<   2017年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

古典は強し!

昨日は京都まで「リチャード三世」を見に行き、
電車のなかではアーサー・ミラーの「セールスマンの死」を読んだ。
改めて、強い本たちだ。

怖かった。人間の中身を見るのが怖かったよー!
でも、見つめ続けなきゃならないんだと思う。
人間が抱えている問題は、変わっていない。

目に見える現象は様々に変化しているように思うけど、
それを引き起こしてる本質は同じだと思う。
人間であることの運命…
脈々と私たちの中に流れ続ける。

今稽古している「オイディプス王」は、まさに運命にもみくちゃにされる男の話。
その男を外側で見ている人たちがいて、
それがまた、何かしら空恐ろしい感覚を与える。
当事者はもみくちゃ。
でも、安全な所から眺めている分には、おもしろいニュースかもしれない。
2500年前のこの悲劇は、今も続いている。
チケットはこちらから。
http://ticket.corich.jp/apply/80020/004/
是非是非!関西ではなかなか見られない作品ですよ!
http://seiryu-theater.jp/next_stage

2500年の間に書かれた戯曲はどれほどあるのだろう?
もっと、読まなきゃな…と思っている折、
春から、大学で戯曲の読解を教えることになり、
こりゃいかん!と戯曲を何冊か買った。
アーサー・ミラー「セールスマンの死」「るつぼ」
ソートン・ワイルダー「わが町」
ユージン・オニール「楡の木の欲望」
イプセン「ヘッダ・ガブラー」
プリーストリー「夜の来訪者」

思いつき選択。
まだまだ、知ってるようで読んでない作品も多い。
とにかく、触れていこうと思う。

しかし、頭の中が「リチャード三世」と「セールスマンの死」に偏ってしまって
昨日の「オイディプス王」の稽古はセリフがボロボロ。
覚えてたはずのものまで出てこない始末。
ほんま、人間の頭をある状態に持っていくのは簡単じゃないなあ。
なめんな、集中力!

本日こそは、集中力を高める準備をしっかりやって
稽古に挑みます!

てなわけで、清流劇場「オイディプス王」のチケットお申込みはこちらから
http://ticket.corich.jp/apply/80020/004/



[PR]

by futu-is-best | 2017-02-21 11:56 | 公演情報

30周年なんです。

演劇を始めたのは、同志社大学の第三劇場。
卒業の時には辞めるんだろうと思ってた。

それが、大学卒業後も続けて、30年。

そう演劇生活30年なのです。
で、4月22日 
「おかげさまで役者生活30周年祈念公演  ひとり語り2017 @岸和田浪切ホール」
やります!

坂口安吾「桜の森の満開の下」

30周年を、地元岸和田でやらせてもらいます。
いつも、30~40人規模の会場で小さくやってるのですが、
今回は、なんと、300人キャパ!

無謀です。
が、
頑張ります!
30年という時間の成果をみせられるよう。

清流劇場「オイディプス王」の現場でも、
教える立場の現場でも、
もちろん、ひとり語りの現場でも、
惜しみなく経験をガンガン放出してやるのだ!
31年目以降にまた新鮮な演劇との出会いができるように!




[PR]

by futu-is-best | 2017-02-05 00:45 | 公演情報

春はお芝居の季節です。

なんと、はや1月も過ぎてしまいましたね。

平成29年ですよ、29年。
その2月ですよ、2月。

ふ~っ!
正月に「ガツッって風邪にやられて、
ひと月経って、やっと風邪が抜けてきました。

風邪と共に、ひとり語りもやり抜けてきました。

そして、今、の稽古をしています。
ギリシャ悲劇です。
ソフォクレスです。
2500年前の芝居です。
かの精神分析医フロイトがその中心理念にした「エディプスコンプレックス」の原典であるところの
あれです。

「父を殺し、母と交わる」という神託を受けて、その運命から逃れようとして
結局はその運命に飲み込まれ、しかも、自らその真実を暴き出してしまうオイディプス。

この悲劇が、現代の私たちに何を感じさせてくれるのか、
頭抱えながら、みんなでうなりながら稽古しています。

私は、オイディプスの妻であり、母であるイオカステを演じます。

とにかく、全身全霊で向かい合わねば、
演劇にならないという感じです。
どこまで、全身をささげられるか、
メンバー全員、頑張ります。

是非、この機会にギリシャ悲劇を!

チケットのお申し込みはこちらから



[PR]

by futu-is-best | 2017-02-02 16:32 | 公演情報