<   2014年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「ジャングル」と「フューリー」

日曜日に、南河内万歳一座の「ジャングル」を観た。
万歳のお芝居は私の活力源。
いつも始まりに戻してくれる。

芝居の始まり。
そしてそれは、社会への問かけの始まり。

なんだろう?なぜなんだろう?
なぜ、私たちはこんなところへ来てしまったんだろう?
そして、何処へ行くんだろう?

また今回も、頭ぐるぐる。

そして、火曜日、「フューリー」を観た。

徹底的に、戦場。
現場。
戦場。戦場。戦場。

ダメだ。
こんなことしてたら、ダメだ。
なんて、ダメなんだ。
と思う。
けど、今も、これと同じような映像がSNSで流れ続けている。

なんだろう?
なぜなんだろう?
私たちは何者なんだろう?
なにしてるんだろう?
と、人間であることが切なくなってくる。

戦争は、私たちの中に内在している何物かなのかな。
こんなに、愚かしいとわかっていても、途切れることなく続く。

グルグルグルグル、堂々巡りをして、
同じところに戻ってくる。
「ジャングル」

仲間を守る、家族を守る、
その幸せを維持する、
そのために自分を守る。

地球は人間のためにあるわけじゃない。
ある意味、不公平の塊だ。
その不公平をうまく、分かち合って共存しなくてはならないのだけれど、
そのことを成し遂げるには、
まだ、人類の歴史が「足りない」のか。

選挙に行かなきゃ。
でも、目先のことでは、判断できない。
政治家は今、目先のことしか語らない。
どう、選ぶ?
ああ、私にはまだわからないのだ。


[PR]

by futu-is-best | 2014-12-10 10:00 | 日記

寒い雨の日なので、振り返ってみる。

師走だ。
寒い。

年賀状とか、掃除とか、具体的なことはほったらかしであるが、
2015年の計画を立てたりしている。
2014年もあっという間に過ぎたもんなあと、いつものようにため息つく。

2014年を振り返ってみると、
あっという間だったが、
うおりさんで「カチカチ山」から始まって、
ひまわり研究科春公演をやり、
「桜の森の満開の下」全国ツアー(大阪、京都、東京、三重、仙台、札幌)をやり、
ABC文化祭に出て、
ドラマと方言のシンポジウムに出たり、
高校生にワークショップをしたりして、
夏は「らもフェス」やって、
また、うおりさんで「その木戸を通って」をやって、
八尾プリズムホールで初めてのひとり語りをやらせてもらい、
ひまわり研究科秋公演がやってきて、
清流劇場「IPHIGENIE」で、死ぬかと思い、
奇跡の体内時計を働かせ、打ち上げの次の日から
「おかあちゃん~小篠綾子物語」の方言指導に入り、
M-PADで三重三昧して、
再び、来年の清流劇場「ファッツアー」の読みが始まり、
12月にもう一つ、ひとり語りをやる。

あれれ、一年はちゃんとあった。

足りない足りないって言ってられないよな。
50代になって、もう、自分のやるべきことは絞られている。
逃げてはいられない。
新しい試みをしながら、自分の核を鍛え続けよう。
年明けは、茨城県土浦、百景社アトリエ祭り。
久々の川端康成「片腕」。
新鮮な気持ちで、また新たな一年を作り出そう。


[PR]

by futu-is-best | 2014-12-04 12:11 | 日記