<   2011年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

し~んね~んか~い!

夕べは、またしても新年会。

大声三人組。

歌川椎子ちゃんと、津田真澄ちゃんと、私。

居酒屋で
「あの、もう少し静かにしていただけませんか」と言われたことがある。

らしい。

というのは、もう、憶えてないからだ。

真澄ちゃんが言ってた。言われたよねって。

椎子ちゃんは、もちろん憶えてない。
憶えてない時が、もっとも大声の時だから。

かなり、やっちゃったね。夕べもね。

同年代、同業、同窓…

なんともいえない、心地よさがあるのだねえ。

シミジミな、年齢になったものよ。

そう!あと12年で還暦なんだってさあ!
ウサギ年、年女の会。
あと12年で還暦。
ひょ~!!!

どうすんのよ!どうすんの、私。

これから自分がやれること、小さくて良いから、確実にしっかりと
実にしていかなきゃねえ。

もう、ちっちゃいちっちゃい成果で良いから、
実感を積み重ねていきたいものだわ。
[PR]

by futu-is-best | 2011-01-30 13:19

連ちゃんな日々

と、書いて、「連ちゃん」の「ちゃん」って何?という疑問。
「れんちゃん」を変換すると、「連荘」となる、
と、書きながら、マージャン用語だもんな、と頭の中で納得した。

「荘」なんだ、「連荘」の「ちゃん」って。

頭の中で動き続けるものに、ことばが追いつかないので、
考えてることと、喋ってること、書いていることがずれずれになってくる。

で、連荘な日々のことですが、
1月は新年会やら、送別会やら、芝居やら、飲み会やらと
続いたんですよお。
まず、岸和田高校の同窓会関東支部新年会ね。
突然、岸和田から呼ばれてるみたいなこのごろ。

しかも、11人の中で、3人が同じ中学卒業だったの。
それは、そう「山滝中学校」
岸和田の最田舎の中学校。極小中学校。
懐かしい言葉を聞いたよお。

で、次が同志社大学時代の古い仲間たち。
初めて秋葉原の町へ行った。
びっくりした。
「お帰りなさい、ご主人様~」を生で初めて聞きました。

その一角にある「赤津加」っていう、時代が止まったみたいな居酒屋。
店の一角が、いきなり関西。
秋葉原の一角を関西にした夜でした。

で次は、バイト先で送別会。
新大久保で、モンゴル料理。
店に入った途端、モンゴルの衣装を着て、
気分は遊牧民。

骨付き塩茹で羊肉にかじりつく。

しばし、異国にいた気分。
ちょっと、めんどくさいなあなんて思ってたのに、
おおはしゃぎの一夜となったのだ。

で、次の日は、事務所の社長とご飯からの飲みで
社長の娘さんも合流しいのの、飲みすぎナイト!

楽しかったあ。

ひょんなことは重なって、
なんとマキノさんから電話が…
ちょっくら、仕事がらみの相談込みで、
ゴチになり、おしゃべりしたりして…



でもって、昨日はかっぺいの芝居をみて、
久々の友達と、ちょっといっぱいの終電帰りみたいな。

自分でもあきれてしまう。
ていうか、馬鹿体力あるよなあ。

これ、1週間の出来事だよ。

で、懲りない私は、今晩も新年会なのさ。

なんだか、年明けから今年は動きが速い。

人生は生きてみないとわからない。
真実をしみじみと、語り合った夕べ。
女同士の話は、じっくりと染みました。
[PR]

by futu-is-best | 2011-01-29 13:06

スズナリで泣く。

南河内万歳一座を見に、スズナリへ。

河内は、去年末に30周年を迎えたそうだ。

そして、それを記念して、
今年4月から1年間の活動休止。

懐かしい、河内の緞帳を見つめて、満席の客入れ時間を待つ。

真ん中のところに、懐かしいプリント柄。
私が高校生くらいの時、流行ったわあ。
学校へ持っていく鞄とか作ったわ。

そんなこと思い出す。

オレンジルームとミュージアムスクウェアを思い出す。

それでさ、
時間が過ぎてさ、
前説が始ってさ、

そしたら、
その役者さんの前説聞きながらさ、
泣いてんだよね。

なんか、涙出てね。

嬉しくてって言う感じかな。

凄く、演劇が始る感じを新鮮に感じたって言うか、
その前説している、役者さんがいることだけで、
芝居の世界が広がってくって言うか、

それが、嬉しくて、泣いてんだよね。

自分でもびっくりした。

それで、芝居は、昔の作品だったこともあって、
もう、河内全開で。
暑苦しいったらありゃしない!

もう、センチメンタルで、バカで、力ずくで、汗いっぱいかいて。

芝居を見る、ひとつの喜びは、
その力に押し流されるに身を任せてしまうことができることだと思うな。
そういうものと出会いたいな。
そういうものを作りたいな。

客席年齢は高かったなあ。
楽しんでたなあ、みんな。
異様なくらいうけてた。
千秋楽ってこともあって、
1年間の休止前ということもあって、
お芝居もはじけまくってた。

私の斜め後ろの男の人が、すっごく笑ってた。
ちょっと、笑いすぎくらい笑ってたな。

おもしろかった。
スッキリした。

劇場行って良かった。

ビバ!演劇。
[PR]

by futu-is-best | 2011-01-16 21:52

寒い…

いやあ、冷えたね。
寒いわあ。

雪がいっぱい降ったところは大変でしたね。

雪が家になだれ込んできたところもあったみたいね。

自然のパワーは、
想像をはるかに超えてくるね。

年末から「歯」が痛い!
なんか、痛い!
うずうずする。
と思っていたら、
正月過ぎてピークが来た。

頭まで痛い。

でも、虫歯の痛みと違うんだねえ。

でもって、歯医者さんの予約を取ったが、
連休明け。

しょうがないので、とりあえず痛み止めなど飲んでみた。

ちょっと、マシ。

そのうち治まってきた。

そして、今日、歯医者に行く頃にはほとんど痛くない。

というわけで、虫歯じゃなくて、どうも、鼻らしい。
福鼻腔炎ではないだろうかと言う診断。

風邪を引いたり、花粉症になったり、
ストレスや心配事で、鼻のアレルギーがひどくなる。

そんな時、起こるのだってさ。

歯磨きはなかなか良くできていますとお褒めをいただき、
生まれながらの弱い歯を、何とか守って付き合って行きましょうと励まされ、
もう、歯磨き頑張る!と心新たに歯医者を出た。

ああ、虫歯でなくて良かった。
本当に怖いんだよね、歯医者。

みなさんも、しっかりぷらーくコントロールね!
歯医者さんによると、
ご飯を食べる前に磨いてもらいたいって。
食物という餌を与える前にプラーク退治をしておくのが、
一番理にかなっている!ということらしい。

確かに…と思う。

食前食後に歯磨きがもっとも効果的かもね。

頑張ろう。
[PR]

by futu-is-best | 2011-01-11 23:03

ばたばた正月終わりまして

f0106355_135348.jpg


なんだか、ばたばたとお正月が終わりました。

今年はどんな年になるのかね。

どんな年にしたいのか。

劇団が解散して、ひとつの区切りがついて、
次の形を現実的に考えなきゃ。

年明けて、岸和田高校の女の子新年会をやりました。
恵比寿でカレー。

ここに来て、高校の同窓会が身近になってくるってね。

なんと、改めて新年会もあるんだよ。
それに、東京にいる同級生も誘ったら、参加するって。

東京へ来て、地元が近くなるって、おもしろいもんだなあって思います。

また、ワークショップをやろうと思います。
ひとり語りもやっていこうと思います。
今まで自分がやってきたことを、前へ繋いで行きたい。
それだけを考えている年の初め。
でも、私には、どうも知恵がないよな。
発想力がないっていいうか…

頑張らなきゃ。

腹を決めて、じっくり取り組まなきゃな。

しっかりおし!



☆林英世☆
[PR]

by futu-is-best | 2011-01-09 13:53 | 日記

謹賀新年

f0106355_10472054.jpg

新年明けましておめでとうございます。
皆さんにとって、良い年になりますように。

いつもいつも、新しい一歩を踏み出し続けて。
今年も、ぼちぼちではあるけれど、
頑張って行きます。

元旦は、暗いうちに家を出て、
近所の神社に初詣。

冷たい空気をいっぱい吸って、
身体の中があたらしくなる気分。

空が白み始めると、
元旦からジョギングしている人がいっぱい。

勤勉だなあと、感心しつつ、
ぶらぶらぶらぶら。

日の出を待つ。

そして、木々の隙間から、
家の屋根の上、
登る日を見る。

午後からは、高尾山へ行って来ました。

リフトに乗った。

次回は歩いて登ろうと思う。

f0106355_10472014.jpg


正月花。

まだ開かないんだよ、アイリス?

私がいない間に開花して、私がもどってくる頃には終わってるかも…

残念。
☆林英世☆
[PR]

by futu-is-best | 2011-01-02 10:47 | 日記