<   2011年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

夕日

f0106355_17171516.jpg

ただ今の夕日。

日が落ちるのも、すっかり早くなった。
ふ〜。
☆林英世☆
[PR]

by futu-is-best | 2011-10-26 17:17 | 日記

秋なのね

f0106355_19124489.jpg

f0106355_19124432.jpg

f0106355_19124465.jpg

大阪城公園もすっかり秋なのね。
菊まつり実施中。

菊文字「絆」と大阪城。

30日は大阪市民マラソン。
日暮れてからも、ランナーがいっぱい。
寒い。

戻ろう。
☆林英世☆
[PR]

by futu-is-best | 2011-10-25 19:12 | 日記

BBQ!

今日は、NHKカーネーションチームのBBQ大会!

イエイ!

と思ったら、あまり、お天気が芳しくないではないか。

NHKのイベントは、どうも、雨にたたられるね。

しかし、ちょっとくらいの雨などものともせず
ロケを敢行してきた、つわもの揃い。
きっと、雨でもBBQを楽しく盛り上げてくれるに違いないわ!
そう信じて、行くぞ!

てなことで、今週のお休みもそろそろ終わりに近づいております。

ま、私は完全休暇ですが、
他の方がたはお仕事してたんですけどね。

今日の岸和田弁
せっかく、みなでバーベキュー大会しょうちゅうてんのに、てんきゃわりぃわしえ~。
どないするよ。やるけ、やめるけ。
お、言うてる間にちょっと晴れてきたしえ。
なんとかならいよ。
せっかく準備したんじょ、ちょっとくらい雨降ってもやってまおよ。
そんでええか?
おう、そないしょそないしょ。

方言って、喋りことばやね。

町田康の「告白」という小説は、河内弁で書かれてて、
地の分も全部河内弁で、
河内っぷりがすごくて、
私なんかが読むと、音で入ってくるからわかるし、おもしろいんだけど、
他の地域の人は、どう思ったんやろなあ。
わかったんかなあ?
[PR]

by futu-is-best | 2011-10-22 09:46

今日は妹が来て、ディープ岸和田

免許の更新に、岸和田警察まで自転車で行ってみたんやし。
ま、天気もええしええ、運動にもなるし、ちょうどええわしよとおもてよ。

ちょっと、暑いくらいやったけどよ、
そら、天気ええさかい、こころよかっと。
子供のころ、おとんの車でとおっちゃた、旧道行ってみちゃろとおもてよ、
くねくね、ほっそい道とおって久米田池のねきへ出てよ、
ほんで、また、知らん道やけど、、まあ、どっかい出らし、だんないだんないとおもて、
ぐんぐん行ったら、額へ出と。

なんと、積川神社の鳥居があんやし、そんなとこによ。
知らんかっと。
積川神社ちゅうな、えらい神社やってんなあ。
淀君にもうた、御輿があるらしわしよ。

ほんでまた、これが、13号線やなあとおもて、
ぐんぐん行ったら、まあ、昔とはえらい変わっちゃって、
ようわかれへんやしよ。
岸和田もひらけたもんやでえ。
ほんで、調子ようこいじゃあたら、東岸和田のへんまできてしもてよ、
ここ下ったらええんやしなあとおもて、またこいじゃあたら、
野田町やんか、
こら、あかなしちゅうて、右へ折れてな、
なんや、えらい遠回りして、やっとこさ警察へついと。
まあ、ご苦労なことじょ、ほんまに。

家へ帰ったらよ、妹が来ててよ。
よう喋る、喋る。
岸和田弁丸出しで。
しかも、声おっきい。
私が、うつらうつら昼寝してる間も、
おかあちゃんと、ずっとしゃべっちゃっと。
ようそんなけ喋ることあらよ、え~と思うけどよ、
しかも、結論のない話、あっちゃいったりこっちゃいったりしながらよ
そやけど、まあ、たのしそやよってええけどよ。

岸和田ことばとか、方言とかで、いろいろネットで調べていると、
忘れかけている表現がいっぱいあることに気づく。
なんか、やっぱり、もったいないなあと思う。

私も「うち」はつかわへんかった人です。
が、きれい、きたないじゃなく、ことばを失うのはいやだなあと思いますわ。

ことばが消えると、感覚が消える。
歴史が消える。
地域が消える。

消えるのはしょうがないけれど、
消えたのだということを知っておくのは大事なんじゃないかな。
あったということを知っているのと、
それさえ知らないのは大きく違うもんな。

日本語は書き言葉と、話し言葉が大きく違うので、
話し言葉としての方言は、力を使って記録していかないと消滅しちゃうんだよね。
独特の、発音、発語の特徴とか。
その時代の、その地域の人間に近づく大きな鍵なのに。

身体をまねると、その人が分かる。
発語の特徴、語順の特徴、語尾の特徴をまねると、
その人、その人たちの関係性が分かる。
ことば、話し言葉は、多くの情報をもっているんです。

このNHKの仕事が終わったら、
自分は、何をしていくのか、
ことばと声と身体と表現と、教育と、演劇と、
そんな繋がりをもっと、生かしていけたらなあ。
具体的に、具体的に。
能力がほしい、具体化する能力が!
[PR]

by futu-is-best | 2011-10-20 22:12

句読点。

f0106355_8525764.jpg


f0106355_8525793.jpg


お休みは、日々に句読点を打つようなものでしょうか。
クロは、毎日1回は句読点の「○」のようになって、自分の暮らしにメリハリをつけてます。
まるとか、点とかつけて、
区切りをつけて、
新しい空気を吸って、
また、日々を続けなくちゃね。

庭に咲いた、つわぶきの花と、
蜜を吸う、蝶のような、蛾のような…
見事なホバリングで、蜜を吸っております。

秋晴れが続いて、
毎日、青い空を吸い込めて、
「○」日よりですわ。

田舎は、本当に不便だけど、
静かで、空が広くて、緑があって、
新鮮な空気が吸えるのがいいわあ。

街なかじゃ、時々、息止めて炊くなる。
ここの空気は吸いたくないと思って、きゅっと行きとめたりする。

って、岸和田ことば直しをしたあとのパソコンの変換はおかしなことになるなあ。
ひらがなでなきゃ、書けないことばっかり書いてるからなあ。
変換機能もびっくりしてんやろなあ。

私の普段のことばは全然岸和田弁とちゃうなあ。
実は、子供のときから、岸和田弁使うの恥ずかして、
バリバリの岸和田弁はつこたことないんやし。
そやかて、なんか、ガサツな気がして、
グイグイ近づいてくる感じも苦手でよ。
こわかってん。

そやさかい、今の「カーネーション」もちょうどええくらいですんでんやで。
バリバリネイティヴの岸和田弁ちゅうたら、あんなもんやないでえ。
なんちゅうか、語気がちゃう。
語順がちゃう。
だいたい、「あんたなあ」とか、「おまえよお」とかから始らし。
つまり、距離感がちゃうねん。
ことばは、距離感の表現やから、
方言には、その地方の人間性がよう出てら。

今日は、ちょうど休みやさかい、免許の更新に行って蔵。いや、行ってくら。
ペーパードライヴァー暦25年以上。ゴールドやで。
ま、持っちゃったら、いつか使えるやろとおもてな。
田舎は、車乗られ編買ったら、(いやいや、だから)のられへんかったら不便じょ!

岸和田弁で書いてみるのも、おもろいな。


☆林英世☆
[PR]

by futu-is-best | 2011-10-20 08:52 | 日記

ふくらはぎが…

今週もちょっとお休みモードです。

日曜日に、声録りをガーっとやって、
月曜日、一泊温泉行って来ました。

休みとなれば、温泉。
中年の定番。

今回は、亀岡湯の花温泉。
近場で、ゆっくりですわ。

もう、秋晴れの快晴で、
保津川くだりはしませんでしたが、
大きな青い空と、連なる山並みえと、広がる田園風景をいっぱい吸い込みました。

豊かだ。

温泉と神社仏閣めぐり。
定番の楽しみだ。

しかし、古いお寺や神社はとにかく、山の上にあるよね。

登る登る、山道。
着いたと思ったら階段。

帰りは高雄神護寺へ行ってみたんだけど、
山登りですもんね。

よくもまあ、あれだけの石を運び、
材木を運び、あの大伽藍を作り上げたものですよ。

で、今日はもう、ふくらはぎがパンパン。

昔の人はえらいよねえ。
ていうか、力を使わないとなんにも、実現できなかったんだからねえ。
力を使うの当たり前だったんだもんね。

保津川の船は下ったあとは、どうやって元の地点に戻るのか?
車で運ぶのかな?

じゃ、昔の人は、人力で上げたってこと?

ああ、素晴らしき人力!

ドラマの現場も、結局は人力。
デジタルになっても、クレーン撮影が出来ても、
人力なしには何も動きません。

知恵と工夫。
そして、それを働かせたいと思う気持ち。

糸ちゃんは、そんな真実を一生懸命学んでるですわ。

さて、今日はちょっくら、お家で仕事。
「カーネーション」のこれからを覗いてみます。
[PR]

by futu-is-best | 2011-10-19 11:19

今夜もまだ長いよ。

f0106355_21252223.jpg

だいぶ涼しくなってきましたね。

お昼と夜のウォーキングも汗みどろにはならずに済みますわ。

放送、二週目にはいりましたね。

ミシンだんじりは、なかなかなもんでした。

ああいう出来上がりになるとはね。

懐かしい思いでオンエアを見ております。

まだまだ、糸ちゃんの本領発揮はこれからです。

現場は日々、盛りだくさんでございます。

☆林英世☆
[PR]

by futu-is-best | 2011-10-11 21:25 | 日記

へろへろ、ただいま。

久しぶりに、戻ってきました、山の実家へ。

「カーネーション」も、明日で第一週目が終わる。

小糸子の星(あかり)ちゃんは、もう大人気!

岸和田図書館1日館長とかやっちゃうらしいよ。

この週に出ている子役たちとの時間は、本当におもしろかったわあ。

それぞれ、味があって。

小糸子の妹たちがまた、なんとも言えないんだよね。
おかっぱ頭で並んでると、えんどう豆みたいで、
ぐちゃぐちゃって、かき回したくなるほどかわいくて。

お正月の着物姿なんて、本当にお人形みたいだったわ。

今の子供は、小さくてもおしゃれで、
いっぱしの格好をしてて、
私服の時は、なんだか生意気な感じに見えるのに、
着物になると、いきなり子供らしくなる。
着物という、定番の形になると、
その子の本質的なものが見えてきて、
子供は本当に子供らしくなるんだよね。

いい、本当に気持ちがいいくらい子供。

女の子はおかっぱ。男の子は坊主頭。
着物に兵児帯、冬は半纏。

これがいいで。

なんかさ、小学生モデルとかって、
大人のいい道具にされて喜んでる子達がいるけど、
あんなの、最低だね。

単純に経済の問題だもんね。

子供という時代と子供として生きること。

少年時代を少年として生きること。

青年時代を青年として苦悩すること。

そして、大人になって、大人の責任を感じて生きること。

大人になること。

子役と接して、大人が大人の役割を果たすことの大事さを感じるのだ。

当たり前を一生懸命生きるのって、簡単じゃないんだ。
でも、最も大事なことなんだ。

「カーネーション」はそんな当たり前を一生懸命生きてる人たちのドラマなんだと思う。

私はそう思ってやっています。
[PR]

by futu-is-best | 2011-10-08 00:43

祝・第1回放送

ということで、
今日のリハーサルには、
チーフプロデューサーより、「カステラ」の差し入れが…

岸和田のお菓子、「情熱の岸和田」というチーズケーキ風カステラみたいなお菓子も。

評判は上々ということで、
ホット一息でしょうか?

しかし、現場は、前へ前へ。

ドンドン前へ進まなければ、
えらいこっちゃなことになる。

初回、スピード感ある出だしで、
気持ちよかったわ。

朝イチの柳沢さんが、
「朝ドラなのに、大河みたいなカメラワークだね」といっていたのが印象的。

がんばったもん!

「おひさま」のテンポとは大きく違うので、
いのっちはびっくりって感じ?

とにかく、走りきるしかないです。

今を。
今日を。
明日を。

現場は、もう、それしかない!

みなさ~ん、がんばりましょうねえ!

そして、見てくださる皆様、
最後まで、応援してやってください。
[PR]

by futu-is-best | 2011-10-04 00:39

カーネーション、始まった。

f0106355_9271249.jpg


始まりました。
「カーネーション」
今から思えばすでに懐かしい、あの撮影、このロケ。

現場でのあれこれを思う暇もない、スピーディーな展開。
リズムが心地いいです。
音楽も好き。
ロマンチック過ぎず、堅すぎず。

テーマ曲も、朝ドラっぽくはないけど、しっくりくる。

まずは、小糸子の勢いを楽しんで欲しい一週間です。

写真は、岸和田高校近くの喫茶店。
私たちの時代から、喫茶店だった。
名前は変わってるけど。
インベーダーゲームとかあったんちゃうかな。
おばちゃんがいたな。

今は、オリジナルなオムレツが売りの繁盛店です。
☆林英世☆
[PR]

by futu-is-best | 2011-10-03 09:27 | 日記