事。

と、選手本人。


おもしろかったな。二つ見てみると。

どちらも素晴らしいプロ。

最高の作品が生まれる。
しかし、その状態は、続かない。

一番になった選手に、何ができるのか。

そこにはもう、コーチの仕事はないのかもしれない。
もちろん、調整に協力はできる。
でも、本人の目標はドンドン先へと進むし、
それは、個人的なもので、
選手にしか、感じられない境地への挑戦。

手を離れていく選手を見るのが喜びなのだ。

それぞれに素敵な二人でしたわ。
[PR]

by futu-is-best | 2010-11-11 23:11

日光へ行きたい

今、行ってみたいところ、それは日光。

せっかく関東に来たのだから、
日光を見て、結構と言ってみたいじゃないか、死ぬまでにな。

あとねえ、伊豆。

計画たてなきゃな、と思いつつ、日が過ぎるのだ。
本気になればすぐなのにね。

あとねえ、九十九里浜。

この間、キマグレンのヒット曲は?
と尋ねられ、答えられなかった。

違うか、キマグレンは九十九里ではないか、
湘南か?

ま、いいか、海の家の人で、歌ってる人たち。

ということで。

私は、凝らない。はまらない。

どっちでもいいことがほとんど。

凝る時は一時、ある時期あることはある。
昔はドラマも、くらいつくみたいに見てた。

しかし、今は…

連ドラなんかも、気合入れて見ることがない。

が、ケーブルテレビで見られる、イギリスのドラマが結構好きだったりする。

録画してとか、時間になったらとかはない。
たまたまであったら、見るくらいだけど。

そんな私のもう一度見たいシリーズ
「リンリー警部」 「フロスト警部」

リンリー警部はイギリスの加藤剛。
フロスト警部はイギリスの加藤武。

なんか、好き。

今は、「シャーロック・ホームズ」のシリーズをこれでもかって感じでやっているが
それを目にするたび

ガマを思い出す。

ガマは「ホームズ」好きだった。

ということを、この間の公演の間に知った。

10何年かの付き合いで、
初めて、そんなことを知る。
そして、私は、「シャーロックホームズ」と聴いたり、見たりすると、
ガマを思い出すのだ、これから先は。

おもしろいもんだね、人間の頭ってさ。
[PR]

by futu-is-best | 2010-11-10 22:14

船をなめるな

f0106355_2322077.jpg
今回は、福岡から船で対馬へ行きました。

ジェットなんたらいうやつです。

速いですけど、福岡から壱岐まで1時間、そこから対馬へ1時間。
結構時間はかかります。

よ~く考えてみると、
私、生涯で4度目のいわゆる船だったのです。

一回目は、子供のとき、淡路島へ行ったフェリー。
二回目は大学の時、三重で乗った釣り船。
三回目は、「夢の人」の時の流氷の海を進むガリンコ号。
で、今回。…だと思う。

船に乗るってことが、どんなことだか、ほとんどわからないのだった。

で、当たり前のように「船酔い」した。

ガリンコ号では酔わなかった。

淡路島へのフェリーのことは忘れた。

だが、三重の釣り船は覚えている。
酔った。
ものすごく酔った。
凪だったのに酔った。

しかし、それは小さな釣り船だったから!

と、私の記憶は処理されていたのだ。

その日は、台風が過ぎ去った直後。
玄界灘は台風からは遠く離れていたけれど、
やはり、冬の海だった。

上下に浮き沈み。
がっくんがっくん。

酔い止めを飲んでおくべきだったと思ったときには、もう遅い。

船酔いをなめるな。

帰りの船ではもちろん、酔い止め飲んだ。

対馬について、真っ先に行ったのは韓国展望所。
50キロ。

福岡より近くに韓国がある。
残念ながら、天気が悪くて見えなかったけれど、
晴れたら、くっきり韓国が見えるって。



f0106355_22552420.jpg


次の日の朝、
対馬の海の登る朝日を見た。

風が吹いていた。
海の上をガアーっと渡ってきた風に吹かれて、
朝日を見たのです。

神々しい瞬間です。
[PR]

by futu-is-best | 2010-11-07 22:56

三種の神器

f0106355_738733.jpg


壱岐の海は対馬より、穏やかな気がしますが、
この瞬間、暴風が吹いてます。
あんな風に吹かれたのは初めて。

飛んでいきそうな風が、休みなく吹いている。

草木は、ずうっと、永遠に、この風に吹かれ続けているのかと思うと、
なんだか、恐ろしいような、頼もしいような気持ち。

対馬の夜が、圧巻。

闇です。
真っ暗です。

灯りがひとつもない。

車のヘッドライトの照らすわずかな範囲がみえるだけ。

風景はドンドン、闇の中へと沈み込んでいく。

真っ黒。

闇と、無音。

闇と無音。

現代では稀有なる経験。

古代に思いを馳せてしまうのだ。自然とね。

その闇の浮かびあがる星は、もう、もう、もう、
世界が、夜空にのっとられたみたいな存在感で、
自分が吸い込まれて行きそう。

素晴らしいのです。
なくならないで欲しいんです。
ああいう時間と、ああいう空間と、ああいう空気を持った島。

宿のおじさんがまた熱くて。

対馬の活性化を切に、真剣に考えていたのだ。

で、帰った途端に、
都会の空気にやられたのか、
風邪?

いきなり、気分が悪くなる、
頭が痛くなる、
寒気がする、
熱っぽくなる。

やばい!

こういうときは、三種の神器。

葛根湯、蜂蜜レモン、熱いうどん。

蜂蜜レモンは絶対。
ポッカレモン大活躍。
どぼどぼ、どぼどぼ、カップに注ぎ、
蜂蜜、ガンガン入れて、
熱いお湯を注ぎます。
ぐびぐびぐびぐび。

グーグーグー。
そして睡眠。

今朝は、スッキリ。

旅の話は、多分まだ続く。


☆林英世☆
[PR]

by futu-is-best | 2010-11-05 07:38 | 日記

ただいま。

f0106355_23133897.jpg

旅から戻りました。
壱岐、対馬をまわり、京都で懐かしい人とお食事会。

コスモス会

学生時代からお世話になった喫茶店「レナ」のママを忍ぶ会。

壱岐、対馬の旅とは、渋いっしょ。

良かったわあ。

静かで、のんびりしてて、自然がデカくて。

続きはまた。今日はもう眠い。
☆林英世☆
[PR]

by futu-is-best | 2010-11-03 23:13 | 日記