<   2015年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

塚本晋也監督「野火」を見た

「野火」を見ました。

どう言ったらいいだろう?
いや、何も言わないでいいのかも知れない。
何かにしなくていいのかも知れない。
人間だ。
人間がやるのだ。
そのことを強く思って、
そのことを強く憎めばいいのかも知れない。

塚本晋也監督の、この作品を作ることへのエネルギーに感動する。
その描写の容赦なさが凄い。
監督自ら、制作、監督、撮影、主演。

「カーネーション」に俳優として出演していらっしゃって、
ご一緒したあの、監督の穏やかな姿が、
別人のように、変貌していく。

俳優さんたちが凄い。
ボランティアエキストラの方々も、凄い。
あの画面を作るために、どれほどの時間と、力を使ったのだろう。
監督の思いが、全員を引っ張っているのだろう。

戦争を概念で語る限界を感じている今、
人間というものへの畏れ、嫌悪、共感、絶望、希望、という、
共有感覚がキーになるんじゃないかと、
そこを育てたい、開発したいと思う。

悲惨な殺人事件が話題の夜。


[PR]

by futu-is-best | 2015-08-19 21:50 | 表現すること

ひまわり研究科秋公演がやって来る。

ひとり語りに一段落ついて、
10月の「究極のひとり芝居」のチラシ写真撮影も終わり、
灼熱の炎天下での、11月「Walk in closet」と、9月の「エーヨンオアビーゴ」のチラシ撮影も終わった。

そして、ひまわり研究科秋公演へのロードの始まり。

難しい。
作品選びが、もう、一番の山場。
お願いしますよ…って泣きたくなる。
適当な作品、そうそう、簡単に見つからないのよ。

人数、男女比、劇場規模、予算ね。
そして、何より、彼らがやる意味と、上げるべき成果目標を具体化できるか。

私は、哲学などやり、文系畑ひと筋のわりには、
思考の回路が理系だと思う。
いや、経済学的か?

やるからには、効果、成果を具体的に上げたいのだ。

そんなこんなでいつも苦労する。

今回も、制作のポジティヴ女子を萎えさせるほどの困難さ。
それでも、なんとか、作品を決め、
あとは、そう、実現に向け具体的な悩みをクリアしていくだけ。

頑張ろう!
絶対に、彼らの役に立つようにする。
彼らのこれからに、何かしらの役に立つようにやってやる!

スタミナ。
にんにく、肉、睡眠、猫。
大事。

[PR]

by futu-is-best | 2015-08-04 23:13 | 指導者として