関西現代演劇女優賞頂きました。ご報告申し上げます。

f0106355_12111788.jpg
三日前には、雪が降り、
月曜日の朝は、車にフワフワ雪をごっそり乗っけて駅まで行きましたが、
すれ違う車には、全く雪など乗ってなくて、
「山の方は雪でしたよー!」とお知らせすることになってしまいましたが、
今日は、ずいぶん寒さも緩んで、
曇り空ではありますが、ちょっとほっとする感じです。

FacebookやTwitterではお知らせいましたが、
2017年の清流劇場「オイディプス」「メアリー・ステュアート」、ひとり語り役者生活30周年記念「桜の森の満開の下」の演技に対して、第20回関西現代演劇女優賞をいただきました。

賞などというものには縁がないと思っていましたが、
こうやって、実際、受賞のお知らせをいただくと、本当にありがたく嬉しいもんですね。
今まで、ご縁のあった皆さんとの出会いの中で出来上がってきた自分が、まだ芝居を続けていられて、
30年の区切りに、こうして評価していただいたことは、
今後も、精一杯精進しろという事だと思います。

「関西」というところに一つの意味があります。
「関西現代演劇」、まさに私たちが今関わる、私たちがこれから作り続けていく場です。
多くの仲間がいて、これからも切磋琢磨して「関西現代演劇」を豊かにしていけるよう、
若い人たちの力になれるよう、頑張ります。

応援してくださるたくさんの皆さま、
大役に挑ませてくれる清流劇場さん、
ひとり語りを支え続けてくれるスタッフの皆さま、
感謝申し上げます。
そして、今後ともよろしくお願いします。

[PR]

by futu-is-best | 2018-02-15 12:11 | 日記