<   2017年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

自由と不自由と、不安と自信がこんがらがりまくってます。

今だに時々「芝居をするってなんだろう?」と
ふと、心をよぎる。
なにを、こんなに、熱くなってるんだろうって。

じゃあ、それをやめられるのかというと、
やめられないし、
こうやって、熱くなれるものが欲しくて、
芝居にたどり着いたのだから、
幸せなことなのだけれど、

人間とは厄介なものだなあ。

やることがないと、やることがないで不安になり、
やれることがあっても、思い通りにならないと不安になる。

不安でなくなることってあるのか?
不安があるから、
今、足をついている場所から足を前に進め続けないと、
足元が崩れていくから、
足を踏み出していくのか。

不安は友達か?

でも、足を踏み出す場所が自由じゃなかったら
ダメだな。
足を踏み出していける場所は永遠に自由に選べなくちゃ、ダメだ。

自由に足を踏み出してきた結果、ここに居るなら、
やっぱり、これが私の道なのだ。

メアリーとエリザベスの自由と不自由。
今の時代の自由と不自由。

不安という推進力。
答えは出ないけれど…。

あああ、セリフ強化するぞ!







[PR]

by futu-is-best | 2017-09-30 12:20

稽古場、日々、熱い。

清流劇場「メアリー・ステュアート」の稽古が進んでいます。
チケット予約はこちらから→https://ticket.corich.jp/apply/84762/004/

今までも、古典のセリフとの格闘は、半端ないものでしたが、
今回は実在の人物でもあり、
世界史を動かした人物であり、
思い入れの深い方々も多くいるだろう人物であるので、
それはもう、大変なのである。

もちろん、戯曲は創作物で、
シラー自身、「演劇は作り物」であることを自認し、
だからこそ、事実ではないものを書くことで、人間の姿や社会を浮き彫りにしようとしているのだ。

演じるとは何か?
人間とは何か?
俳優とは何か?
限界はあるか?
誰のために演劇をやるのか?

様々な疑問を抱えながら、
稽古場は、日々、格闘の場と化している。

あきらめないで、
どこまでも前を向いて。
きっと、無駄ではないしんどさだと思うから…。

どうぞ、そんな「メアリー・ステュアート」を見に来てください!



[PR]

by futu-is-best | 2017-09-29 15:27