大原、出会いの日。

22日、大原でひとり語りをやりました。
坂口安吾「桜の森の満開の下」を読みました。
素敵なcafeで、昔の旅館(というか、街道筋の旅籠)を修復したもの。
cafe APIED。

オーナーはなんと、かつてM.O.P.がお稽古場を無料で貸していただいたこともある方。
何というご縁。
建物も、お庭も、倉もおしゃれ。

f0106355_22134164.jpg

私が控え室に使わせてもらった部屋のふすまの引き手。
素敵でしょ。

f0106355_22123655.jpg

公演成功を祝って、制作の笠原さん(かちゃちゃん)と食事。
今部屋は個室、で、籠になっている。
視線はさぎれるが、話し声は筒抜け、なんだかなあ。
でも、料理はおいしかったです。

f0106355_22131747.jpg

今回は美術に布の作家染谷みち子さんの作品を使わせてもらいました。
真っ赤な、にょろにょろが這い上がるこの作品は「不動明王」

前に並んでいるのは、昔のバイト仲間。
油絵、日本画、洋服とみんなこだわりを持ってなんかがんばってるひとたち。
高校時代の友達とも、大学時代の友達とも違う、
あせりも、迷いも、不安も共有した人たち。
特別な友人ですな。

☆林英世☆
[PR]

# by futu-is-best | 2006-04-23 20:31 | 日記

傘がない

今日、家に帰ってきてふと気がついた。
傘がない。
傘たてに、私の常使いの
あの、大き目の小豆色の水玉の、安物の割にはおしゃれな感じの
あの、傘がない!

記憶をたどるのだけど、
どこで忘れたのか思い出せない。
というか、いつさしていったのか思い出せないのじゃ。

先週も雨多かったしね。
何度か、さしてる訳だけれど、
あの傘、いつ持ち出したろう?

あああ~ん。
まただよ。また失くしてるよ傘。

あそこか?
あそこか?
サンクスか?
ええ?

ああ、どうにかしたい、このもの失くし癖。

傘と帽子。
私の場合、もっとも危険なアイテムですな。

最近は財布は落とさんようになったな。
何回か落としたことあるけどな。
それだけでも、成長か?

そんなええとことり的な解釈でええんやろか。
これが、前向きってことか?
なんか違う気もする。

そう、学べ!
学ぼうよ!
昨日より、今日、今日より明日。
学んでいこう、ぼちぼちでも。

次は、傘をなくさんようにしような。

この前、帽子忘れかけたとこやん!
[PR]

# by futu-is-best | 2006-04-18 00:18 | 日記

始まりの日

ゴージャスに咲き誇っているカサブランカ!
先日、講師をしている学校の入学式だったのだ。
大手漫画出版社とかから来ていたお花をいただいてきました。

さあ、今年もまた新しい一年がはじまるぞ~!と
やっと、日常モードになってきましたよ。
今日から通常授業が始まるしね。

この仕事をしだして8年目になる。

がっかりしたり、喜んだり、腹立てたり、感動したり…
おかげでいいろんな感情をあふれさせて貰ってますわ。
いい仕事なのだ。
毎回の授業も一芝居打ってるようなもんだしね。
ま、心新たにがんばるか、今日も。

f0106355_1017172.jpg


☆林英世☆
[PR]

# by futu-is-best | 2006-04-17 10:17 | 日記

謎の十重の塔

f0106355_2320527.jpg

久々に、合間を縫って旅行。
といっても、遠出はできず、温泉を楽しみ、ただただ、ぼんやりするだけの旅。

温泉は、なかなかいい温泉だったなあ。
海に向かって、裸見せ放題みたいな、豪快さがよかった。
水平線がお風呂と繋がって、海に沈んでるみたい!
しかし、天気は荒れ模様。
おおむねどんより。
それでも、観光より、休息な私は、ホテルでゆっくりできてるだけで嬉しい。
ありがとう、温泉。

写真は、その地方?の観光名所のひとつだったらしい場所の一部。
って、まわりくど…
数少ない、観光地に選んだ場所だったのに、今年2月末をもって、閉館してました。

ま、行ってみれば、「やむをえんか…」と納得。
もっと、すごい建造物がこの隣に建っているのだけど、
光量が足りずに、撮影できず。
それを見れば、一目瞭然、という人も少なからずいるはずだが。

さて、そこはどこでしょう?

花粉症で、目の周りが、かゆい!
鼻の中は痛い!
あの、黄砂以来、ひどく悪化した気がする。

写真を見ても、目の周りが荒れてるのが、場所の秘密なんかより
もっと、私には問題や!ちゅうねん。
ああ、かゆい!

☆林英世☆
[PR]

# by futu-is-best | 2006-04-13 23:20 | 日記

お花見しました。

f0106355_10212589.jpg


日曜日、お花見しました。
京都の昔からのお知り合いが毎年催す花見の宴。
いろんな人が来て、盛り上がります。
今年は天気も花の状態もばっちり最高!
すっごい人出でしたね。

大阪から阪急電車で行ったんだけど、
お花見に向かう観光客でいっぱい!
私もその一人なわけだけど。
京都地下鉄もすし詰め状態。あんなに混んでる地下鉄始めて見た。

f0106355_10212553.jpg



お花見の宴、今年のお題は「手作り弁当持参!弁当コンクール開催。豪華賞品をお楽しみに!」

作ったよ、朝からこつこつと。
なかなかなもんでしょ。

マグロのづけのステーキ
アスパラとたけのこの豚肉巻き
ピーマンとにんじんとチーズのマヨネーズ和え
味付け卵
しらす混ぜご飯の手まりむすび(明太子、たまご、鳥そぼろ)

一生の中で一番念入れて作ったかも。
結果…さとみちゃんと二人同点優勝!

さとみちゃんの沖縄素材弁当。

f0106355_10383563.jpg


☆林英世☆
[PR]

# by futu-is-best | 2006-04-10 10:21 | 日記

明日が怖い

ちょっと、皆さん見ました?
桃井かおりさんのドラマ!
「たくさんの愛をありがとう」
最近、やたらと多い実話物だけど、
泣いたあ!
泣いたあ!
もう、実話物だからではなくて、ドラマとしてね。

ドラマは実話には勝てないのか?
なんて、愚問だね。
ドラマはドラマとして、良くなければならないし、そうありうるのです。

言葉が最小限で、
みんな、心の中でいっぱい喋ってて、それが、たまらなく切なくて愛しくて
もう、涙と鼻水ともに垂れ流しで
ティッシュを両鼻につめて見た。
さらに嗚咽しつつ。
明日の朝、目がどんな状態になっていることやら…怖い怖い。

しかし、桃井さんて、やっぱ、凄いなあ。
こだわるよね、演じること。
表現に。
私、久々、本気に感動してます。
ありがとうございました!
と、頭を下げたい気持ちです。


また、雨が降って桜はどうしているのだろう?
今日、見つけた桜花です。f0106355_23545874.jpg
[PR]

# by futu-is-best | 2006-04-04 23:55 | 日記

贅沢な昼食

昨日の昼食。

なんと、北新地で「蕎麦」

新地なんて、行ったことない。
ああ、ここがあの新地というところなのか~と、おのぼりさん気分。

一人じゃこないなあ。
しかも昼間。
「夢のひと」の舞台で借りていたブーケを小川(元M.O.P.制作)の返すので
ついでにお昼とお茶をすることに。
私はいつも行き当たりバッタリ。
でも、やっぱ制作のできる人は違う。
ちゃんと資料を調べて、「なに食べたいですか?」とページを繰ってくれる。
「おいしい蕎麦です」
「では、ここはいかがでしょう」
ということで、北新地へ行くことに。
その名も「蕎麦 みや玄」
働いている人が皆女の人だったのも印象的。
割烹板前の女の子達がカッコいい。
日本料理「かが万」が経営するお店らしい。
なんだか、ごっついです。
とても落ち着いた店内で、ちょっぴりリッチな気分でした。

f0106355_1133853.jpg

ざる蕎麦。香よし。












f0106355_114167.jpg
鴨しる蕎麦。
暖かいせいろ蕎麦を鴨の入ったおだしにつけて。










実は、この間に「鴨南蛮」もあったのだけど、
写真を間違って消去してしまったのです。
この三種類のお蕎麦を少量ずつ楽しめる。

おいしかったです。

帰ってからは、夏に頼まれたワークショップの打ち合わせと
資料つくり。
もうすぐ始まる学校の新学期からの授業予定作成。

そして、今夜の晩酌は
f0106355_1143085.jpg
とり胸肉のソテー、春キャベツとトマトも一緒におろしにんにくと生姜を利かせた醤油ベースのたれで煮て。
冷奴、オニオンスライス、キムチのせ。
昆布と大根の酢漬け。







ビールがうまい!
以上。
[PR]

# by futu-is-best | 2006-04-04 11:16 | 日記

晩酌の友

今夜の食卓。

はまちのおつくり。
シメジと小松菜のおひたし、とろろ芋がけ。
冷奴。

f0106355_22102397.jpg


ビールを飲むためのメニュー。

自分で自分の食べるものをつくるのは好き。
簡単な料理だし、
なんでも簡単にしちゃうけど。
でも、充実した時間。
作ってる間も、食べてる時も。

ひとり上手だな。
[PR]

# by futu-is-best | 2006-04-02 22:12 | 日記

今日も雨

春の雨が続きますなあ…
桜はどうなってるんだろう?

先週は実家に帰ってつくし狩をしました。
つんつくつんつくとつくしが草むらから天へ天へと伸びてるのを
私の手がポキンポキンと折っていきます。
f0106355_12215743.jpg
そのたびに青い胞子がぱあっと、空気中に広がって
散っていく。
命をいただきながら、命をつなぐお手伝い。
知らぬ間に手袋の先は、緑色に染まって、
草を分けてゴンゴン地面を這いつくばった私の背中やお腹は
色々な草花のたねがくっついていました。

やっぱり命を運んでいる。

春なのね。f0106355_12224678.jpg







そこで、家の母に倣って短歌をひとひねり。

☆われ忘れ 草わけつくし 摘む指先 
             命の粉に 青く染まりぬ

☆つくし狩り はかま掃除に 日が暮れる  
             人の暮らしの かくあれかしと

☆次々に 目に入るつくし 追いかけて
             セーターの背 種にまみれる

おそまつ
[PR]

# by futu-is-best | 2006-04-02 12:16 | 日記

再出発!

新しいページが始まったよ。
mopを愛してくれる皆さんと、これから愛してくれる皆さんと、
すっぴんの私が仲良くなれたらいいな。

「ふつうがえらい」は、私の大好きな作家佐野洋子さんのエッセイのタイトル。
何度読んでも涙してしまう。
やっぱり、泣いてしまうのが「私の猫たちゆるして欲しい」
ふつうに生きることの素敵さが満載。
誰でも、みんな生きてる。
それだけで、とても素敵。
それがドラマ。
佐野さんみたいに瞬間の感覚を言葉にできたらと願いつつ、
つたない言葉で、すっぴんな日常を書いてみたいなと、思っております。

どうぞ、よろしくお付き合いを。
hideyo

[PR]

# by futu-is-best | 2006-04-01 22:14 | 日記