<   2011年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

撮休です

昨日、今日と撮影はお休みです。

現場のことをいろいろご報告と思いましたが、
ちょっと、何かと書いてはいけないこともあるらしいので
様子がわかるまで、ちょっと自粛です。ごめんなさいませ。

で、私は、実家に戻り、
またもや猫のお相手です。

私が留守だと、遊び相手がいないので、
少々さびしいようですな。

やたらと、遊びに誘われます。

とりあえず、外へ。
庭でただ座っているのだが、
それにお付き合いさせていただいております。

一緒にボーっと、風にあたっていると、
いろんな音が聞こえます。

一番は、鳥の声。

いろんな鳥の声がしてます。

それから、
畑で喋るおじちゃん、おばちゃんの声。

遠くを飛ぶ飛行機の音。

時々、車。

自転車の学生のキャピキャピ声。

撮休に、台本の再手直し。

頑張ります。
[PR]

by futu-is-best | 2011-05-27 14:35

冷凍庫にわらび

家の父は、仕事をやめてからその本質がむき出しになり、
ああ、この人は元来、
働くのは好きではなく、
したいことだけしていたい(まあ、当たり前か)人で、
やらねばならないこと(例えば、運動して自分の健康を管理するとか)など、
面倒くさいことは、やりたくない人なのだということが
露呈した。


その彼は、ほぼ寝ている。

以前は、釣りに行ったり、カラオケに行ったりしていたが、
どんどん、耳が遠くなり、
手先が不器用になり、
あまり、出かけなくなった。

しかし、一つだけ
熱心にやることがある。

それは、「わらび採り」

今でも毎日行く。

昨日など雨なのに、
日に3回も出かけた。

そしてわらびを抱えて帰ってくる。

でもみなさん、
考えてみてください。
もう、5月。
いかな、山の中とはいえ、
さすがに、わらびも長けている。

そうれは、食すより活け花にしたほうがいいんじゃね?

というような葉っぱの出た大きなわらびも採ってくる。

もちろん、食べられるものもたくさん採る、いや、採ってきた。
なにしろ、2月の末くらいから、わらび熱は始る。

母は毎晩、わらびの灰汁抜きをしてラップにくるんでいる。
そして、冷凍庫で保存する。

一年分ある。

冷凍庫に1年分のわらび。

そして、今日もまた、彼は出かける。

父は、狩猟民族だったのだと思う。
農耕はやらない。

獲物を追うのが好き。
地道に耕して、一年かけて収穫の人じゃない。

自分の性格がどこから来たのか、
わかる気がする。

ちょっと、嫌…

ちょっと、怖い…

ああ、血のつながり…ううう。
[PR]

by futu-is-best | 2011-05-13 10:08

セーラのお部屋の女王様

私の屋根裏部屋は、かつて、
女王様の憩いの場所だった。

出入り自由の、どこでもドアみたいに好きなように出入りしていたのですが、

それは今でも変わりなく、
むしろ、いろいろ、快適なものが備わって、
すっかり、女王様のお部屋になっております。

f0106355_2031912.jpg


今夜はねずみを仕留めて、
満足げに毛づくろいに精を出す女王様です。

f0106355_2031962.jpg


しまった、携帯のミサンガに気づかれた!

f0106355_2031955.jpg


お休みは、黒い水溜りのようになって…

そこは私の布団の満々中。

私はがに股で寝るのか?

☆林英世☆
[PR]

by futu-is-best | 2011-05-11 20:03 | 日記

カチカチ山

そうそう、「カチカチ山」ですが、

たくさんの方に来ていただいて、
本当に、ありがとうございました。

御礼が遅いって!
間抜けてるわあ…もう、いやんなる自分が!

いやはや、
三回目の「カチカチ山」だったんですが、

なんだろう、また、進化したというか、変化したというか、

自分で聴いてみて、もっとおもしろいほうがいいなあと思いながら稽古してたら、
もう、ほとんど、一人芝居みたいになってきて、
今まで以上にエネルギーが必要になってきて、
1回やると、息が上って、ヘトヘトになってしまいました。

とても、「朗読」とは思えない疲れようです。

しかし、おもしろかった。

もう、お客さんが、凄く笑ってくれたので、嬉しくなっちゃって、
本番は、初めてのトーンは出るし、初めての動きは出るし、

またしても、お客さんパワーに作っていただいているのでした。

今年一年は、ちょっと公演をやるのは難しいかもしれないけれど、
来年はやりますよ!

で、今年も隙があればやるつもりで
狙っていきます!
お楽しみに。
[PR]

by futu-is-best | 2011-05-07 10:54

部屋つくり

実家といっても、
私が出て行ってから建てた物で、
妹は、出資もし、自分の部屋も用意していたが、
私は、戻る予定のない子だったので、
特に居場所は用意されておりません。

最も部屋らしいしつらえの妹の部屋だった所は、
今は、足腰も弱って、二階が使いづらい父親の部屋となっているので、

必然的に私は、二階へあがることになる。

二階といっても、全く先のことなど考えてなかった…としか思えない父親の思いつきで
作った、屋根裏のスペース。

良く言えば、パリの隠れ家。

悪く言えば、小公女セーラのような部屋。

天井は平らな所はありません。
切り立った屋根ゆえ、真ん中は立って歩けるが、ちょっとずれると頭を打ちます。
おまけに、老人性不安症とも言うべき症状に襲われた父が、
部屋の真ん中に大きな台を取り付けてあるので、
床さえもまっすぐ平らに歩けません。

なんだか、梁にひびが入っているので、
補強のために絶対必要なのだと父は、言うのです。

ま、その部屋の真ん中の台(二畳分くらいある)には、ベッドを乗せ、
若干、王女さま的な感じではありますが…

無防備に動くと、やたらと頭を打ちます。

頭を大事に暮らさなければなりません。

ちょっと、首を横向ける癖がつきそうです。

が、まあ、雑多な暮らしの道具を持ち込んで、
なんだか、部屋になりました。

夕べ、うちの女王さまは、
ねずみを捕獲してきました。

私への引っ越し祝いのつもりでしょうか。

意気揚々と、今朝もお出かけです。

いろんな方々に引越しのお知らせをしています。
徐々に徐々にやっております。

遅くなってごめんなさいね。

「お帰りなさい」と言ってもらって、
やっぱり嬉しい私です。

引越し長者的な気分の豊かさを味わっております。

今日も、子役のお稽古へ参ります。

この頃の子役は凄いですよねえ。

怖いような気もしますが、少しでもリラックスして集中できるよう、
お手伝いをしたい!と思います。
[PR]

by futu-is-best | 2011-05-07 10:37

戻ってきましたよ。

山の中へと戻ってきました。

次の日、さっそくNHkへ。

これからの仕事量に若干ビビル。

キャストも発表になって、
おおおお~!と楽しみになる。

次の日は、市役所へ行って手続きいろいろ。

帰り道、いつもと違う路線のバスに乗り、
峠を越えて、家まで15分くらい歩いて帰った。

鶯の声と、目にまばゆい新緑と、赤い芽と、風と。

東京の、青梅街道のひっきりなしの車の音からは遠く離れた。

難点は、交通費だけ。
う~ん、とにかく新たなる移動手段を手に入れなければ、
原付バイク再びやね。

学生時代、京都時代は乗ってたんですけどね。

久々のバイク生活復活かなと、思っておりますが、
夏は日に焼けるよなあ…

UV対策も、工夫しなくちゃね。
田舎暮らしは、工夫と、自力が大切!

今はお出かけ中の、黒猫くろたん、家の女王は健在で、
ますます、女王ぶりが磨かれています。

クロちゃんと遊べるのは嬉しいよ!
[PR]

by futu-is-best | 2011-05-03 10:28