<   2014年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

3月が終わるじゃないか。

3月が終わるよ。
なんて、こったい。
早い早い。

先週末、東京だったよ。

シンポジウム「ドラマと方言の新しい関係—『カーネーション』から『八重の桜』、そして『あまちゃん』へ—」

に行ってました。
初めて早稲田大学に行きましたわ。
ま、キャンパスの隅をちょこっとかすったくらいですけど。

面白かったです。
研究者というのは、本当に、面白いものですね。
あ、それ、そこのところ、研究してらっしゃる、ふ~ん。
え、そこの、その角のその出っ張りを、研究…はああ。
まあ、そんなところに、そんなもんがありましたか、はあ、それを研究ね、ほおお~。
みたいなね。
なんでも、興味を持てば、研究しちゃうね。
人の数だけ研究対象有りってことかね。

阪大の先生たちに「林さんは教育者向きですな」と言われてしまった。
ふ~ん、教育者向きか。
ま、確かに、教えるのは嫌いじゃない。
人が何かに気づいたり、何かしら変化したり、変容したりするのを見るのは面白い。
変わっていく人って、エキサイティングだよね。

日曜日は、高校演劇部の生徒さんたちにワークショップ。
彼らの中から、次代の演劇人が育つやも知れぬ。
エキサイティング!

そして、ひまわり。
日々、一先生と、一俳優と、一人間の間を言ったり来たりしながら、
稽古をしております。
あと、10日ほどで、ひまわり「スサノオ」本番です。
最後の階段駆け上りです。
ぐっと、締め上げて、パカッと開くのを期待して。
後戻りはない。前進あるのみよ。
怪我とかしないで、最後まで走りきってね、みんな。
と願うのみ。

[PR]

by futu-is-best | 2014-03-30 11:40 | 日記

「スサノオ」再び。こんなんやって大丈夫なのか?

とにかく、始めてしまったものは終わりまでやり通すのだ。

大変なのは初めからわかってる。

大変だから、彼らは成長する。

1センチでも伸びたら、そのあとは無限かもしれない。

演劇に何ができるのか、俳優なんていい加減なものだと

時に、虚しくなるけれど、

ほんまに、下手で、ほんまに、不器用で、泣きたくなるけど、

それでも、目の前にいる人間と取っ組み合っていると、

私がそれによって生かされているのがわかる。

私は演劇によって生かされている。

そして、私のように演劇に生かされる人がいるかもしれないから、

やっぱり、私は精一杯やれることをやるしかないのだと思う。

下手だけど、ダメだけど、でも「いい」舞台にします。

あなたが、暇で、心の広い、後期心旺盛な方であったら、ちょっと来てみてもいいかもしれませんよ…

Susano.jpg

劇団ひまわり大阪俳優養成所 
第20期研究科春公演
『SUSANOH-魔性の剣-』

劇団✩新感線の出世作「スサノオ~魔性の剣」。禁断のアクションエンターテイメントに研究科が挑む!



作:中島かずき
演出:林英世

↓↓内容などの詳細はこちら↓↓
http://www.himawari.net/osaka/news/004316.html

【公演日程】
2014年4月11日(金)~13日(日)
4月11日(金)19時
4月12日(土)13時/18時
4月13日(日)14時
※開場は開演の30分前です。
※上演時間は120分を予定しております。

【会場】
A&Hホール
大阪府豊中市新千里東町1-5-3 千里朝日阪急ビル4階

・大阪モノレール千里中央駅 当ビル2階部分と直結
・北大阪急行(地下鉄御堂筋)千里中央駅 南改札口より徒歩3分

【チケット】
前売2,000円/当日2,500円(全席自由・税込)

【チケット取り扱い・お問い合わせ】
劇団ひまわり大阪俳優養成所  
〒564-0062 大阪府吹田市垂水町3-35-36 
TEL 06-6369-2202


[PR]

by futu-is-best | 2014-03-16 23:41 | 日記

「桜の森の満開の下」全国ツアー予約開始!

2014年 ひとり語りは、
坂口安吾「桜の森の満開の下」全国ツアー!
チャーハン・ラモーンデザインの今回のチラシも飛ばしてるよ!
仙台、三重、東京、京都、大阪、札幌。
皆さん、是非、是非。
f0106355_17164086.png
予約も受付開始です。
こちらから↓どうぞ!
http://blog.livedoor.jp/hitorigatari2001/archives/37406090.html

[PR]

by futu-is-best | 2014-03-02 17:17 | ひとり語り