<   2010年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

年賀状

年賀状1日がかりでなんとかする。

本当に、1日がかりだったわ。

今年は解散という大きな区切りだったから、
たくさんの人にお世話になって、
たくさんの人に再会して、
大きな大きなものもらった。


容赦なく時間は流れて、
過去へ過去へと過ぎ去っていくけど、

そのことをもう一度、
確かめながら、年賀状を書いたみたいな1日だった。


今日で、2010年が終わって、
明日は2011年で、
お正月は、ホテルで芝居をして、
実家に戻って、
おやじの喜寿を祝って、
そして、日常へと戻っていくのだ。(予定)

今年は、元旦、家にいるので、
お花を生けてみた。

シンプルなお花だけど、
ちょっと、いい気持ち。

小さい小さい御鏡に、
小さい小さい橙のせて、
シンプルなお一人様正月飾り。

そんなことを楽しみつつ、
今年は暮れます。

みなさん、ありがとうございました。
そして、来年もよろしくお願いします。
[PR]

by futu-is-best | 2010-12-31 12:19

ラッパ屋、良かった。

ラッパ屋の「YMO~やっともてたおやじ~」
を見てきました。

おもしろかったわあ。

ちょっと、痛いけどね。
その痛みをうんうんって頷いて見れちゃうそんなお客様たちで一杯だった。

大人の娯楽って感じ。

日本の中年のさえないおやじの話のはずなのに、
おしゃれ。

鈴木さんの人柄なのかな。

ほんわりと、暖かく。
ほんのりと、洒脱。
おもしろくて、かわいくて、切なくてね。

スッゴイ強い刺激を受けるわけでもないけど、
ものすごく考えさせられるわけでもないけど、
最先端の演劇を見るわけでもないけど、
人生ってなあ…なんて、ほっと息吐いて、
明日も頑張ろうって、小さく思って、帰り道みたいなね。
い時間を過ごしたなって思えるお芝居。

なんか、イギリスの劇場にいるみたいだなと思った。

何しろ、客席は本当に大人で一杯で、
大人たちがすごく楽しんでて、

満足した顔で帰っていく。
素敵や…

いい芝居を見るって、贅沢だなと思ったのでした。
[PR]

by futu-is-best | 2010-12-27 11:06

お正月にね、一回きりですねん。

稽古中。

なんの?っていうと、
お正月にやる、ミステリーナイトのお稽古中なのです。

ライヴで、ミステリーをやって、
謎解きを競うイベントですわ。
池袋のメトロポリタンホテルで、一回きり。

九十九一さんが、演出でただいま稽古中。


ホテルの会場で稽古させていただくんだけれど、
なんと、「神殿」なのよね。

ホテルの廊下の案内板に出てないから、
初日は迷ったわ。

「神殿」、つまり、結婚式を行うところよね。

あの、神前結婚式の時、神主さんがいて、親族が脇にズラーっと並んでて、新郎新婦が真ん中前方に並んで座ってね。


あそこです。

座ってしもたわ。
新婦の席であるところの、
その位置へ。

そう、その位置にね。

新婦の席でもなんでもないよ、
今は、
ただ、いわゆる、その位置ですわ。

しかし、ハタと気づいて、若干緊張しました。

だから何やと言われたら、
なんでもないけど、
なんか、なんか、なんかそんなこと。

このお芝居は、発売15分完売という、
限定、超人気イベントらしい。

常連の人に嫌われないように頑張らなきゃ!

ていうか、初めてなので、ほんま難しいねん!
パンパンやねん!
[PR]

by futu-is-best | 2010-12-21 22:03

銀杏、散る散る

冷たくなって、
空気が、冬の空気。

風が強くて、
道沿いの銀杏が、
散る散る。

雪のように、
降るように、
散って、

歩道が真っ黄色。

澄んだ空気の青い空を背景に

降る降る、葉っぱ。

「坂之上の雲」再放送を見て、泣く。

正月イベントの稽古が始る。

初めての人たちと、
初めての仕事。

実際、怖い。

怖い怖い。

でも、怖い怖いって言っててもしょうがない。

やるだけやるしかない。

新しい出会いに感謝して。
[PR]

by futu-is-best | 2010-12-18 22:07

寒いやん。

最高気温18度っていう予想だったから、もう、そんな一日になるんだろうと
思っていたら、

全然、普通の12月の一日だったね。

ちょっと、期待してたのに、

しかし、地下鉄の中は暑すぎる…

寒いのは嫌いだけど、
冬に暑いのは嫌い。

ちょっと、寒さに耐えてるくらいが好きなんだ。

いつも何かにちょっと耐えてるのが好きなのか…

日曜日は、劇作家協会新人戯曲賞の公開選考会へ。

なんと名古屋の作家が二人、異例のダブル受賞ということになった。

いろいろなテイストの戯曲があるけど、
なんだか、セックスの話が多いのはなんだろう?

男性性、女性性が
区切りなく、ぼやぼやよ繋がっているのが普通になって、
男だ!女だ!といわれなくなった分、
じゃ、男って?女って?

てことを考えることが多くなったのかしら?

とかぐるぐる考えながら見てました。

作家の皆さんの個性の違いもおもしろく、
十分なエンターテイメントでした。
[PR]

by futu-is-best | 2010-12-15 07:55

岸校同窓会、関東支部

岸和田高校、同窓会若手会の忘年会に参加しちゃったよ。

若手って、私らくらいの年代のことだけどね。
決して若くはない、が、同窓会の中では、
「若手」なのだ。

総会の主役は70代らしいからな。

目の前に座ってた人が、
なんと、水泳部の先輩で、
その隣は、2年の時同じクラスだった男のこだった(まあ、今はおっさんだけどね)。

しかし、全然気がつかなかったのよ。

でも良く見れば、そうなんだよ。
あたりまえだけど。

斜め前の女の子は水泳部の後輩で、
同級生のおっさんの上司は、同級生のお兄さんで、
中学の時の英語の先生の息子さんで、
もうひとり来ていた、同級生は、高校時代多分一言も喋ったことのない、
サッカー部のキーパーだった子で…
時空を越えて、新宿に集まる。

それでも、先生方の話なんかすると、
盛り上がる。

不思議なもんだね。

舞台女優の林さん。とか紹介されちゃって、
なんか、こっぱずかしいよ。

演劇をやるってことを説明するのは難しい。
芸能人じゃないし、
仕事になってないし、
それでもいろいろ考えながらやってるんだけど、
説明するのはねえ。

そんなもやもやを吐き出したくなり、突然、マイズナーのワークショップでお世話になった
柚木裕美さんを、お茶に誘う。

ちょっと先輩だけど、
同年代。
なんか、話がしたくって。

すっとした。

やりたいこと、やれないこと、
それでもやりたい気持ち。

3時間。

どっかでちゃんとがんばっている人がいると思うと、
元気が出るな。

もっと、いろんな人と話していきたいなと思うね。
いいね、同年代。
そんな落としごろだね。
[PR]

by futu-is-best | 2010-12-12 11:33

久しぶりでしたああ。

扉座を見に行きました。

よかったわあ。

おもしろかった。

岡森君、かっこ良かったよお。

有馬君も良かった。

ベテランの味と、若い子達の一途さが
とてもいいハーモニーを奏でてる舞台でしたね。


浄瑠璃が、また、泣かせるよねえ。

私、あまり、歌詞で音楽を聴かないんですよね。

音。

音の流れ、気持ちよさ、変化。

リズムね。

身体が動きたくなるかどうか、そこが大事。

浄瑠璃とか、和楽器って、身体が動こうとするんだよね。

この間、篠笛に行った時もそうで、

座布団に座って聴いてたんだけど、
足の裏が動いてるんだよね。
足の裏の筋肉が波打ってる。

踊りたいんだなあ私、って思った。

扉座でもそう。

足の裏が動いてる。
身体の芯が踊ってる。

お芝居を見てて、一緒に身体の芯が動く時、幸せ。

浄瑠璃、かっこいい。

声の力って凄い。

身体の動き、心の動き、
そのすべてを写しだす声の動き。

声が正直に動いてくれると、
表現したいことが直接身体に伝わってくるように思う。

だから、私は声にこだわる。
声が自由な人は、身体が自由だ。

心地よい時間でした。
ありがとう!

岡森君と久しぶりに会って、なんか、ホッとしたよ。

で、今日も久しぶりのこと。

美容院へ行きました。
髪を切りました。

本当に、ほったらかしにもほどがあるのはいつものことですけど。

初めての美容室。

予約なしでもいいよって書いてあったので。
しかも、初めて割引があったので。

29歳店長は、なかなか落ち着いていて、
ほんまにえらいなあと思う。

結果、今、むっちゃ、軽いし。

今現在、24時間前の半分くらいの重さやし。

髪が多い。
本当に、多い。

長くなると、重くて、肩が凝るんだよね。
でも、じわじわくるので、意識してなかったりして、
こうやって切った時にわかる。

ああ、すっとした。
[PR]

by futu-is-best | 2010-12-05 22:06

終わりましてね…

ひとり芝居フェア、終わりました。

ていうか、もう、あれから三日目?
12月になってるし…

はっと気づけば、写真もないし…

なんか、ほんま、ブロガーじゃないねえ。


公演は、おもしろかったです。

やるのはねえ、緊張するからねえ、
しんどいけどねえ。

とにかく、余裕ないんだよね。
だもんで、写真とか撮ろうという心の余裕がないのね。

終わると解放感で、全部忘れるし…

自分の娘でもおかしくない年齢の子もいたよお!

彼女が高校演劇やってるとき、
私は審査員で行ってたのよ。
多分、出会ってる。

おもしろい、縁やねえ。

仙台、札幌、福岡からの参加者もみんな素敵な人たちで、
おもしろいお芝居作ってるんよねえ。

大阪は、大阪やったわあ。

黒パン一ちょ、肉体勝負。
でも、鍛えたことはありません!という、腹立たしい子とか、
ひも付き象さん一頭、
おしり丸出し、でも、
芝居は、オーソドックスという子もいた。

本当に綺麗な身体してるのね。
美しい筋肉は好きなので、
じっくり拝見しましたが、
あれが、DNAだけでできてるなんて…

ひとり芝居って、結構何でもできるのね。

おもしろかった。

朝の5時まで打ち上げて、

午後5時前に東京に着き、

夜は座・高円寺で、MONOを見る。

笑ったわ。

安心して見れるもんね。

おもろいわあ、男の子たち。
ちょっと、中年入ってきているのが、なんとも愛らしくていいわ。

おくちゃんが、飛んでるよね。
美術家の時とは別人!

しかし、やっぱり、MONOはおもしろい。

マキノさんも、まあ君も来てたよ。
久しぶりに会った。

終演後、ツッチーと、坂手さんと、
真澄ちゃんと、椎子ちゃんと、
福岡の若手劇団の将来有望な作家と一緒にホルモンへ。

なんと、朝5時まで一緒だった、福岡の劇団ぎゃ。と、
同世代の劇団で、
劇団万能グローブガラパゴスダイナモスというところの人で、
1日もおかずに、九州の演劇人とお知り合いになるって、
なんかあるよね。

九州に縁を感じた。

そんな、切れ目のない日々で、
ブログの更新遅れる。みたいな…

と、書いてるうちにねむくなってきてた。

ごめん、もう寝る。
おやすみなさい…
[PR]

by futu-is-best | 2010-12-01 23:46