<   2016年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

やるぞ!「宮本輝と林英世と山口茜と」

「宮本輝と林英世と山口茜と」。
明日から三日間、4公演。
始まります。

この企画では、
作品も、演出家に選んでもらいます。
私のことを、どのように知っているか、
ひとり語りを、どんなものと思っているか、
朗読というか、リーディングというか、語りというか、
そういうものを、どういうものと思っているか、
どんな世界観を持っているか。

宮本輝さんは、意外でした。
なんにしろ、男の世界ですからね。

でも、ここにきて、
やっぱり、勘というのはすごいなと思います。

「蝶」を読むことは決まっていて、
ちょっと、尺が短すぎる!ということになり、
もう一本を選んだとき、二本まで絞り込んだとき、
「どっちも、面白いと思うんですけど」
という、山口茜ちゃんに
「ひらめきで!」
選んでもらった作品「チョコレートを盗め」。

2作品は、微妙に重なり合い、影響しあって、
宮本輝の世界を、形作っていきます。

面白いなあ。
と、現場で、みんなで感動してます。
変でしょうか?
変ですね。

この変なことが現場では本当に起こります。

当日券もあります!
どんなものなのか、
是非一度、体験してほしいと思うんです。
[PR]

by futu-is-best | 2016-01-22 01:00 | ひとり語り

笑っちゃうような本当の話

「宮本輝と林英世と山口茜と」
やっと、自分の中から、宮本輝さんが語りだしてきた。気がする。
ていうか、どこまで行っても、これは自分感覚でしかないので、言い切るが、
しっぽをつかんで引き寄せた。

うん。

引き寄せているで。

こうなってくると、小説を読んでいる時間が
自分が生きている時間になってくる。

ちょっと前までは、
読みながら寝てしまうこともあった。

笑っちゃうような話だが、
ありえないような話だが、
本当の話なのだ。

口は動いているのに、眠くて眠くて、
一瞬落ちたりして…。

読みながら読み手が退屈している。

ひとごとなのね。

だんだん興味がなくなってくるのね、読みながら。
興味のない、学科の授業中みたいな感じ。

あかん。

それでは、あかんやろ!
そうです、あきません。

探して探して、しっぽを探して、
仲良くなれるところを見つけるよう、
求めて求めて…。

大丈夫。
起きてます。
起きて、宮本輝さんと共同作業を始めましたよ。

茜ちゃんがその作業に参加して、
さらに色付けしてくれます!
[PR]

by futu-is-best | 2016-01-16 13:54 | ひとり語り

「宮本輝と林英世と山口茜と」

2016年になっておりますよ。

1月も半ばになっておりますよ。

暖冬だと油断していたら、極さむになっておりますよ。

容赦なく時は流れて、
今年のひとり語り第一弾「宮本輝と林英世と山口茜と」がもう、来週末ですよ!

前回の、三角関係ひとり語り「松本清張と林英世と稲田真理と」とは
全く毛色が違う作品が出来上がりますよ。

宮本輝さんの作品をあまり読んだことがなくて…。
「錦繍」は読んだけどなあ。

実はまたしても、あがいてます。
なかなか、私に作品が姿をはっきりとは見せてくれないんですよね。
ポーカーフェイスといいますか、
まだ、懐に入り込めないでいるというか、

私のような女をお嫌いな感じなんですよね。

さて、どうやって落とそうかと、
日々、アプローチしてみています。

ちょっと、しっぽの先くらいが見えた気がするんだけど、
つかんでみると本体まで、えらい遠いというか、

山口茜ちゃんは、立派な演出家脳で作業を進めてくれています。

私は私の仕事を頑張らねば…。

今日もこれから、アプローチをかけてみるつもりです。
つかんだしっぽをぐっと引き寄せたい!と思っています。

とにかく、もう一つのお仕事、
宣伝も頑張らねばなりません。

席がいっぱいあるんです、またもや!
どうぞ、小説好きの方、宮本輝好きの方、朗読愛好者の皆さま、
そして、演劇好きの方!
よろしくお願いします!

詳細↓
http://blog.livedoor.jp/hitorigatari2001/archives/47232475.html
[PR]

by futu-is-best | 2016-01-15 16:02 | 公演情報